まだ世に広まっていないビジネスを分かりやすく。 事業者の想いと共に、投資家に届けたい。 CAMPFIRE Startups1人目のプランナー根岸未知。
見出し画像

まだ世に広まっていないビジネスを分かりやすく。 事業者の想いと共に、投資家に届けたい。 CAMPFIRE Startups1人目のプランナー根岸未知。

事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。

日本最大級の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREグループの中で、「あらゆる事業創造=スタートアップ」をクラウドファンディングの力で加速させる存在となることを目指し「CAMPFIRE Startups」は誕生しました。

私たち「CAMPFIRE Startups」は資金調達をしたいスタートアップ企業と、投資したいエンジェル投資家を繋ぐ株式投資型プラットフォーム『CAMPFIRE Angels』を運用しています。

第一回目となる今回のストーリーでは、「CAMPFIRE Startups」のプランナーを特集。
「株式投資型クラウドファンディング」に挑戦する企業の伴走者として、どのような仕事をしているのか、またそこにかける想いを語っていただきました。

根岸 未知
学生時代、文学部の広告作りの授業にてコピーライターの仕事に興味をもつ。
土屋鞄製造所(カバンメーカー)、OSIRO(オンラインコミュニティのプラットフォーム)、BAKE(製菓メーカー)にて販促企画やSNSの運用、コピーライティングなどを経験。
2021年4月より株式会社CAMPFIRE Startups初のプランナーとして活躍している。

1つのプロダクトやサービスだけでなく、様々な業種に関わる仕事がしたい

iOS の画像 (2)

ーーCAMPFIRE Startupsのプランナーに応募した理由を教えてください。

これまではマーケターや制作ディレクターとして、いち商品やサービスの企画・販促に携わってきました。
CAMPFIRE Startupsではテキストを書く仕事を主としながら、様々な業種に関われると感じたためプランナーの仕事に興味を持ちました。
加えて、面接でお会いした皆様が、リラックスして話せるよう配慮してくださり、とても素敵だなと感じたのも決め手のひとつです。


ーー異業種である金融業界へのチャレンジに不安はなかったのでしょうか

最初は金融業界未経験で不安もありましたが、プランナーの仕事にはファイナンスの専門的な知識は必要ありませんでした。もしわからない点が出てきたら、ファイナンスチームに遠慮なく質問できますし、定期的な勉強会で概略を学べます。


ーー専門知識が必要な分野はファイナンスチームに解決してもらえるのですね。ではプランナーの具体的な仕事内容を教えてください。

募集企業にヒアリングしながら社内のファイナンスチームやデザイナー、外部カメラマンさんと連携し、「CAMPFIRE Angels」に掲載するプロジェクトページを制作します。募集企業が言語化しきれていないメッセージまで汲み取れるように、雑談ベースでもこまめにヒアリングしています。オンラインも含め5~6回は先方と打ち合わせをして、ページの内容を考えていきます。ページ内の画像とキャッチコピーを見るだけでプロジェクトの概要が掴めるように、デザイナーともよくすり合わせをしますよ。
ひとつのページを仕上げるのに、かなりの時間を要するので、無事公開された時は嬉しいですね。また、これまでは知る機会のなかったスタートアップ企業の悩みやビジネスモデルに触れ、言語化していくことにも面白みを感じます。


ーープロジェクトを推進していくにあたり多方面でコミュニケーションを取ることが必要となりそうですね。

そうですね。この仕事で難しいと感じることは、プロジェクトページの制作スケジュールがタイトなところ。募集企業の社内調整や審査の都合でプロジェクト化が最終決定するまでに時間がかかり、制作スケジュールが直前まで立てられないのが現状です。プロジェクトの情報開示までのリードタイムが短いと、カメラマンさんなど、外部業者との連携の時間も短くなってしまいます。ファイナンスチームとこまめにコミュニケーションを取りながら、できるだけ前倒しでスケジュールを調整していきたいところですね。

iOS の画像 (4)


