なぜ木村拓哉のドラマは視聴率が高いのか?『GOOD LUCK!!』
見出し画像

なぜ木村拓哉のドラマは視聴率が高いのか?『GOOD LUCK!!』

いつき

【始(GOOD LUCK!!)】

 

・2003年1月、TBS日曜9時放送

『GOOD LUCK!!』。

作品は、国際線旅客機の新米副操縦士・新海元(木村拓哉)を中心に、恋愛と仕事に生きる人達を描く青春ドラマ。
ヒロインは柴咲コウ。
他共演者は堤真一、黒木瞳、段田安則、竹中直人、いかりや長介。
主題歌は山下達郎の『RIDE ON TIME』。




『RIDE ON TIME』はシングル50万枚を売り上げ、山下はこの曲で初めてオリコンチャートのベスト10入り
を果たした。


また、

第1話放送後から今作のドラマの舞台のANAの株価が上昇。

放送後には、

木村拓哉が演じていたパイロットや、柴咲コウが演じていた整備士など航空業界への就職希望者が急増する現象が起きた(「キムタク現象」)。


視聴率は、

平均30.6%、最高37.6%(最終話)。

第1話から31.6%を記録した。

『GOOD LUCK!!』は、木村拓哉が『HERO』以来のお仕事ドラマ、しかも今回は世間からはカッコいい職業のイメージがあるパイロットを演じる。

更に木村拓哉の髪が、

これまでロン毛のイメージを一新した短髪スタイル。

これはファンから非常に人気がある髪型だ
(※2014年の木村拓哉がレギュラーを務めるラジオ番組『木村拓哉のWhat’s UP SMAP !』では、「木村拓哉の好きな髪型総選挙」で第1位になっている)。

カッコいい姿(短髪の木村拓哉)×カッコいい・憧れの職業(パイロット)。

注目度は高かった。

だが、これだけではないと思う。
もう一つの理由、それは

共演者だ。

このドラマ辺りから自分は、木村拓哉のドラマには共演者にも力を入れるようになってきた、豪華になってきたと思う。

先ほど共演者を挙げたが、他にも内山理名、要潤、加藤貴子、安住紳一郎(TBSアナウンサー)、ユンソナ、中尾明慶。
ゲストに岩城滉一、平泉成、西田尚美、熊川哲也、柴俊夫、石黒賢。

これまでのドラマのキャストも今見れば豪華だと思う方たちばかりだが、放送当時はまだブレイクする前だ。
だがこのドラマは、放送時からある程度知られており演技に関しては何の問題もないキャストだ。

共演者の力も大きく影響していると思った。
その後の数字は脚本の力だろう。

『GOOD LUCK!!』は元(木村拓哉)がコーパイ(副操縦士)として成長していく。
その一方でヒロイン・柴咲コウとはぶつかり合いながらも徐々に距離を縮めていき、最後は2人が結ばれるという流れだ
(※この流れは木村拓哉のお仕事ドラマで定番になっていく)。

だがこのドラマは元だけをメインに描いているわけではない。
パイロットやCA、整備士の働く姿。飛行中に突然の引き返しや予定にはない空港への緊急着陸など、航空業界で起こりうる緊急事態全て【リアリティ】がある。

そして魅力的で個性的な登場人物。
数分のシーンなのだが印象に残るキャラが多数登場していた。

何と言っても、

自分は堤真一演じる香田一樹が1番印象に残った。
堤真一はこのドラマのもう一人の主役だと言っても過言ではない。

昔は新海元(木村拓哉)と同じく熱い性格だったが、ある一つの事を機に現在は厳格な性格で自他共に厳しくなった。
パイロットの体調不良や少しのミスも許さない(サイボーグみたいと言われるほど厳しい)。

この香田が自分の目には凄く魅力的に映り、過去に何があったのか引き込まれとにかく次が気になった。
過去が明らかになったら、次は元が訓練中に事故で怪我をしてしまい…。
最終回で元は副操縦士に復帰できるのか?
緒川や香田との関係の行方は?

これまでの脚本の力もあり、最終回も注目度は高かったことだろう。

そして最終話で最高視聴率を叩き出した。

『GOOD LUCK!!』は、航空業界をリアルに描き、そこに【次が気になる】展開の脚本と魅力的な登場人物、文句の付け所がないキャストの演技。
そして木村拓哉のお仕事ドラマでは定番の流れ。新鮮さは薄かったが、これらが見事にマッチしている。


木村拓哉の演技は下手というわけではない。
ただ口調や仕草が『ラブジェネレーション』や『HERO』の時とあまり変わらない(今作でも「ちょ待てよ」と言っている)。

新海元は何事にも熱く真っ直ぐな性格で、客や上司には自分の思いや考えをハッキリという(口癖は「ぶっちゃけ」と「マジで」)。
大怪我を負いパイロット生命の危機に陥るが、それでもパイロットを諦めず、成功率の低い手術に成功し、リハビリをして見事パイロットに復活する姿。そしてラストの柴咲コウとのキスシーン。
全てがカッコいい!
『HERO』ではないがヒーローのようだ。
木村拓哉がやるから余計にカッコよく見えるのだろう…。

(副操縦士・新海元役)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
いつき
教育学科にいた人間が卒業論文で【木村拓哉】について書いたお話|俳優・脚本家志望のフリーランス|趣味は読書(年間100冊以上)&国内旅行|小学校教諭第一種免許状・上級心理カウンセラー・パーソナルカラリスト|近日オンラインカウンセリング開業予定🌙