新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

Web面接ではこれだけは押さえておけば良い!3つのポイント

最近増えていると聞くWeb面接。

僕は普段の仕事でも、在宅勤務によりオンラインミーティングをしているので、僕自身はあまりWeb面接には抵抗はありません。

しかし、中には何に意識した方が良いかわからない方もいると思うので、「最低限押さえておくべき、Web面接における3つのポイント」についてまとめてみました!

ケビン編集長が発信している「Web面接で注意するべき3つのポイント」のYouTube動画も参考にしてポイントをまとめているので、ぜひこちらのYouTubeも見てみてくださいね。



1. 対面以上に丁寧なコミュニケーションを

オンラインではアイコンタクトや、ボディランゲージ、相づちなど、対面ではそれほど意識しなくてもできていた、自分の気持ちや相手への共感などの表現が伝わりづらくなります。

例えば、面接官が話している内容にたいして、対面のときと同じように頷いていても、面接官からすると、本当に伝わっているかがわかりづらい場合もあります。

なので、うなずくときに「そうですね」「わかりました」といった言葉を添えるなど、少し工夫を加えることを心掛けてみてください。

他の例もあげてみます。
オンラインの場合、双方の意思とは異なるところでコミュニケーションに問題が発生する場合があります。

それはインターネット回線やWeb面接用ツールの問題です。完全に切断してしまうことは少ないと思いますが、映像や音声が途切れて、一部聞き取れないという状況は起きやすいでしょう。


ここで認識すべきことは、面接官側もそのような状況は想定しているということです。


なので、聞こえたフリをして憶測で回答したり、焦ったりせず、「音声が途切れてしまったので、もう一度お願いできますでしょうか」というような丁寧なコミュニケーションを意識しましょう。

不測の事態にどう対応するかは、その人らしさが出ます。

対面時も同様ですが、オンラインでは双方が相手の様子を全て把握できないため、より誠実で丁寧な対応を心がけましょう。

2. カンニングペーパーはほどほどに


オンライン面接の特徴の一つは、自分のパソコンの画面に何を表示させていても相手にはわからないという点です。

恐らく不安から、いわゆる「カンペ」を用意される人も少なくないと思います。


もちろん、どんな質問がくるんだろう、この質問に対してはこう答える、などを事前に考えておくことは重要です。

ただ、面接はQ&Aではなくコミュニケーションなので、似たような質問でも文脈によっては面接官が聞きたいことは異なるかもしれません。


また、面接官側もカンペを用意できる環境であることは理解しているため、あえて変わった質問をする場合もあるかもしれません。


なので、質問の意図に合わせて回答できるように、また、変わった質問にも柔軟にこたえられるように、カンペに囚われすぎないようにしましょう。

面接官は、用意していた回答を聞きたいのではなく、なぜそういう回答が出てきたのか、その背景には何があるのか、といった思考の部分が気になっています。

面接でのコミュニケーションを楽しもう、というくらい心に余裕を持てるようにしましょう。

3. 環境、身だしなみにご注意を

チェックリスト
☑️インターネット環境と事前準備
☑️場所
☑️背景
☑️服装

先ほど少し触れた通り、面接官は多少の問題が生じることを想定していますが、しっかりとインターネット環境が整備されているところで、Web面接を受けるにこしたことはありません。

また、企業によってweb面接を行うツールが異なります。ツールによっては事前にダウンロードしておく必要があるため、どのツールを使うのか、その使い方について、確認しておきましょう。

インターネット環境が整っていないために、自宅以外の場所で受けなければならない方もいらっしゃると思います。

それ自体は問題ないですが、周囲の雑音は自分が感じる以上に相手に聞こえてしまうため、できる限り静かな環境を選びましょう。

また、自分の声はもちろん、イヤホンを使用しない場合は相手の声も周囲に聞こえてしまいます。

第三者に会話の内容を聞かれてしまう恐れのない環境を選ぶことも重要です。

デジタル背景を使う場合は、TPOを意識したものにしましょう。初回の場合はビジネスにふさわしい落ち着いた背景を選ぶのがよいかもしれません。

また、自宅でWeb面接を受ける場合は、ある程度は部屋を片づけておいた方が良いでしょう。

部屋が乱雑なことでもしかするとマイナスな印象を面接官に与えてしまうかもしれません。

最後は服装についてです。こちらもTPOを意識することが大事です。

少ないとは思いますが、人によっては上半身だけ整えて下半身は普段着、といったことがあるかもしれません。

ただ、カメラには意外と広範囲がうつっていますし、思いがけずWeb面接中に立ち上がる必要があるかもしれません。

相手からは見えないからと手を抜かず、対面の時と同様、細部まで整えましょう。


4. 感じたこと


僕の場合は就職活動の時も、オンライン面接が多かったです。

最近は新型コロナウイルスの影響もあり、今まで対面しか対応していなかった企業も、オンラインで面談、面接を実施していると聞きました。

今回まとめたことは、基本中の基本ですが、ついつい見落としがちなことでもあるので、改めて意識していきたいと思います。

オンライン面談だと、まずは情報収集から気軽に始められそうなので、どんな企業があるのかなど業界研究、企業研究から始めてみようかな!

本noteでは、キャリア・転職に関する様々な情報を発信しています。良かったらフォロー、記事へのいいねをしてもらえると嬉しいです♪

5. おすすめ求人特集のご案内


キャリトレでは定期的に、シーズンやトレンドに合わせて求人特集を公開しています。
現在公開中の特集をピックアップしました。ぜひ、チェックしてみてください!

----------------------------------------------
挑戦する20代の転職サイトなら【キャリトレ】


キャリトレは、ビズリーチが運営する、本気で転職したい20代向けの転職サイトです。

自分から企業へのアプローチはもちろん、企業からのスカウトを受け取ることができる転職サイトです。

登録しておくと、幅広い転職・キャリアの情報を得ることができます。



この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートお願いします!

スキ嬉しいです!更新頑張れます!
14
今年で社会人3年目になる25歳です。転職ノウハウや、キャリアに関する多くの若者の疑問についての調査結果などを発信します。キャリアについて考えるきっかけになると嬉しいです!20代の転職サイトキャリトレ https://www.careertrek.com/?source=note

こちらでもピックアップされています

転職ノウハウ
転職ノウハウ
  • 16本

20代のキャリア・転職に関する転職のノウハウを紹介しています。キャリアについて考えるうえで知っておいた方が良いことをポイントに、定期的に発信していますので、ぜひご覧ください!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。