武捨和貴

しゃむしゃむのリベルテ通信[出張版](武捨和貴)②


こんにちは。

信州上田市でリベルテという小さなNPO法人の代表をしている武捨和貴と言います。
今回の記事で第2回目。
※第一回の記事はこちら https://note.mu/carebros2017/n/n66569c02e5e9
前回は自己紹介でしたが、今回から少し現場の話を。
リベルテの福祉事業としてスタジオライトという就労継続支援B型と生活介護の多機能で事業を行っています。
ぼくたちは、利用されている方のことを「メンバー」と呼んでいるのですが、メンバー同士もメンバー、メンバーと呼び合っていて、何だか勝手にチームワークみたいなものができていて、(羨ましいので)あわよくばぼくもメンバーだと勝手に思って一緒に過ごしています。
そもそもこの連載やぼくのブログのタイトル「しゃむしゃむ」はメンバーに最近つけられた・・・つけていただいた「あだ名」・・・もとい「ニックネーム」で、ケア会議で関係者が集まる中メンバーが「施設長の武捨さんにあだ名をつけました」と宣言しているので、実はもうぼくはメンバーなのかもしれないけれど…。
そんな感じの雰囲気の現場なので、作業中もメンバー同士、絶妙バランスでおしゃべりしたり、だれも喋らず作業に集中したり、たまーに不安が爆発して飛び出す人もいたりと、比較的自己表現しやすい空気感があるんじゃないかと思っています。
先日も3人のメンバーがスタッフを傍らに、「普通」について(作業中に…)話していたそうです。
その場にいたスタッフの報告では、あるメンバーから「『普通に美味しい』の普通」が分からないという話題がでたそうです。
うわ!確かに&ぼくも迂闊につかってたわ!と思いました。
が、そのメンバーがすごいのはその「『普通に美味しい』の普通」の「普通」について、一般論化、つまり分析し誰もがわかる「普通」という考えとして解説しようと試みたというのです。

この続きをみるには

この続き: 628文字
記事を購入する

しゃむしゃむのリベルテ通信[出張版](武捨和貴)②

GhostS

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

「この記事ヤバい!」と直感的に感じて下さったら、直感的にサポートを!生きづらい世の中、少し風通しがよくなるかもしれませんよー!

今後もよろしくお願いします!
10
いない。でも、いる。