ーー今後、どのようなプランナーになりたいとお考えですか

すぐには理解しづらい事業内容でも、わかりやすくプロジェクトページに落とし込めるプランナーになりたいです。
この仕事に就いて初めて知る業界ばかりですが、それはきっと多くの個人投資家に取っても同じこと。募集企業の業界にとっては当たり前の言葉やビジネスモデルの中には、外から見ればわかりにくいことがたくさんあります。自分なりにしっかり翻訳し、読み手に理解しやすい言葉や画像に置き換えられるようになりたいですね。
同時に、動画のディレクションスキルもあげていきたいです。


ーー具体的に理解しやすいプロジェクトページとはどのように作られているのでしょうか。

まず募集企業に最低限盛り込みたいポイントを頂き、骨子を作成。差し込む画像と文章のバランスを考えます。文章は短めのセンテンスを使うことでテンポ良く読めることを意識しています。
またその企業を表すのに最適だと思えるキーワードをキャッピコピーに必ず入れることで、読み手の印象に残る文面作りを心がけています。
プロジェクトページは企業の事業内容やサービスを伝えると共に、熱い想いをアピールする場所でもあります。そのため、幅広いジャンルの本を読み表現方法を日々探究しています。
理想としては、「正確な情報を伝えるビジネス書」と「人の情緒的な部分を伝える文芸書」の間を取れるような文章が書きたいですね。


▼未知さんが担当されたプロジェクトページ

スクリーンショット 2021-05-29 1.37.50


ーー今回初めてディレクションされた募集企業が募集開始5時間半で目標達成しましたね!

そうですね。私自身のこともありますが、建設業界のプロジェクトは弊社で扱うのは初めてでしたし、投資家の皆様からどのような反応が来るか、募集が始まるまではとても不安でした。

ページ制作時は、普段はなかなか意識しない「解体工事現場」での特許技術ということで、当初は表現に苦心しました。どうしたら業界の抱えている課題に共感してもらえるかな、と。どんなにアイデアと想いが詰まった技術でも、重要性や成長性を伝えられないと投資には繋がらないので。

最終的には、募集企業の社長にお話を何度も聞きながら「安全」そして昨今増加している「解体工事需要」にフォーカスして、ストーリーを組み立ていきました。動画やウェビナーから伝わる社長のお人柄も手伝って、蓋を開けてみれば、短時間で目標額に到達できましたね。本当に良かったです・・・!

ワークライフバランスを取りつつ積極的に挑戦できる環境

画像4

ーー会社の雰囲気や働き方などについてお尋ねします。金融業界というとお堅いイメージがありますが実際の社風はいかがでしょうか。

まず働き方ですが、基本的には在宅勤務で、週1〜2回ほど来客がある時にオフィス出社をしています。そのほか、顔を合わせて作業したい時など、社員間で声をかけあって一緒に出社することもありますね。プロジェクトの公開直前は忙しくなりますが、それ以外の期間はフレックス制度や有給も取得しやすい職場で、ワークライフバランスはとても良いと思います。

社員の皆さんは柔らかく、優しい雰囲気の方が多いですよ。
役員の方でもフラットにお話ししてくれるのは良い意味で驚きでした。ファイナンスに関する初歩的な質問にも、優しく答えてくださいます。


ーー最後に、未知さんはどんな方と一緒にお仕事をしたいですか

現時点では少人数チームのため、ある程度各々で仕事を進めていきます。「自発的に問題点ややるべきことを見つけて、仕事に取り組める方」に来ていただけたら嬉しいですね。まだまだ発展途上のポジションなので、自分で仕事のラインを決めず、「やりたい!」「やるべき!」と思ったことに積極的に取り組んでもらえたら活躍いただけると思います。

それと、投資経験があるとなお良いかなと思います。プロジェクトページを読む投資家の皆様と同じ目線で考えられるのは、大きなアドバンテージになると思いますよ。(私自身、勉強中なので、ぜひ教えてください!)


株式会社CAMPFIRE Startupsにジョインしませんか

現在プランナーをはじめ、下記のポジションを積極採用中です。
ご興味のある方はぜひカジュアル面談からお話ししましょう!

画像5

・株式会社CAMPFIRE Startupsの会社情報 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」公式note|運営会社:株式会社CAMPFIRE Startups|第一種少額電子募集取扱業者関東財務局長(金商)第3000号|リスクや手数料はこちらhttps://bit.ly/2WdBI9B