マガジンのカバー画像

ファーストキャリアに本気の会社

28
会社のミッションや理念、普段の社長との会話、同期同士の微笑ましいやり取りなど、ほっとするような内容をまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

就活生の時言っていた「かっこいい大人」に入社して4年目、採用担当になった私はなれているのか?

こんにちは。 スターティアで新卒採用を担当している恩部です。 五十嵐からバトンを引き継ぎ、今回は私がノートを書きます。 私は19新卒でセールスとしてスターティアに入社しました。 入社2年目から採用担当として、 今は説明会や選考に携わる仕事をしています。 いきなりですが! ふと思うことがあります。 当時就活生だった自分の目標は 今、うまくいっているのか、、、と。 今日は、就活をしていた時の理想像の社会人像と、 スターティアで4年目になる自分を比べお話をしていきたいと思い

スキ
4

感謝する気持ちを忘れずに、挑戦できていて、楽しもうとする人たちでありたい。

私たちスターティアには、ワーキングスタイルというものがあります。業務にあたる上で、「こんなことを意識しよう」というスタンスですね。 「感謝」「挑戦」「楽しむ」...どれもシンプルなワードですが、改めて今日のnoteでは、このワーキングスタイルについて掘り下げて書いていこうと思います。 このワーキングスタイルは二世代めで、一世代めは実はもっと長くたくさんのワードで構成されていました。2018年4月のホールディングス化を機に刷新され、こちらが二世代めとなります。 中の人は、先

スキ
5

評価とは、成長とは。

相対評価と絶対評価について本日は記載します。 前者は全体の場での自分の立ち位置、評価が決まるもの。 後者は比較対象が個人であり、客観的に評価が決まるもの。 学校教育の評価体系そのものが2002年度~10年間もの間、絶対評価、いわゆる「ゆとり教育」となり、その教育を受けた世代が今社会に出てきています。かく言う中の人もゆとり世代の一人です。 その事実を踏まえると、会社での評価体系や社会での判断基準も絶対評価になっていって然るべきと思いますが、社会にゆとり世代が混じってきていると

スキ
8

内定者とのどんなコミュニケーションがよいのか模索中。

今日は、内定者のフォロー活動について記載します。たまたま大学さんが主催の人事交流会に参加した際に、内定者を入社前までにどうフォローしているか話題になりました。当たり前のようにやっていること、工夫してやっていること、それらの目的や意図を改めて整理してみます! ❶座談会(5月~7月ごろ)オンラインで実施しています。CPの教育者と2年目or3年目の若手社員が参加し、現場での苦労話やお客様との心に残っているエピソード、CP在籍中の同期との張り合った経験談、地方から引っ越してきている

スキ
10

みんな色々な特性を抱えている、それを理解する。

こんにちは!スターティア新卒採用です。今日は、チームで行なってみた、こんなシミュレーションゲームについてのお話です。 突然ですが、あなたはとある街の市役所の中にある「こまった課?」の職員です。「こまった課?」には、いろんな特性を持った住人がお困りごとの相談にやってきます。職員であるあなたは、住人たちに質問をすることで、困ってしまう理由(特性)を見抜いて解決しましょう! うまく相談にのれないと、住人たちはがっかりしてこの街から引っこしてしまいます。 住人たちがどうしたら楽しく

スキ
19

履歴書にもっと濃厚な履歴書を添えて。"引継ぎ”そして"卒業"

こんにちは! 本日は、履歴書について書いていきます。履歴書と言っても、学生や求職者の方に出していただく一般的な履歴書ではなく、CP(キャリアプロデュースグループ。新卒が入社後所属する新卒だけの教育研修機関。)を卒業しそれぞれの部署に本配属となる際に、所属先の上司に向けてCPの教育者が作成する一人ひとりの"引継ぎ書"です。 CPに在籍するのは半年~1年という期間が定められています。21卒として入社した新卒たちも、入社から半年が経ち卒業要件を満たしたメンバーがこの度全国の現場へと

スキ
9

隣の芝生が青く見えたら。

こんにちは!キャリアプロデュースグループです。 今日は、先日YouTubeにアップした「隣の芝生は青く見える“ようにできている”」という考え方について書いていきます。 隣の芝生は青く見える。21新卒たちも入社して100日が経過し、もしかしたらこんな感情を抱いている真っ最中かもしれません。 大前提、隣の芝生が青く見えることは悪いことではないと思います。ないものねだりという言葉があるように、自分以外の環境をいいなと思ったり、うらやましいと思ったりすることはある種当たり前の感情

