ch1ta
無料なのが不思議すぎる飛騨の科学館「カミオカラボ」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

無料なのが不思議すぎる飛騨の科学館「カミオカラボ」

ch1ta

こんにちは。飛騨在住のchitaです。

「宙ドーム」

なんと読むかわかりますか?

「ちゅうドーム」ではなく「スカイドーム」だそうです。キラキラネームのようですね。

地元の道の駅で、よくランチがてら遊びにいっています。チャーシュー麺が絶品なんですよ。

食後によく立ち寄っているのが、道の駅に併設している科学館「ひだ宇宙科学館 カミオカラボ」。無料ということもあり、ふらっと入っては講演を聞いたり、ゲームで遊んだりしています。

カミオカラボ」は、地元が誇る研究施設「スーパーカミオカンデ」や「KAGRA」などに関する科学館です。「スーパーカミオカンデ」はニュートリノという宇宙から飛んでくる目に見えない粒をキャッチし、「KAGRA」はこれまた宇宙から飛んでくる微弱な波=重力波をキャッチするための装置らしいです。いずれも、遠くの宇宙で何が起こったかを知るための鍵となる仕組みです。(下手に説明しようとすると嘘を書いてしまう可能性があるので、詳しくは「カミオカラボ」にいるサイエンスコミュニケーターのお兄さんに聞いてみてください。)

講演では、毎回、同じ話をするわけではなく、その時々でテーマが異なります。何回行っても楽しめるのは、嬉しいポイントですね。

ちなみに、私の中の物理は「テコの原理」で止まっていますが、小難しい素粒子やら何やらの話も、サイエンスコミュニケーターのお兄さんがわかりやすく説明してくれます。あまりにわかりやすいからか、小学生の来場者もちらほら見かけます。

もうひとつ、小さなお友だちにも人気のポイントは「ゲーム」。先ほど出てきた「ニュートリノ」の仕組みが体感的にわかるゲームがあるんです。それも、生半可なものではありません。

大人でもつい熱中してしまうハイクオリティな仕上がりで、特にもぐら叩きならぬ「ニュートリノ叩き」ゲームはかなり難易度が高く、ハマってしまうこと間違いなしです。(三色あるうち指定の色のニュートリノを叩くゲームです。ボード上を流れるニュートリノは途中で色が変わります。ニュートリノが地球に来るまでに、その性質を変えていることを表している(?)ようです。)

そんな「カミオカラボ」ですが、昨今の新型コロナの影響もあってか、来場しなくても同館のコンテンツを楽しめるYouTubeチャンネルを開設したようです。

https://youtu.be/BrKdCGpBpZE

ご興味のある方は、ぜひ覗いてみてください。(ちなみに、動画に出演しているのは、普段から同館で働いているサイエンスコミュニケーターのお兄さんです。)

#飛騨神岡  #科学館 #カミオカラボ #道の駅

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ch1ta
飛騨高山でリモートワーク中。IT企業で編集とかライティングとか、いろいろしています。LINEメモ │ ライティング │ 写真 │ YouTube観ながらエアロバイク │ U-NEXT │ ボルダリング │ kipling │ 児童書 │ 伝記 │ タイムカプセル │ 塾員