父と私とジャイアンツ

14
ノート

世のため人のため

イマドキの世情として受け入れられないことは承知している。 しかしながら「世のため人のため」は父の座右の銘であった。 父は、私生児としてこの世に...

父と私と「4万円」

飛行機に乗るというタイミングになると父のことを思い出す。 それは、私が身なりにほとんど構わなかった頃。 いや、今もそれほど構うわけではないのだ...

晴れの日に傘を買う

父は格言的な謎かけ的な不思議なことをいう人だった。 その父が他界して半年足らず。悲しみが少し癒えてきたからか、近頃、父の言葉をよく思い出す。 ...

一瞬一瞬が「一期一会」

首里城が焼失した。 そのニュースに胸を痛めたのは私だけではないだろう。 私には胸を痛めるだけではない、特別残念な思いがある。 私が初めて沖縄を...

春の記憶。理想の最期について

ここ数日、自分の中に「日常」が戻ってきたような気がする。 春の記憶が戻ってきているからだ。 引越しした直後、仕事と確定申告でテンパっていた2月...

消費税がスタートしたときのことを覚えていますか?

本日、令和元年10月1日より消費税が10%に上がった。 食品は8%に据え置かれるため、我が家の消費傾向では増税の影響を受けることはほとんどない。 そ...

親として働く姿を見せること

母とゆっくり過ごすのはこれが最後になるかもしれないという気持ちで時間を過ごした。6泊7日という里帰りは、この先2度とないだろうと思ったからだ。 ...

父と一緒にジャイアンツ

ジャイアンツがリーグ優勝を決めた。 私に野球観戦を教えてくれた父はジャイアンツの大ファンであった。紆余曲折あり、私が父と一緒にジャイアンツを応...

ヤモリ

実家にはヤモリがいる。 夜になると決まった窓の外側にはりついているのだという。 このヤモリは数年前に生まれたヤモリだが、また別の大きさのヤモリ...

謎かけ話に思いをめぐらせ

父は謎かけ言葉のように「謎かけの話」をするところがあった。 一般的に、謎かけ言葉というと、2つの意味を持った言葉を「AとかけてBと解く、その心は...