見出し画像

候補者はこのような情報を欲しがっているはず。採用ホームページを構築する上で大事なこと。

採用ホームページを蔑ろにしてしまうこと、あったりしませんか…?

資金調達のプレスリリースでは華やかに見える会社様でも、HPを見ると簡素な情報しかない、というご経験は皆さんもお持ちかと思います。

事業を推進していく上で、採用ホームページの土台作成は後手に回りやすいところですよね(当社もWantedlyの充実度に比べると、あまり充実はしていません…)。

そこで、

採用HPにどのような内容があれば良いのかを、いくつか企業様をピックアップさせていただき、ご紹介いたします。


0-1. なぜ採用HPを充実させる必要性があるのか?

下記はLinkedinのデータです。

スクリーンショット 2020-06-13 21.21.21

実は候補者の半数以上は、選考に進んでいる企業様の採用HPにアクセスをしています。そのため、複数の採用媒体に整った情報を掲載しても、イケていない採用HPを見ると、意向が下がってしまうことがあります。

では、候補者は採用HPで何を知りたがっているのでしょうか…?

LinkedInの2016年グローバル人材動向レポートによれば、

- 66% : 文化や価値観を知りたい
- 54% : 入社する利点や福利厚生を知りたい
- 50% : 会社が提唱するMVVを知りたい
      ※MVV : Mission / Vision / Value

というアンケート結果が出ています。

0-2. 採用広報 / 採用ピッチ資料 / 採用HPは何が異なるのか?

ここ最近トレンドとなっている「Wantedly」でも十分MVVをPRすることはできます。また「採用広報」をすれば採用ホームページに匹敵するコンテンツを作ることもできますし、さらに「採用ピッチ資料」を作成すれば情報網羅をすることも可能です。

となると、採用ホームページでは何をPRすれば良いのかを少し解説します。まず目的や強み/弱みを下記の図のように整理してみました。

スクリーンショット 2020-06-16 15.50.07

また、4象限で整理をしたものがこちらです。

スクリーンショット 2020-06-16 15.50.17

上記の通り、Wantedlyと採用ホームページは近しいセグメントになります。僕の主戦場はスタートアップ/ベンチャー企業ですので、Wantedlyを採用ホームページに代替することは多いです。では、採用ホームページとWantedlyで何が異なるのかを考えてみました。

スクリーンショット 2020-06-16 16.10.29

採用ホームページは「クリエイティブ」を高くすることは容易です(スキルがあれば)。また「カスタマイズ」というのは制作者の“裁量”を指します。先日こんなブログをリリースしたのですが、2020年以降の求人広告/採用ホームページは、Movie / Comic / Infographicなどの新しい流れが起きると思っています。そのあたりは反映できますよね。

本題に戻ります。どのような採用ホームページが好ましいのかを、事例をベースにご説明します。


1. 会社の基本情報

これは基本中の基本ですね。

- 事業内容 (what)
- ミッション/ビジョン (why)

上記2点について簡潔、かつ明瞭にできているかどうかが肝になります。リブセンス様の採用HPをみると、

記載のある項目は下記の4点です。

- Think our story (理念について)
- Why we do   (何故やるのか?)
- what we do   (何をやるのか?)
- How we do   (どうやるのか?)

すべて200字以内の説明があり、候補者としては理解しやすいのではないでしょうか?


2. バリュー / カルチャー

企業の色がよく出る項目ではないかと思います。ミッション/ビジョン/バリューが企業としてしっかり明示されると、近しい思考性を持っている候補者をアトラクト (引きつける)することができます。

メルカリさんの採用サイト「メルカン」をみてみると、アクセスをすると冒頭にバリューの下記3つについて記載をしてあります。

- Go Bold
- All for One
- Be a pro

メルカリのこの3つのバリューが、広く周知されていることは、この採用HPの設計スタイルも関係しているのではないかと感じます。


3. EVP(従業員への価値提案)

候補者様に対して会社として「何を」提供できるのかを整理しているものがEVP(Employee value Proposition)という概念になります。こちらの概念はまだ日本にも事例が少なく、大々的にEVPを出している企業はあまり見受けられませんでした。
やはり外資企業は既に作成をし、公開をされているようです。
日本マクドナルドが事例を出しておりましたのでご参考まで。


4. オフィス写真

直近コロナの影響でリモートになり、オフィスの優先度は低くなってはいるものの、自分が働く環境を知ることは大事ですよね。

会社のメンバーにフォーカスを当てている会社様でいえば、freeeさんが有名ではないかと思います。

また、オフィス環境も含めてバランスよく写真が配置されている会社としてyappliさんやsmartHRさんが有名ではないかと思い、取り上げさせていただきました。


5. メンバーの声が記載されているかどうか?

