絵本屋CUBEさんの絵本プレゼント企画に当選しました

 絵本屋CUBEさんの絵本プレゼント企画第3弾に応募したところ当選しまして、オーナー内田さんが選書くださった絵本が我が家にやってきました。
 プレゼント企画の記事はこちら↓(現在は終了しています)

 過去の記事でも「ミスター・不屈の魂」とか「スタミナガソリンタンク」とかなんとか度々登場したうちの子供(2歳)は、とにもかくにも本を読むのが大好きです。お散歩も好きだし暴れもするけど、一番好きな時間の過ごし方は読書です。パパ(=夫)もすごい読書家なのでそちらに似たのかもしれません。私は年間読む本はもしかしたらゼロ冊…一冊は読むだろうか。今自分で持っている本もバイブル級の6冊(うち2冊はG.ネイガウス先生関連のロシア語の音楽書、2冊はそのネイガウス関連書の日本語訳本、あとはロシア語文法の詳説本と、大学の時くらいから時々読み返している文庫本)のみです。10代までは確かに相当な読書量だったと思うのだけど、大学入って以降読んだ本は専門書以外はファウストや神曲など、自分の弾くことになった曲にどこかしら関係あるものばかり。しかもそのあたりはぜーんぶ実家に置き去り、いま手元にない(あんまり人に言えないな…)。まあ私のことは多分子供には関係ない。
 1月はじめ頃に絵本屋CUBEさんの存在を知った私たち母子は、これは子供にうってつけと思い、電車とバスを乗り継いで1時間弱、店舗に伺ったことがありました。まさか本より机と椅子・そして内田さんと遊ぶことに夢中になっただけでなく、ベビールーム立てこもり未遂までするとは思わなかったけど。その時にめちゃくちゃ気に入ったらしかったので購入して帰った絵本「かわいいてんとうむし」は今でも子供のお気に入りです。内容はなんか英語の歌「5 little ducks」を彷彿とさせる。こういう世界観があるのかしら向こうには。

 子供はまだ舌足らずなので、「かわうぃい~ てんとおおおおおむし!」と言っています。微妙なチャラさ。

 さて、募集にあるように、子供の好きなものと性格、親としてどんな本を希望するかを書いて送ります。ついつい長く書いてしまったのですが、まとめると大体こんな感じのこと書きました。↓

◇好きなもの…石、砂利。車、電車、新幹線。キラキラしたもの。ピタゴラスイッチ、からくり時計などの仕掛けが動くのを見ること。読書。
◇性格…家では王様だが外や慣れない場所では非常に慎重。内弁慶。意地っ張り。慣れた場所では非常に朗らか。
◇希望:私たち家族では選ばないような本を希望。(参考までに現在子供が好んで読んでいる本は「こぐまちゃん」、「ぱくっ」、「かがみのえほん」、車や電車の図鑑など)

 そして当選。
 選ばれたのがこちら。

 確かにこれは私や夫では選ばないわ

 内田さんに選書理由も聞きました。好きなことに生物系が入っていなかったので生物系、乗り物が好きなので乗り物要素、「かわいいてんとうむし」で親しんだてんとうむしも出てくること、あとは店舗に伺った際の子供の様子を考慮してとのことでした。確かにうちの子供は生き物系はまだだ。動物園も2回しか行ったことないけど、今のところ引きがあるのはペンギンくらいのように見える。(鉄道博物館は年パス検討するくらいには行ってる)

 さて、対象年齢4~5歳からというこちらの絵本、うちの2歳児も特に怖がったり飽きたりせずに一緒に読むことができましたが、やはり4~5歳というと幼稚園に行く年齢なので社会性の面で一歩進んでいる感じがすることと、はっきりとした「悪役」の登場(今まであまりなかったかも)、今まで食べることがおいしい楽しいいろんな食べ物たくさん食べよう…だったのに、急に現れた「食べられるかもしれない」という怖さ。今の子供がどこまでどう理解したかは定かではありませんが、長くお付き合いできそうな絵本をいただいたと思います。ありがとうございました!

 そして家族以外の方に選書していただく良さも感じました。こんな時なので、なんか月500円くらいずつ会費払うと絵本屋さんが選書してくれた本が年に3冊届くよみたいなサービスあったら頼んじゃいそう。多分私よりずっと多くの絵本をご存じだろうから(と直接言ってもみたのですが、現時点ではあまり前向きなお返事は得られずでした)。

 絵本屋CUBEさんは開店から5か月と聞きました。開店して間もなくのこの状況ですので、きっと大変だと思うのですが、どうか持ちこたえてほしいと(勝手ながら)願っています。早くまた店舗に訪れた親子の笑顔が戻ることを祈るとともに、私たちも再訪できる日を楽しみにしたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わお!
4
ピアニスト、たまにロシア語通訳(現在育休中)。日中はミスター・不屈の魂の2歳児と格闘しており、恐らくピアノにあまり使わないであろう部位ばかり鍛えられています。一年中野球ばっかり見てる燕党。https://www.marienne.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。