第4回 音声配信についてのガチトーーク
見出し画像

第4回 音声配信についてのガチトーーク

かぁこ@バツイチ女の生態

※この記事は2021.8.25に配信された【あげ妻×かぁこ×おすし(AAA)】のコラボライブの内容を一部テキストにまとめたものです。
※最後の3文以外はすべて無料で読めますので購入不要です。サポートしてくださる方のみ100円でご購入ください。
※引き続き、配信内容をテキスト化したものを読みたい方は、是非"いいね"をお願いします。

■音声配信を続ける理由 
つまるところ…【SNSを通して自分はどうなっていきたいか】

おすしとして影響力を持ちたい。
地元になにか還元するのが夢。
具体的にはクラフトビールを作って売りたい🍣
明日をくだらなく、楽しく生きたい。
SNSは、面白い人(変態)と知り合うためのツール💜
自己顕示欲が満たされる場。
SNSで普段出会えないような人と出会って、その人達と、世の中に価値を生み出せたら💛 

エンターテイメントが日常になる。

それがSNSの魅力。
使い方次第で、数年後の未来が変わる。 
そんな可能性を秘めているのがSNSの最大の魅力。


今回のスペシャルゲストちーさんの場合、銭湯が好きで2年前からtwitterなどで発信活動を始めた。
ちーさんが飛躍するきっかけとなったのは、ろりラジ。

しんたろーたりーさんが、ちーさんのブログを見てくれ、『まとめることが得意そう』と助言をもらった。
そこからは、とにかく毎日、動画編集→イラスト→音声配信→デザインを継続した。

様々なHPやサムネイルを作り続け、今やtwitterのフォロワー数1600人を超え、『仕事を任せたい』という依頼が複数入るまでになったため、フリーランスとして独立することも視野に入っていきいると言う。

(ちーさんのtwitter)

自分の魅力は人から言われて初めて気づくことが多い。
見ていてくれる人がいるのがSNS。
人から見られているからこそ、自分の魅力に気づけるだけでなく、発信を継続するモチベーションも生まれる。
普段の生活ではできないことに挑戦できるのがSNSの最大の強み。

その中でも、音声配信は匿名で顔も出さずに気軽に始められるという性質のもので、なおかつ、日本ではブレイク直前と言われていることもあって、音声配信をきっかけに、SNSでの発信活動を始める人が増えた。

さて、あなたは何を目的に発信をしていきますか?

あなたは権力を求めるタイプか、愛を求めるタイプか。

分かりにくいですかねぇ?AAAの3人を例にあげるとこんな感じ。

✾権力(影響力)を求める…あげ妻
✾愛(人との深い関わり)を求める…おすし
✾折衷型…かぁこ

そのためにどのプラットフォームをどのように使っていくのかを考える必要があるかもしれない。
おすしを例にあげると、himalayaよりも、人との関わりが生まれやすいstand.fmとの相性が良いと考えられる。

■音声は相手に深く刺さる。

あげ妻主宰のオンラインコミュニティ
【A_Vision++】の第1期生の内訳を算出してみたら、なんと100%音声配信経由であった。

(あげ妻主宰オンラインコミュニティの概要)

あげ妻さんのフォロワー数で一番多いのはInstagramで約3500名。
音声配信ではstand.fm、himalayaの順にフォロワー数が多いが、参加者のうち一番多かったのはhimalaya経由であった。

あげ妻さんは、himalaya ではパートナーシップについての配信を着実に続けてきており、他のプラットフォームに比べると決してフォロワー数は多くないが、確実にリスナーの心に刺さっていることが分かり、【音声配信は深度が高い】を数値化できたと思ったそうである。



最後に

この続きをみるには

この続き: 176文字

第4回 音声配信についてのガチトーーク

かぁこ@バツイチ女の生態

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
♡♡
かぁこ@バツイチ女の生態
良い嫁、良い妻を生きてきた優等生キャラ。 2020年にすべてを捨てました。 2021年からフリーランス。 2022年はもっと自由にいろんなところに行きたい。