丑の刻の平安京に羅城門が顕現し、下人が侍を鞭で打ちしこと

今は昔、さる山中を根城とする盗賊の砦に、のちに都で下人をすることになる子供がいた。砦に囲われた女たちの一人が産んだ男の子だった。子供は口減らしのために棄てる決まりだったが、時々首領が気まぐれを起こして育てさせることもあった。それで、下人にとって女たちは母たちでもあった。
 母たちは下人をかわいがった。乳をやり、口々にことばを与えた。
 お前の本当の母さんは死んじゃってね。産んですぐ後にね。かわいそ

もっとみる

コヨミ舎の看板犬ジョン君はヒジョーキン (その2)

コヨミ舎の看板犬(仮免許中)
ジョン君(13歳=2019年時点)
昨日に続いての紹介です

函館で保護されて
コヨミ舎夫妻の元にやってきたジョン君
最初の3枚は函館での写真ですが

真っ黒なお顔かと思っていたら
生後1年もしないうちから
おつむが薄くなり始め
茶色っぽいお顔に…

また、情けない表情だったはずなのに
実は元気いっぱいのいたずらっ子でした

次の写真は
函館から転勤した釧路の家で

もっとみる

CASE40 暴れ牛殺人事件《問題編》

★作者のモノローグ★
 釈迦如来に知恵を貸し、無事にイエス・キリストを誕生させた銭山警部と黒田刑事。二人はその功績を称えられ、希望どおり下界へ戻ってくることができたのでありました。めでたし。めでたし。……あらすじだけ語ると、どんな話だか全然わかりませんね。いや、本編を読んだところで、その印象はまったく変わらないと思いますが。とゆーわけで本編が始まります。

 下界へ戻ってくるなり、いつもと変わらな

もっとみる

(79)正始八年の正使は伊都王族

伊都國(糸島半島の平野部)

邪馬壹国から帯方郡へ、第1回使節団の正使に当てた「難升米」の文字は「難」が姓、「升米」が名前、総じて「米の計量に厳しい」の意味になっています。「交易有無使大倭監之」の「大倭」に通じる人物です。 

副使「都市牛利」については、「倭人伝」に「其地無牛馬虎豹羊鵲」(其の地に牛・馬・虎・豹・羊・鵲は無し)とありますから、「牛利」の表記が倭語の意訳でないことは明らかです。「都

もっとみる
ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。

#みんなでポエム書いてみた

目覚めたら

まだ薄暗くて

中途半端に世界に触れてしまった気がして

夢の中へも現実の中へも戻れない世界がそこにあって

すぐに柔らかな布の中へ戻るけど

そこにあるのは白と影が混ざったグレーの世界

よくいえばグラデーション

わるくいえばフラストレーション

じぶんの時間などといえば

きこえはいいけど

そんな都合のいい時間でもない

無駄にしないように

時間を使うなんてできない

もっとみる
あなたに、良いことがありますように

まんがガタガタ道16 漫画家にとって徹夜は、、

百害あって一利なし! 、、と思ってます。まず集中力が落ちる。睡魔の第一波に打ち勝ったとしても、第二波に飲み込まれる可能性が。そして後日に多大な影響を与える。寝すぎたりw

ウチでは徹夜作業はしない主義です。やったのは1度だけだったかな。

編集部紹介で来たアシスタントに、なんで漫画家になりたいの?と聞いたら、楽そうだからと答えたので、上等だごらぁ!と徹夜作業したくらいw

私も若い頃は体力もあった

もっとみる
謝謝(*^◯^*)
3

🔴いつも大安吉日90 〜いいね、それいいねえーの世界〜

【いいね、それいいねえーの世界】

いつも通り眠そうな顔しながら起きてきた
「火がまだ着いてるかな」
そう言ったまま外に出て行って帰ってこない

夜中にはけっこう雨の音がしてた
寝る前にそうげんが焚べた太い薪も鎮火してるだろうなってのがぼくの読みだった

しばらくすると元気な顔でもどってきた
「赤いのが残ってたからまたつけるよ」
ぼくも外に出てみると煙があがってた

太い薪が雨よけになって下の熾(

もっとみる
めでたいなー、毎日大安吉日だ

#55 嫌われ者とコレミチ君と

芥川龍之介の短編いくつか読む。

Kindleの378作品→1冊みたいな全集で読んでいるのだけど、この全集シリーズって編集に愛がなさ過ぎて笑えてくる。作品の掲載順は単なる50音順だ。本屋や駅の構内でたまに売ってる、著作権処理のあやしいヒット曲集CDを思わせる。

「鼻」や「芋粥」を読んでて思ったのだけど、主人公が周りから嫌われている人間が多い。しかも容姿が原因で露骨に蔑まれている。

嫌われ者を通

もっとみる

声が伝えるもの

ようやくコロナウイルス禍の終わりが見えてきた。

世の中にソーシャルディスタンスが定着し、人と人との適度な距離感が心地いいと感じた人も多くいるだろう。満員電車、レジャー施設、デパートのエレベーター。

コロナウイルスが訪れる前の生活が戻ってくるということは、それらの日常も戻ってくるということだ。コロナウイルスが教えてくれた、人との距離感も、いつか忘れ去られて、喧騒と三密の日常に私たちは戻っていくこ

もっとみる

【漫画】ハイスクールシンドローム14「生物II」

前田。次の授業何だっけ?

生物IIだろ。多分今日も遺伝の話の続きじゃね?

遺伝か。まぁ、俺の家系は調べなくても全員、超絶イケメンだな。だって、なんせこの俺が、絶世の美男子だから!

おう。突然変異か知らねーが。少なくとも「自分をイケメンと信じてやまない脳ミソ」は、確かにお前は持ってるようだな。

けど、今じゃDNAの存在はおろか、遺伝子操作だって可能だな時代だけど、150年前にエンドウ豆を観察

もっとみる