ことばのゆくえ、こころと社会のあいだ#4
見出し画像

ことばのゆくえ、こころと社会のあいだ#4

C²-Wave 六本木けやき坂

回復

人が心に深い傷を負ってしまった時、言えることが二つある。悪いことといいことだ。悪いこととは、傷がすっかり癒えることはないということ。いいことは、悲しみ苦しんでいる時だけが失った人と再会できる唯一の機会なのだということだ。だから苦しむことや悲しむことを恐れたり誤りだと考える必要はない。ただつらい重荷を抱えながら前へ進む力がやがて湧き上がってくることを忘れなければいい。

『ウィンド・リバー』(2017年アメリカ 脚本・監督:テイラー・シェリダン)

 人が泳ぎを覚えるための近道は、手足を動かし水を切って進む「泳ぎ方」よりも「浮き方」、つまり人は沈まずに「浮く」ものであることをなによりもまず体験することだとか。浮く体験による安全と安心の確認と慣れとが水泳の上達を早めるわけです。同じように、子どもが補助輪を外した自転車に乗れるようになるコツは、足をペダルに素早く載せこぐことよりも、補助輪の代わりが足であり両足で体と自転車を支えれば倒れないことに慣れてゆくことです。やがて体は水に浮き、自転車のサドル上でバランスをとるようになってゆきます。

 人の心にも似たようなバランスと回復の力があると言われています。精神的な耐久力や復元力、強靭さといった力が私たちには本来備わっていて、そうした力を取り戻し駆使することによって、いま置かれている厳しい精神状況を徐々に脱し、これからの生活や生き方に自信と可能性を見出すことができるというものです。その実現に向けたさまざまな本人の取り組みや周囲のかかわりが提案あるいは模索されるようになりつつあります。レジリエンス、リカバリー、ストレングス、あるいはエンパワメントといった言葉なり概念が最近は一般にも知られ、言及される機会が増えてきています。

 ただ、何かしら特別感なり専門性を感じさせるこうした横文字は、しばしばそれで何かを端的に言い得た感のある言葉として、またそれによってより高位で正確な概念規定が行われているかのような説得力が無意識に付与されてしまう感がなくもありません。
 専門家あるいは援助側に立つ者は往々にして、目新しい理論や知見、旬な発想や技法に目が向きやすく、その可能性を過大に見積もり人や問題に対処しがちです。そこから推測、演繹された道筋に安易に沿って人や症状を理解し説明、指導治療しようとする誘惑と危険が常にあることに自覚的でなければならないことは、自戒も込めて痛感するところです。
 考えてみれば、「レジリエンス」といった実体が存在するわけでもそうした精神機能の普遍的科学性が十全に実証されたわけでもありません。当然あると仮定しながらどの人にも関わることにはよほど慎重にならなければならないのです。

 たとえば#3 沈黙でも触れたように、人の耐える力や回復力では太刀打ちできないほどの桁違いの心理的ストレス状況を体験してきた人も世の中には存在します。だからそれぞれの沈黙に込められた”口に出せないわけがある”ことに繊細に関わり、その人の心に何が起きているのかを根気よく見定める必要があります。

 冒頭引用した文章は、私がたまたま見たある映画の中で演者が発した台詞(正確な一言一句ではない)です。喪失体験への深い洞察に基づく重い言葉だとは思います。しかし、もしこれを大切な人を失い、深い悲しみと自責の念に苦しんでいるただ中の人に対する言葉掛けなり助言としてはどうだろうか?と考えてしまいます。たしかに結論なりゴールはそうなのかもしれません。けれども今それを語られても受け入れがたく、できないことを説得されているようにも感じられるでしょう。心の傷をさらに深くするものでしかないかもしれません。
 回復とは、言われ納得したから「成る」ものではありません。正解から逆算し「治す」のではなく、その人なりに辿る「治っていく」さまざまに揺らぎあるプロセスの先のいわば「悟り」が、こうした言葉の表現となっていくのだろうと思のです。

 すべて人は複雑で特別です。科学的知見や理論に基づき誰にも共通して普遍的に対処できる部分は当然あるし、そこを外してはならないのは言うまでもありません。ただ、精神的な苦悩とはそうした一般的でないそれぞれの特殊事情にこそ本質が潜んでいるという視点も軽視されるべきではありません。目に見える障害や症状は人を人として理解するための情報のひとつにすぎません。症状や思考、行動の背景にある生活や生き方といったそれぞれが生きてきた「歴史」や「文化」もまた理解される必要があるのです。

 支援者は、できるだけ寄り添いたいと細かくたずねようとする。しかし、それは手術のメスのようなもので、支援的に働くこともあるが、同時にその人を脅かす侵襲性をもったものになる。そのことを忘れずにいたい。その人はその人なりの回復力(レジリエンス)と回復の道筋があり、それを見守る事も大切なことだ。見守られていること自体がその人の回復力を強めるのだ。

(青木省三『ぼくらの中の「トラウマ」-いたみを癒すということ』筑摩書房、2019)


画像1

 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
C²-Wave 六本木けやき坂
メンタルケアとカウンセリング専門相談室C²-Wave六本木けやき坂のアカウントです。仕事現場や日常出会う人々の発する言葉にどう向き合っていくか日々模索しています。https://www.c2-wave.net/ ブログ:https://c2waveblog.exblog.jp/