大麻を盛り上げるCBD3銘柄をご紹介!

カンナビジオール(CBD)は、麻に含まれる化学物質です。

大麻のような精神高揚効果は持たないが、不安や痛みの軽減、睡眠改善などの健康効果が認められています。

米コンシューマー・レポートによると、CBDを使用した経験がある人は米国ですでに6400万人に達しているといいます。

大麻市場が拡大しCBDがメジャーになるにつれて、飲食料や化粧品を扱う企業が続々と新規参入してます。

米NPOナチュラル・プロダクツ・アソシエーションは、過去3年で1500以上のCBD関連製品が発売されたと報告しています。

大麻専門のリサーチ企業であるブライトフィールド・グループは、2022年までにCBD市場が220億円に達すると予想しています。

特に以下3つのCBD企業は、飛躍の可能性を秘めていいます。

■1. GWファーマシューティカルズ

英GWファーマシューティカルズ(NASDAQ:GWPH)が生産する治療薬ナビキシモルス(商品名:サティベックス)は、CBD由来医薬品で唯一米食品医薬品局(FDA)に承認されています。同社の株価は今年83%近く急騰しています。

6月5日の終値は177.99ドル、時価総額は55億ドルとなっています。

同社の1-3月期決算は予想を上回る結果となっています。2018年6月にFDAから承認を受けたCBD由来の抗てんかん薬エピディオレックス(Epidiolex)は順調に売り上げを伸ばしています。

1-3月期売上高は3920万ドルで、前年同時期の300万ドルから12倍となっています。

同社の売上増加を支えるエピディオレックスの1-3月期売上高は3350万ドルで、1600万ドルとされていたコンセンサス予想の2倍以上となっています。

加えて、エピディオレックスを用いた、より稀な型のてんかん治療実験が順調に進んでいると報告しました。

同社は今年10-12月にFDA承認に向けて補足申請書を提出予定です。

また同社は年内にエピディオレックス販売地域を欧州で拡大すると発表しており、さらなる飛躍が期待されます。

■2. モルソン・クアーズ

米モルソン・クアーズ(NYSE:TAP)は2018年8月にCBD飲料の開発を発表し、大手飲料会社として初めてCBD市場に参入しました。

同社は「カナダ市場向けにノンアルコールの大麻飲料を開発する機会を追及する」べく、カナダ大麻企業のヘクソ(NYSE:HEXO), (TSX:HEXO)とジョイントベンチャー「トラス」を創立した。トラスへの出資額はモルソンが57.5%を占めています。

昨年10月17日にカナダで嗜好品としての大麻が世界で初めて合法されたこともあり、モルソンはカナダのCBDソフトドリンク市場のシェア獲得を狙っています。

モルソンのマーク・ハンターCEOによると、カナダのCBD飲料市場規模は約22億ドルとなっています。

一方、米国の大麻飲料市場規模は2024年までに14億ドルに達する見通しです。

CBDを含む食品を合法化するよう要請を受けながらも、米FDAは飲食料品に関してはCBD使用を未だに禁止しています。

6月5日は57.43ドルで終値を迎え、株価は今年3%上昇しています。

■3. アルタビューティー

米化粧品小売チェーン最大手のアルタビューティー(NASDAQ:ULTA)は3月中旬、CBD由来のスキンケア製品のラインナップを初めて発表しました。

同社はCBD由来のマヌカハニースキンケア「Cannuka」シリーズを揃えている。CBDが合法化されていないネブラスカ、アイダホ、サウスダコタの3州を除く地域の店舗とオンラインにて現在5種類の製品を販売しています。

同シリーズは男性、女性どちらもターゲットに据えています。

5日の終値は337.48ドルで、株価は今年38%ほど上昇している。過去最高値となった4月17日の359.69ドルまで遠くはない。CBD由来製品に消費者が注目するにつれて、株価はさらに上昇すると見られます。

ジェフェリーズのアナリストは、CBD化粧品市場が今後10年で250億ドル規模に成長し、世界のスキンケア市場の10-15%を占めると予想しています。

オススメのCBDオイル:CBDMAX(シービーディーマックス)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。