新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

6月議会で、コロナに関して議論して欲しいこと

コロナ対策の各論はともかく、全体として感じる問題を4つ。

ひとつめは、国の意思決定が遅いので、後工程になる地方自治体に大きなしわ寄せが行き、大変なことになっている。

2つ目は、100年に1度の世界的危機なのに、              地方自治体の組織と予算の柔軟性が無い。
疲弊しまくっている部局に大量に人と予算を送り込まないと、      過労死するんじゃないかと思うくらいだが、              コロナ関連部局以外はまだ「平時」の業務体制のままになっている。
大胆な人事異動、従来予算の一旦凍結や集中投下など、
100年に一度の臨戦体制で臨むべき。

三つ目は、民間が多くの協力要請や解決策を提案しても、コロナ関連部局は目の前の対応に追われて、外部からの話を聞く余裕がない。
首長直轄のコロナ対応チームを設置し、外部の力を使わせてもらう連携・調整を強化すべき。

四つ目は、アフターコロナは戦後復興並みの様々な対策が必要となるが、それを立案する戦略的な動きがまだ取られていない。
市町村によって、その重点救済分野は違うはずだから、
ここにも特別チームを設置すべき。

そんなことも6月議会で議案に上げて
しっかり議論してほしいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かしのたかひと

楽しんでもらえる、ちょっとした生きるヒントになる、新しいスタイルを試してみる、そんな記事をこれからも書いていきたいと思っています。景色を楽しみながら歩くサポーターだい募集です!よろしくお願いします!

超うれしいです〜。ありがとうございます!
リクルート、福岡ドーム、メディアファクトリーを経て、映画プロデューサー、ベンチャー経営者、政治家、作家に。