スキ
8

教育に本気のわたしたちが考える"先生像"

こんにちは!スターティアの日下です。本日は、noteで募集中のテーマ『忘れられない先生』にちなんで書いていきます。 改めてにはなりますが、我々キャリアプロデュースグル-プ(以下、CP)は、スターティアに新卒で入社してきてくれたメンバーの教育機関です。中々珍しい、新卒全員を一手に引き受ける独立した社長直下の部署。新卒70名に対して教育者が7名と学校のような、先生と生徒という構図になることも少なくないため、「先生」というのは日常的によく想起することが多いです。 #忘れられない

スキ
11

新任マネージャーに向けたメッセージ。

こんにちは!スターティア株式会社です。 本日は、この春マネージャーに昇進したメンバーに対しておこなった「新任マネージャー向け研修」の話を。 まず最初にちょっとだけ前提をお伝えすると、スターティアにはこんな役職があります。 リーダー マネージャー シニアマネージャー 部長 執行役員 取締役 組織体はこんな感じです。 課 グループ 部 マネージャーになったら、課というチームを持つことになり、課は5人で構成されます。課員(部下)4人を担当するということですね。 課が複数集

スキ
27

採用を新入社員とともに考える

21新卒が無事に入社しました!ホールディングスでの研修を経て、我々キャリアプロデュースグループ(以下、CP)での研修がいよいよスタート。そのつなぎ目となる日に、リクルートグループから丸一日を使った「会社を知る」研修を行いました。 具体的にどんな内容でどんな意図をもって行ったのかを備忘録のためにも残しておこうと思います。来年同時期に22卒のためにやってもいいなと思いましたし、むしろ半年後の21卒のフォローアップにも活かせそうなコンテンツです。 伝えたかったのは大きく二つ。

スキ
31

拠点の紹介をします!

今日は、新卒の皆さんも配属になる可能性のある各拠点の紹介です。拠点数が都内だけでも増えていますので、改めて一覧になっているnoteがあってもいいなと思い、書いていきます! ちなみに、地図にするとこんな感じです。 この春、新たに麹町オフィスがオープンし、また熊本にも障害者雇用も目的とした新拠点ができる、そんな嬉しい状況です。 ※熊本への支店出店の背景はSDGsにも関わる内容になっています。あわせてこちらのnoteもご確認いただけますと幸いです。 ※これは余談ですが、麹町オ

スキ
10

スターティアのSDGsプロジェクト『StarDGs』を紹介します!

こんにちは!キャリアプロデュース部です。 本日は、よく学生からも質問をいただくSDGsについて書いていきます。当社はホールディングス全体のプロジェクトとしてSDGsの実現に向けて取り組んでいます。タイトルにもありますが、SDGsとStartiaをかけて、StarDGs(すたーでぃーじーず)というプロジェクト名にし、本業とは別で有志で集まったメンバー30名で構成され活動しています。 もちろん、本業があっての活動ですのでバランスを取りながらのStarDGsです。800名の全社

スキ
14

スターティアにいるTwitter人を集めてみました

こんにちは!今日は、スターティアでTwitterをやっている人たちのアカウントのご紹介です。社内のHUBになるようなnoteでいたいという思いがあるので、Twitterアカウントのまとめ的な記事が一つくらいあってもいいかなと思い、書いています。 ちなみに、昨年春先にホールディングス全体の社内報「ほしのわ」にてツイッタラー特集が組まれました。 この時よりもまたTwitter人口が徐々に増えている嬉しい状況です。ということで、今日はホールディングスではなく、子会社のスターティ

スキ
9

2020年を振り返って締めくくりのnote

2020年の業務が終了しました。3月決算の当社ではありますが、今年度から始めたこのキャリアプロデュース部のnoteも年末ということで一旦の節目。振り返りのnoteを書いて、書き納めといたします。 こういう風に振り返るきっかけをくださるnoteさん、素敵なUXをいつも本当にありがとうございます。 いくつかのトピックスに絞って、振り返っていきたいと思います。 [ 大変だった入社式 ] 2020/4/1(水)、20卒の入社式。 大変でしたね。。当社はホールディングス全体での入

スキ
6