見出し画像

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?

”もっと、つながる”を目指している京都木屋町にある図書館で、手にとり、次の日には、するすると読み切ってしまいました。

製造業の新規事業担当として仕事をしていると、アート思考やデザイン思考という言葉に触れることも多く、山口周さんの著書や記事を目にしない日はないくらい。

たくさん本を読む方だとは聞いていましたが、ページをめくる度に本の引用がでてくるので、造詣に感銘しつつ、読んでるこちらも知的好奇心をくすぐられます。(『ゴリオ爺さん』や谷川俊太郎の『朝のリレー』が印象的)

おわりに、にある一言に彼の思いがつまっていました。

私は、21世紀という時代が、「新しいルネサンス(人間性の回復)」になればいいのになぁ、と思っています。

論理的思考で説明可能なサイエンスで、だれしもが同じ正解に到達することで、結果として差別化できなくなる。そんな情報処理スキルに長けたエリートの限界は、「真・美・善」を感じられる打ち手をつくりだす創造力で突破できるはず。

すべての市場が、機能や情緒を越えた、自己実現を求める消費への向かっていく中で、コピーできてしまうサイエンスではなく、決して真似できない世界観とストーリーを紡いでいく。

世の中の変化スピードが加速して、ルール作りが後追いになっている時代だからこそ、美意識を規範としてもち、自分の行動を判断できるモノサシをもつこと。

会社のルールに誠実に従い、ステレオタイプなものの見方に支配されがちなビジネスパーソンだからこそ、虚心坦懐(先入観を持たず、広く平らな心)で花や絵をみる。哲学者の批判的な世界の見方をみる。誌に心揺さぶる表現をみる。

日常の中でふとしたことに違和感を感じること、自然のゆらぎの中に自分の中の感じのゆれをみることも、美意識のトレーニングになっているのかも。

自分がいいと信じる価値観を表現するためにも、言葉を磨いていくことは続けていきたいなぁと思っています。

ここまで読んでくださり、有難うございました。おすすめの本などあったら、教えてもらえたら嬉しいです。

12
村田製作所で、新規事業と人材育成に取り組んでます 組織論、心理学、哲学、栄養等、人の心と体にかかわる本を中心に読書メモをかいてます (本と焼き菓子のお店を準備中) NewsPicksヘビーユーザーです https://newspicks.com/user/123739

こちらでもピックアップされています

#読書の秋2020
#読書の秋2020
  • 77本

開催中の「#読書の秋2020」 で、光文社新書の課題図書について書いていただいた記事をまとめています。2020年11月30日までに投稿されたものが対象です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。