見出し画像

漆塗り職人、保育士を目指す その2

伝統工芸の仕事をするかたわら、友人の誘いで昨年の9月から週一回だけ保育補助をする事になった。

10月に保育士試験を受けて、結果は9科目のうち7科目が合格であったため、残すは2科目。

それからも週一回の勤務は続く。

まったくの未経験であるため、園児の面倒を見ながら得体の知れないオーバー30独身男の面倒も見なければいけない担任の先生は大変だったろうと思う。
申し訳なさを感じずにはいられなかった。

それと、これまで自由に身を浸しすぎた反動で、たったの週一回にもかかわらず勤務日があるという事実は私の心をきつく縛りあげた。

おままごと用のおもちゃで園児がエンドレスに作ってくれるゴハンをアムアム言いながら食べるフリをしつつも、木工品の納期が頭にチラついたりして、「わしゃ一体ナニをしとるんだろうか、、、」と思うこともしばしば。

最初の2〜3ヶ月は、軽々しく保育の仕事を始めた事を猛烈に後悔していた。

だが年度末が近づいてくるとどうだ。
子ども達も週一回しか来ていないこの私を「ちばたちぇんちぇー(しばたせんせい)」と認識してくれているではないか。

卒園式も終わり、満3歳児の保育クラスだった子達は幼稚園クラスに持ち上がりである。

私もなにやら巣立ちの喜びと若干の寂しさを感じていた。

そして春休みの預かり保育での事だ。
愛しの元3歳児クラスの子が現るやいなや、「ちばたちぇんちぇー!」と喜びの第一声を上げてくれたではないか。

極めつけはその日の園庭遊びである。
空は快晴で、桜は猛烈に満開であった。

準備の遅い子と最後に園庭の入り口に立つと、先に出ていた元満3歳児クラスの子が、
「ちばたちぇんちぇー!いっちょにちゃくら見にいこ!」
と玄関口まで呼びに来てくれた。

なんという愛くるしさ。
この世にはこんなにも完璧な一日があったというのか。

その完璧な一日が私の心にようやく火を付けた。

保育士試験まであと2週間と迫っていたのだが、試験勉強をことごとく後回しにしていた事を悔いた。

保育の仕事を始めたきっかけこそ、ただ友人に誘われたからといういい加減なものであったが、私はきちんと「ちばたちぇんちぇー」になりたいと、その時はじめて思ったのだ。

あ、また長くなってしまったので続きは次回。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
若手職人の絶望日記

みなさまのご支援で伝統の技が未来に、いや、僕の生活に希望が生まれます。

今のがスキ・オブ・ザ・イヤー
15
京都で漆と木工の仕事をしている脱サラ職人。父は職人歴50年のガンコ者。絶望的な経済状況の中でおもしろおかしく生きていこうとする、希望にあふれた職人の生きざまをご覧あれ。僕はアウトドア漆器ブランド「erakko」を立上げ活動しています。https://erakko.jp/