見出し画像

音声読み上げソフト「SofTalk」が便利!Wordに悩んでいる人にオススメ

ひまり@Webライター

Webライターが記事を校正するとき、音声読み上げ機能が使えると便利です。
Wordならデフォルトで利用できますが、
Wordが使えない場合や、
Googleドキュメント納品だった場合などには、

音声読み上げのフリーソフト「SofTalk」が役立ちます。

SofTalkができること

SofTalk は、無料の音声読み上げ用フリーソフトです。

クリップボードの内容を読み上げる機能があり、
ソフトを立ち上げておくと、
Ctrlキー+Cでコピペした部分を読んでくれます。

ペーストする必要はありません。
声も指定でき、音量や速度も調整できます。

ただ、ソフト上げっぱなしにしておくと、
調べ物でCtrlキー+C したトコが全部読まれるんで、
結構びっくりします💦

Wordで書いたものだけじゃなく、
Googleドキュメントでも、メモ帳でもなんでも使えます。

ひまりはこれまで、
Googleドキュメント納品の記事はWordに持ってきて読ませてましたが、
もうそんな事をする必要がありません!

そもそも、SofTalkを利用しようと思ったのは、
Wordの音声読み上げが不調だったからです。
突然、英語に切り替わったり、
同じとこ、何度も読んだりする時期があり、
声も選べなかったので、ダウンロードしました。

ただ、今は復旧?したのか、我慢できる程度になってきました。
Wordのサブスクは1カ月1,200円くらいかかるんで、
Wordなしで音声読み上げチェックがしたい人には、
おすすめかと。

使い方のコツ

SofTalkでは、範囲指定した部分なら繰り返し読ませられるんですが、

一部を校正して再度読ませようとすると、
範囲を再指定しなきゃならんのです。

5000字とか長文を校正しているときは範囲指定が面倒なときがあるので、
はじめのうちは少しずつ読ませるほうがいいみたいです。

仕上がってきたら、全体の流れを見るために全部読ませるかんじで。

フリーソフトなんでセキュリティにはご注意

フリーソフトは、作成者が随時メンテナンスしているものじゃないと、
セキュリティがヤバイです。

メンテナンスされていないフリーソフトのぜい弱性はサイバー攻撃対象になる可能性があるんで、自己責任で使ってくださいね。