CEOからの素晴らしいメッセージが記載されているHPは拝見するのですが、採用HPにメンバーの声が記載されているケースは、多くないのではないでしょうか…?

しかし、会社が大きくなるにつれ、CEOと働くことはどんどん少なくなっていくことでしょう。となると「CEOのパーソナリティ」は勿論のこと、近くで働く「メンバーや上長のパーソナリティ」を重視するケースは多いです。
そのため、社員インタビューを多く記載している企業は、候補者からみた時に見栄えが良い企業ではないかと考えます。

こちらについては、ビズリーチさんと楽天さんを選出させていただきました。


6. 会社の受賞歴

会社が章を受賞することは、何よりの企業PRになります。

スクリーンショット 2020-06-14 11.06.54

これは一例であり、世の中には多くの賞があるので是非チェックされてみてはいかがでしょうか。
受賞歴を記載している企業として、サイボウズさんを選出させていただきました!


7. 採用プロセス

採用HPに採用プロセスを明示されているケースも最近は見受けられます。確かに、カジュアル面談前にその会社の選考プロセスを理解した上で受ることができれば、質問/説明をする時間を省けますし、選考への認識のずれが起こることもありません。
色々調べてみたのですが、採用プロセスを明示しているのは大手日系企業が多い印象でした。参考までではありますが、Panasonicの事例を記載しています。


8. 募集要項の明確化

募集要項について、HPとWantedlyをしっかりと合致させた内容がオープンになっているかどうか、ということを意識するべきではないかと思います。
Wantedlyを充実させ、力をかけていても、採用HPが穴になるケースは多分にあります。

ただ、採用HPを外注すると莫大な費用が発生いたしますので、HRMOSの連携機能を使用するのが良いのではないかと思います。
僕の方では見つけることができなかったのですが、こんなnoteがありましたのでご参考にしてみてください。

 

9. 応募の申し込みフォーム

カジュアル面談への導線では、Wantedlyが一番だと僕は考えます。(ボタン1つでできてしまうので。。。)
こちらもWantedlyと採用HPを繋ぎ込んでいる企業様が多かったので、採用HPだけでは採用を完結させることは難しいと判断されているようです。


一旦、チップスは以上になるのですが、幾つかご紹介したい採用HPを見つけたので紹介をさせてください。企業ごとに取り組みのやり方が違っていて、企業ごとの色が出やすいところだなと感じました。


番外編1. 動画を使った事例

ここでは、メドレーさんの採用HPを取り上げさせていただきました。それぞれの事業部のスターメンバーであろう方にフォーカスを当てた、3分の動画が掲載されています。

番外編2. 数字を用いた事例

次に取り上げさせてもらうのは、ゆめみさん。
読んでいて楽しくなるトピックを、わかりやすい数字で表現されておりました。


いかがでしたでしょうか…?

ポテンシャライトでは採用HP制作の支援をしております。

ご興味をお持ちの方はお気軽にご連絡をいただければ幸いです。採用状況を鑑み、無料でカウンセリング商談も実施しておりますので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。


▼僕への連絡先はこちらになります!

フェイスブック

Twitter

ポテンシャライトHP

ポテンシャライトは、2020/6/22〜2020/10/12まで「ポテンシャライトマガジン」という発信を続けています。購読希望の方は下記にてご登録ください。 ↓



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
感謝御礼!><
12
熊本→青学→ポテンシャライト。 今は、ベンチャー企業に向けた採用コンサルタントとして働いております。 ## 好きなもの… - 洋服 - 音楽 - コーヒーとラテ - カレー ## 好きなこと… - カレー作り - お風呂 - サイクリング
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。