見出し画像

Amazon Inspectorを試してみた

AWSのセキュリティ評価サービス「Amazon Inspector」を試してみました。その作業メモです。

AWSにログインし、上記ページから製品の使用開始をクリック

1.評価ターゲットの作成

「作成」から評価ターゲットの情報を入力する

名前:識別しやすい名前を入力
All Instances:今回は個別にEC2インスタンスを指定するのでチェックを外す
Use Tags:「キー」から「Name」を指定し、「値」から使用するEC2インスタンス名を選択する
Install Agents:EC2インスタンスにAmazon Inspectorのライブラリをインストールするためチェックを付ける

2.評価テンプレートの作成

名前:識別しやすい名前を入力
ターゲット名:上記で作成したターゲットを選択
ルールパッケージ:今回は一般的なセキュリティチェックのため「Common Vulnerabilities and Exposures-1.1」を選択
所要時間:推奨の「1時間」を選択
SNS トピック:未選択
タグ:「キー」から「Name」を指定し、「値」から使用するEC2インスタンス名を選択する
結果に追加された属性:未入力
Assessment Schedule:1回のみの実行なのでチェックを外す

「作成および実行」をクリック

3.評価の実行

評価チェックの進捗を確認できます。
「データを収集中」→「分析中」→「分析完了」

4.結果

分析完了になると結果ページからPDF形式でデータをダウンロード

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
Japanese Web Developer / Front-End / Back-End / SIGNAL inc. / TOKYO /
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。