HSPな自分記事まとめ

10

見逃される、ということ

小さな頃、自分はとても泣き虫でした。
小学校では毎日のように泣いていました。背が小さかったせいか、クラスメイトの男子にいじめられていたからです。
からかわれるのはいつものことで、時には上履きを隠されたりもしました。
そうしたことで傷ついて泣いていたのですが、そんな自分に当時、「繊細な子ども」というレッテルを張る人はいませんでした。
そもそも「繊細」という言葉を、日常で使うことも、聞いたこともなく、

もっとみる
ウバ!ウバが好きなんです!!
6

例外だってありますからね!

ふと、こちらの記事を見て思ったことがあるので。

確かに道を聞かれること、よくあります。
外国人の方から声をかけられることも、けっこうあります。
でも私、知らないことははっきり知らないって言っちゃうんですよね。「分かりません」って。
だってめんどくさいですもん。あ、でもここで言うめんどくさい、はHSSによるものかも……?
確かに人の役には立ちたいけれど、わざわざスマートフォンで地図を見て道を教えた

もっとみる
ウバ!ウバが好きなんです!!
5

HSPと羽倉茶葉店

「もうHSPについて発信はしない」と、いつか宣言しましたが、「HSPについての知識を広めたい」という思いはあります。
そして現在進行中で執筆している小説「羽倉茶葉店~癒しの紅茶と魔法のセラピー~」の主人公・乙女薫はHSPです。
その関連エピソードを、「HSPの特性」に注目してご紹介します。タイトルからページへ飛べますので、よろしければお読みください。

「センシティヴ・ワールド」
作中で初めて「H

もっとみる
ウバ!ウバが好きなんです!!
4

HSPについて発信するのをやめます

以前から考えてはいたのですが、「HSP(ハイリーセンシティヴパーソン)」って5人に1人の割合でいるとされているんですよね。
言い換えると50人いれば10人、100人いれば20人。

マイノリティなのは確かだとしても、そんなに存在を主張する必要があるような存在ですか?
日本の人口は約1億とされていますから、つまり、同じ気質を持った人たちが約2千万人はいるんですよね。ひとつの国の人口に相当するくらいの

もっとみる
お礼に美味しい紅茶をお淹れしますね
6

紅茶とHSPはよく似てる?

紅茶は使うお湯の温度によって味が変わる。
茶葉の量によっても香りが変わる。
飲み方もいろいろで、ホットにアイス、レモンティーにミルクティー、ティーソーダにもなる。

まるでHSPみたい。

繊細で傷つきやすい私たちと、紅茶はよく似てる。
摘む時期によって、色も香りも変えていくダージリン。同じ産地でも育った場所が違うだけで、いろんな味や香りになる。

ブレンドだって無限大。
アールグレイみたいに香り

もっとみる
アールグレイはお好きですか?
4

紅茶とHSP

HSP(ハイリーセンシティブパーソン)は、自然が好きで、自然の中で癒されるんですよね。
少し外を歩いただけでも、花が綺麗に咲いているとか、夕焼けが綺麗だとか、そんな小さなことでも幸福を覚えられる。
だから、ちょっと思ったんです。

HSPにとって、紅茶は最適な飲み物なのではないか?

紅茶は葉っぱですし、香りも自然の中でできたもの。もちろん、ものによっては、人の手が加えられたものもありますが。

もっとみる
紅茶を淹れたので一緒に飲みませんか?
8

HSPと相貌失認

自分は人の顔を覚えるのが苦手です。
そういう人って、わりとたくさんいますよね。顔と名前が一致しない、なども含めると、こういった悩みを持つ人は大勢います。
ですが、どうやら自分の場合は「相貌失認」という脳の障害にあたるらしいことが分かってきました。

「相貌失認」とは、人の顔を顔として認識できないものだそうです。
自分の場合、昔からいくつかのカテゴリに分けて人を記憶していました。
・背が低くて眼鏡を

もっとみる
ダージリンでも飲んで休憩しましょう
7

HSP 自分の場合の味覚とその他

<味覚>
アルコールに敏感です。洋酒の入っているお菓子など、たとえ少量であったとしても感じます。また、酒精にも反応します。
甘いものも好きですが、辛いものもそれなりに好きです。
食べ物に関しては好き嫌いがほとんどないので、何でも美味しくいただきます。さっぱり系もこってり系も好きです。

<その他の感覚>
不機嫌な人、泣いている人のそばにいると感情が伝染します。泣いていると自分も泣くし、怒っている人

もっとみる
ウバ!ウバが好きなんです!!
3

HSP 自分の嗅覚と触覚

<嗅覚について>
どちらかといえば普通、特に敏感ではないと思います。
ですが、不快になるにおいはありますし、それで気持ち悪くなることもあります。

<触覚について>
洋服のタグは気になりませんが、チクチクするのでセーターが嫌いです。
大人になってから着られるようになりましたが、子どもの頃は絶対に着たくなかったです。
マフラーも毛糸のものは苦手で、買い替える時は首に巻いても平気なものを探すのが、ちょ

もっとみる
ウバ!ウバが好きなんです!!
1

HSP 自分の場合の視覚と聴覚

<視覚について>
視界に入った文字(ポスター、看板など)は無意識にすべて目で追ってしまいます。
いつも見ているものでも必ず読むし、頭の中で言葉としてしっかり変換されるところまで思考してしまいます。ひどいときはフォントや色、そこにその文字がある意味や理由まで考えます。

知らない人であっても、顔や表情、どんな服を着ているかなど、気になったらいつまでも考えて(分析し続けて)しまいます。

まぶしいのが

もっとみる
お礼に美味しい紅茶をお淹れしますね
5