まなびとき by CASTALIA

キャスタリア株式会社は"教育×ITで社会問題を解決する"をモットーに、 新たな学びを創出する企業です。学ぶことを学ぶメディア「まなびとき」では、国内外での“IT×教育“最前線を紹介するとともに、哲学的な観点からも「学び」を捉え、より明確な未来の姿を追求します。

単純な時間を生きる私たちは「受動性」を失ってしまった――ハイデガーの時間論(前編)

「👇まなびときの記事をすべて見る👇」 まず答えを出して、後から理解する 前回の記事「わからないことほど素晴らしい経験はない」では、実感を伴った理解が(情報あるい…

美しいことは善いことなのか、善いことは美しいことなのか ――平野啓一郎『「カッコいい」とは何か』レビュー②

「👇まなびときの記事をすべて見る👇」 美は悪用されうる 興味深いことに、『「カッコいい」とは何か』において、平野啓一郎は美的感覚と倫理の問題を接続している。平野…

人間の揺らぎを描く作家、「かっこよさ」を論じる ――平野啓一郎『「カッコいい」とは何か』レビュー①

👇まなびときの記事をすべて見る👇 人間の揺らぎを描く作家 仕事をしているときの自分、地元に帰って古い友達に会うときの自分、オタ活に励むときの、恋人を探すときの……

未来のノーベル賞受賞者を育てる好奇心を掻き立てるローレンス科学館(カリフォルニア州バークレー)

👇まなびときの記事をすべて見る👇 カリフォルニア州の州立大学として知られるカリフォルニア大学は、ロサンゼルス校、いわゆるUCLAが1番有名かもしれませんが、本拠地は…

わからないことほど素晴らしい経験はない(後編)

👇まなびときの記事をすべて見る👇 中国古典を子ども時代になぜ読んだのか かつては、子ども時代に中国古典を暗唱させられ、よくもわからないままに、「温故知新」や「耳…

わからないことほど素晴らしい経験はない(前編)

暗闇で過ごすことの不安 作家のレベッカ・ソルニットは、「たいていの人は暗闇をおそれる。子どもは文字通りくらいところをこわがるが、大人にとってこわいのはなによりも…