選挙について思うこと 5(市長選編)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

選挙について思うこと 5(市長選編)

この1ヶ月間、マスコミや市民の皆さんから、たくさんの電話やメールをいただいたり、政治関係者からは聞き込みをされたりしました(笑)。

なので、僕自身のことは別にして、
市長選についても一言お願いしておこうと思います。

今回の市長選も前回同様、衆議院選挙と同日となったので
おそらく投票率は50%近くになるでしょう。

僕の時が34%程度なので、高投票率は羨ましい限りです。

16%投票率が上がると20万票ほど総得票数は増えるので
大ドンデン返しも起こる可能性もあります。


一方で、連日のマスコミ挙げての衆議院選挙報道で
すっかり神戸市長選が埋没してしまっているのも事実。

現職については4年間の市政運営の実績をどう評価するかなので
ある意味わかりやすいし、税金を使って広報紙やユーチューブ動画や中吊りなどで、顔と名前を売ることができます。


しかし、新人候補はそれができないので
スタート地点でかなり遅れを取っています。

さらに、コロナ禍で満足な選挙運動もできない状態。

あまりに不利な選挙戦となっています。

なので、投票に行く前に、
もう一度、候補者の人柄や政策、声や表情を
SNSやHP、YouTubeで情報収集してもらいたいです。


せめて各候補者1分ずつ、Facebook投稿の斜め読みでも
構いません。

大事な一票を投じる候補者を決めるために
先入観や印象だけで決めずに、
少しだけ情報収集してから投票に行ってもらえたらなぁと
思います。

#神戸市長選挙 #選挙 #衆議院議員選挙 #神戸 #兵庫 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
かしのたかひと

楽しんでもらえる、ちょっとした生きるヒントになる、新しいスタイルを試してみる、そんな記事をこれからも書いていきたいと思っています。景色を楽しみながら歩くサポーターだい募集です!よろしくお願いします!

超うれしいです〜。ありがとうございます!
リクルート、福岡ドーム、メディアファクトリーを経て、映画プロデューサー、ベンチャー経営者、政治家、作家に。