ダウンロード

「はれのひ」からお金や着物を取り戻すための行動をしましょう!な記事

1、「はれのひ」事件

 着物の着付け等を行う「はれのひ」と言う会社が、成人式の日に店舗を閉鎖して、新成人の多くが着物を着れずに、お金も持ち逃げされている事件について少々書きます。


 なお、同名の別の会社が困っているようですので、キチンと調べてクレームは入れて下さい。

 そうしないと、貴方が犯罪者、又は損害賠償を請求される悪者になり得ますからね。



2、事件の概要

 着物の着付け・レンタル等をしていた「はれのひ」と言う会社が、成人の日に急遽閉鎖。

 それにより、着物を着れずに成人式に出席できない新成人が多く出た。


 更に、予約で事前支払いをしていた客のお金、当日着付けを予約しており、自前の着物を預けていた客の着物も返されない状態。


 失踪した幹部とは連絡が付かない状態。


 そして、関連性は不明も、その会社がある横浜市の出品者から、フリマアプリのメルカリに大量の着物が出品されていた。


 なお、「はれのひ」は数ヶ月前から資金振りが悪化しており、従業員への賃金払い、提携業者への支払い等も滞っていた。


 概ねこのような感じですね。



3、「はれのひ」幹部を詐欺罪で訴える

 当日警察へ相談した人が多かったことからも分かるように、多くの人は

「これは詐欺罪だ!」

との認識かと思います。


 現時点では全ての客に対して詐欺罪が成立するとは限りませんが、大半は詐欺罪の被害者と言うことになるかと思います。


 詐欺罪は着物着付けやレンタル等の契約時点で、すでに資金振りが悪化しており、契約を果たせないことが分かっていたなら詐欺罪です。


 しかし、従業員への賃金支払い等は出来ており、資金振りが悪くない状態の時に契約した人は詐欺罪で訴えるのは難しいです。


「その基準となる期日がいつか?」

は、現時点では警察の調べを待つことになるかと思います。



4、「はれのひ」従業員:給料を支払ってもらう

 この事案では「はれのひ」の従業員も被害者です。

 仕事をしたのに、その分の給料がもらえていないわけですから。


 そこで、法律はどうなっているのか?

 それは会社にお金があれば優先的に賃金は支払ってもらえます。


 これは他の債権者(提携業者やお客等)よりも優先して最初に支払ってもらえる特権とされています。


 そのため、給料未払いのある従業員は諦めず、この問題に注視して給料を支払ってもらいましょう!



5、提携業者・お客(以下:お客等):損害賠償請求

  要は契約を果たして貰えなかったと言うことですので、契約を取り消すことが可能です。


 契約内容も、成人の日の指定した時間に実行してもらえなければ意味がない契約ですので、連絡がつかなくても契約取り消しは可能です。


 そして、その分の損害を賠償してもらうことが可能です。

 損害の賠償は、お金の返金や着物の返還だけではなく、それ以上のお金の請求のことです。


 お金や着物の返還は契約取り消しで当然にしなければならない義務ですので。



6、「はれのひ」にお金がない場合

 これが最悪なケースです。

 損害賠償等は相手に資金がある時に請求可能なんです。

 つまり、逆に資金がなければ請求出来ません。


 労役を科して無理矢理にお金を作らせるようなことは出来ませんので。

 手元にお金がないだけなら、持ち去った着物等の代替品があれば代替品とか、着物を競売にかけて、その資金から分配すると言う形になるかと思います。


  お金も売れる財産もない状態が最悪なんです。

 しかし、大量の着物を持ち去っているようですので、早く行動すれば何も返ってこないと言う最悪な状態は避けられるかと思います。



7、メルカリの着物が「はれのひ」からの出品の場合

 これも行動は急いだ方が良いです。

 知識がなければ早急に弁護士・行政書士等に相談して下さい。


 メルカリで売れる前であれば詐害行為取消権と言う権利の行使により、取り戻せ得るかと思います。



 難しい名前ですが、どういう権利かと言うと、貴方がお客だとします。

 今回の事件で、「はれのひ」にお金や売れる財産がないと損害賠償も、支払ったお金も返ってきません。


 それでは困ります。

 だから、貴方としては「はれのひ」のお金や財物を「はれのひ」に勝手に処分させたくないわけです。


 そこで先ほどの権利です。

 もし返還を逃れるために「はれのひ」が財物である着物を売って逃げようとした場合。


 このメルカリに着物を出品する契約を、第三者である貴方が取り消すことが可能なんです。


 つまり、「はれのひ」が逃れるために行った財物を無くそうとするような契約行為を取り消すことで、財物や資金を確保させることが可能なんです。


 そうすればそのお金等で返金してもらえます。


 もちろん、預けていた着物を勝手に売られていても同じです。

 貴方にとってはお金よりも、その着物その物に価値があるわけですから、売れる前にその物を取り戻せる権利は大きいですよね。



8、メルカリで着物が売れてしまった場合

 そうなるとちょっと権利関係が複雑になるかもしれません。

 知識不足で申し訳ないのですが、メルカリは個人間取引になるのか、競売等販売所になるのかが分かりません。


 その違いによって被害者の権利が変わってきます。



 メルカリを介していても個人間取引となるなら、売れても詐害行為取消権を行使し得ます。

 メルカリが競売や販売所扱いなら売れてしまうと、この権利は行使できません。



 貴方の預けていた着物が売れてしまった場合。

 メルカリが個人間取引なら、被害回復請求権を行使し購入者から無償で取り戻せます。


 メルカリが競売・販売所等扱いなら、購入者に購入代金を支払うことで商品を取り戻せます。

 この場合、盗品だと知らないで買った購入者の保護もしなければならないため、被害品だろうと、購入代金を支払う必要があります。


 なお、盗品だと知って購入した人を保護する必要はないので、その場合は無償で取り戻せます。



9、最後に

 刑事罰を求めるなら警察へ


「お金を返してほしい。」

「着物を返してほしい」

等の人は弁護士等の法律家へ。


「弁護士に依頼とか、個人で動くのは不安」 

と言う場合は

「はれのひ株式会社被害者の会」

に相談してみて下さい。


 今後規模が拡大したり、会の設立手続きが落ち着けば専属の弁護士を雇うこともあると思いますので、そこで相談できるようになるかと思います。



 最後に、私は法律家ではないので、もしも間違っている部分があったら申し訳ないです。



 私の記事が少しでも面白い、役に立った等ありましたら☆(スキ)、フォロー、ブックマーク、拡散などを宜しくお願いします。


 他にも色々と記事を書いていますので、そちらも宜しくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ふたひい@読書と仮想通貨

「ジュースを買うくらいの面白さはあるな」と思っていただけたら、宜しくお願いします!  気持ちの面でとても励みになります!

読者さんに、敬礼 ( ̄^ ̄ゞ
19
「学びや読書で成長したいです!」 「仮想通貨に興味があります!」 等という人。 周囲に気兼ねなく会話ができる仲間はいますか? もしもいないのであれば、是非私のサークルに参加して気兼ねなく会話しませんか? https://note.com/chakufuta/circle