見出し画像

ぼくも…「名前や顔写真を公開せずに仕事をすることについて」を読んで…

一筆@編集者さんのnoteを読ませていただきました
すごく、共感させていただきました…
これを読んでぼくが思ったことを書かせてください…

■非公開であること

ぼくも、ツイッターやnoteでは、顔や名前を公表していません
ぼくの本業は、サラリーマンで営業、そして、日本語教師です
その本業から派生した仕事や企画イベントなどがあり、それをやる上でSNSで、顔や名前を公表していると有利だなぁと思うことがよくあります
人を集めたり、面白い人とつながったり、実際に会いたい人に会ったりするときに、不利だなぁと思うことがあります…
しかし、一筆@編集者さんと同じで、最近は現状でもやれることがたくさんある!
逆に非公開で、公開している人と同じくらいやれるようにチャレンジしよう!という気持ちになっています

■非公開でもできること

ぼくもツイッターやnoteで日々発信することで、信用を得られている…
そう、実感しています
ぼくは男性ですが、女性の方でも、「ツイッターの内容を見ていたので会うのに不安はなかった」
といってくださった方もいて、気づかされました…
だから、発信内容だったり、繰り広げる会話の内容、会話する相手とのやりとり、そして、心や気持ちがにじみ出る文章など、で信頼していただけるのは、可能だと思ってます


■ブレないこと

ぼくは、芸能人じゃないので多方面、他分野で自分をブランディングするつもりはありませんし、プライベート用のツールでもなく、全て有償無償含めビジネス用のツールとして、SNSを使っています
ビジネスとして使う時の鉄則は何かに特化することと、軸があること…
ぼくは、終始、
・日本語業界という自分の特殊で閉鎖的な世界と一般企業を繋ぐ…
・リアル世界とWEB世界を繋ぐ…
という発信をし、企画やイベントもその主旨に沿ったものです
そうすることで、同じ価値観を持った方に信頼していただけるように思えます


■自分のルール

ぼくも、ツイッターのタイムラインとDMでは線引きしています
DMでお仕事のお話になったり、お会いすることになったら、すぐに本名を名乗り、本業や経歴をお伝えしています
責任が伴う、実名のリアル世界の臨界地点として、扱うと、決めています

■非公開でよかったこと

ぼくにだけ当てはまることかもしれませんが、リアル世界とWEB世界で別の人間を生きているようで、ミステリアスな気持ちになります…
これが、ぼくに刺激を与えています
変身願望…ではないですが、やはり、人生にハリがある…
そして、そ2つの人格が、リアル世界でクロスオーバーする時、何かしらの達成感があります
そういった、新たな可能性の世界を、ぼくは、非公開で手に入れた…
ぼくは、今、この状況をとても楽しんでいます…

■よく考えること

ぼくは、顔や名前を公開することは、安直かもしれないと思い始めています
やはり大切な個人の権利なので、よく考えて、その必要であれば公開すればよい、と思います
ぼくもよく考えた結果、いつか公開する日が来るかもしれませんしね…

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、日本語教師のフリーランス化、そして、日本語業界と一般業界とで人と人、人と企業、業界と業界を繋ぐことに使わせていただきます。

嬉しい!今はスキをもらえるだけでワクワクします!
16
チェーンのように無限に繋ぎます…人、企業、業界…そして、新しい化学反応を…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。