勇者ズム!文庫 ~勇者ズム!小説アンソロジー発売決定!

連載してきましたVTuberユニットの勇者ズム!SSですが、書き下ろしも含めて本として発売することが決定しました!

『勇者ズム!文庫 ~勇者ズム!小説アンソロジー~』はコミックマーケット97四日目(12月31日)、サークル名『勇者ズム!』、西A-66aスペースで頒布いたします。

執筆陣は私、御影瑛路をはじめ、商業作家の豪華執筆陣でお送りします。

(五十音順、敬称略)

・五十嵐雄策(乃木坂春

もっとみる

左ききのエレン第二部HYPEについて。

左ききのエレン第二部HYPEについて、各話ごとに作者コメントつけるって試みをしてたんですが、漫画書く速度にブログ書く速度が全く追いつかず、途中で止まってしまってます、ごめんなさい。

なのでこれまでの総括と言うか、まとめて「HYPE」に対する想いを書こうと思います。なのでネタバレあるので気をつけてください。また、先の事も興が削がれない程度には触れるので、そういうの嫌な方は読まないで下さい。

-

もっとみる

【天狼院書店初心者短編2019年12月コース受講者向け】①小説は変化を描くものである

【PR】

【注意】
 こちらのエントリは、天狼院書店さんで開催中の「短編小説100枚を二ヶ月で書いてみる」講座参加者の方向けのエッセイです。参加していない皆様にもなにがしかに気づきがあるかもしれませんが、このエッセイは基本的に「初心者の方が小説を書き切る」という目的設定をした講座に向けたものでありますので、中級者、上級者の方がご覧の際にはそうした点をご注意の上ご覧ください。
【注意ここまで】

もっとみる

2019/12/8

きのうは結局小説を書かず、日記も書かなかったが他の全春の日記が読めてハッピーだった。べつの場所に生きる人間が同一画面上で記録となるおもしろさ!

フィギュアスケートはグランプリファイナル。まだあまり演技を見れていないけど、男子の羽生さんネイサンはジャンプ技術とスケート技術がわかちがたく優れていてめっちゃ素敵だった。近年小説とスケートのちかさを語る評などが目についたが自分もちかしく感じている。たとえ

もっとみる

Until I fall asleep.

印刷会社に勤める河村康雄は、今日も午前様だった。
寝ている妻と息子を起こさぬ様に出勤し、寝ている二人を起こさぬ様に帰宅する毎日。
職員達は「勘弁してくれよ、世の企業さんはもっと計画的に物事を進めて欲しいよ」と喫煙所で愚痴る。しかし、収益のおよそ三分の一が年末年始に偏るこの印刷業界においては、濡れ手に粟状態のこの駆け込み需要に頼らざるを得ないのが現状だ。康雄の勤める会社も、元々有って無い様な週休二日

もっとみる
Thank you so much.
5

【掌編小説】永遠の冬茜

終業式の日に授業なんて無視して図書室で本を読む。学校生活の貴重な時間を無駄にして、なんて思われるかもしれないけれど、僕にとっては読書する事の方が貴重で重要だった。それに図書室にいればあいつが来るかもしれない、そんな淡い期待がある。
 本を読む。調べものをする。あいつが好きシクラメンについて調べたりもする。
 この学校の図書室は暖房が壊れていて、手が悴む。悴んだ手を気にしない様にしながら、誰にも気付

もっとみる
今夜だけは、アサイーブームを忘れない

今日のニュースです。

夕方のニュースの時間、テレビ画面の中、アナウンサーが微動だにしないでいる。そのままで長い時間が過ぎた。いつもなら次から次へとニュースを読み上げていくアナウンサーが動かないなんて、異常と言う他ない。受像機か、もしくはテレビ局の方でなんらかのトラブルがあってきちんと映像が届けられていないのではないかと一瞬思う。それでアナウンサーの静止画像だけを延々と見せられているのではと。
しかし、よく見るとアナウ

もっとみる

人生、転職、やり直しゲーム 第1章

【キャッシュカード】

俺は弁当を食った後、
うたたねをしそうになって、
慌てて起きた。
そうだ、鴨葱さんのキャッシュカードで、
金を下ろして土地代にしたらいい。
一度に多額の現金を下すと、
オレオレ詐欺の受け子と間違われたら困る。
俺はあちこちのコンビニや銀行のATMから
9万円ずつ金を引き落とした。
とりあえず、合計90万円下ろした。

鴨葱さん、貯めてんなぁ。
まぁ、金は誰のものでもないから

もっとみる
嬉しいです!

大学職員の入試業務について

こんにちは。
本日は入試業務について書いていきたいと思います。

大学の入試準備はどのように進んでいるのでしょうか。

入試課の仕事

大学の入試課が入試全般を取り仕切ります。
入試問題の作成依頼から、入試の実施、そして合格発表まですべての流れに関わります。

入試が終わってもすぐに翌年度の入試制度の準備があったり、オープンキャンパスの準備があったりするなど、
非常に多忙な業務をしています。

もっとみる

西洋美術の名品を巡るひとり旅 フィレンツェ編 3日目 ⑬ サン・ロレンツォ聖堂 コジモ・デ・メディチの墓

コジモ・イル・ヴェッキオ(祖国の父)と呼ばれた、コジモ・デ・メディチの墓碑は、サン・ロレンツォ聖堂の地下にあります。画像のものは、教会の心臓部である同聖堂の主祭壇の前にありまして、墓地の位置を示しています(画像1)。この真下には、何があるのでしょうか。階段を降りて、この床の真下へ移動します。

画像1

床の下には、太い柱になっています(画像2)。この柱の太い部分(石棺のようにみえます)中にコジモ

もっとみる
あなたの「スキ」が次の記事を書く強力なサポートです!
3