C²-Wave 六本木けやき坂
ことばのゆくえ、こころと社会のあいだ#9
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ことばのゆくえ、こころと社会のあいだ#9

C²-Wave 六本木けやき坂

 しかし、ぼくはカテドラルよりは人びとの眼を描きたい。カテドラルがいかに荘厳で、圧倒するような印象を与えようと、そこにはない何かが人間の眼にはあるからだ。一人の人間-それが哀れなルンペンであろうと、夜の女であろうと-の魂はぼくの眼にはもっと興味深いものなのだ。

『ファン・ゴッホ書簡全集』第四巻、二見史郎訳、みすず書房 1963

 数年ほど前のある日、日頃からよく立寄る仕事場近くのカフェで注文の列に並ぼうとしていると、顔見知りのお店スタッフもちょうど勤務中だった。接客サービスの仕事が大変なのは、体がいくつあっても足りないほど忙しい状況でも、明るい笑顔と礼儀正しくていねいな言葉使い、顧客に対するきめ細やかな配慮といった対人社交スキルを発揮し、「感じの良さ」を常日頃から期待されるところだろう。その知人も例外ではなく、忙しくてきぱき立ち回りながらもほがらかな笑顔で接客に励んでいた。
 数時間後、用事を済ませて仕事場へ戻ろうとしていた途中、突然声を掛けられたので振り向くと、さきほどの知人が別の飲食店の店先のテーブルから私に向かって手を振っていたのだった。遅い昼休中という知人の顔には、先ほどの仕事中同様にこやかな笑みが浮んでいた。けれども、その笑顔は文字通り満面の笑みといった自然体のそれだったのに比べて、数時間前に見かけた笑顔は少し違った印象のものだった。

 「こんにちは。さっき(お店に)寄ったんだけどすごい混みようだったから途中でやめちゃった。」
「あ、ごめんなさい。そうなんです。今日は変な時間帯でいつもより人が多くて大変でした。」
「でしょうね。さっきお店でちらっと見た時は眼笑ってなかったから。」
「え~見てました?やっぱり。結構パニックだったかも」と今度は苦笑。

 この「眼(目)が笑っていない」は、私たちがしばしば見せる顔の表情のひとつであろう。人間の顔には多くの表情筋といわれる筋肉があり、これの無意識的で複雑な働きがさまざまな表情をつくり出す。表情筋は口元に多いとされるが当然目の周辺にもある。たとえば私たちが心から喜びを感じたり、おもしろいと思うときの笑いは、口元の表情筋に加えて「目を細める」「目じりを下げる」などといった目の周辺の筋肉も連動して働くことで、「本当の」笑顔ができあがる。ところが、精神的に笑える状況にはない時に意識して笑顔をつくろうとすると、私たちの表情筋のメカニックは思ったようにスムーズに動いてはくれない。目元の筋肉の連動は制止され、どことなく不自然で硬い表情の「偽りの」笑顔、つまりは「眼が笑っていない」表情をつくり出すのだ(もちろん両者にほとんど区別がつかないなど個体差は当然にある)。
 逆に考えれば、眼(目)は私たちの表情づくりには決定的に重要なものでもあるということだ。まさに「目は口ほどにものを言い」、「目にもの言わせる」力があると思わせるのだ。

 私たち人間はさまざまな意思疎通手段を持っている。言葉や読み書きといった言語コミュニケーションの発達は、人類の驚異的な知の飛躍に圧倒的な貢献してきたのは疑いがない。けれどもその歴史は人類史のなかではほんの一コマ、驚くほど短い。むしろ身振りや手振り、仕草や動作、言葉にならない発声といった非言語的意思伝達手段のほうが圧倒的に長い歴史がある。いわば使いなれた馴染みある道具なのだ。そして顔表情はそうした長い歴史を持つ道具のうちでもとりわけ重要なものだったに違いない。
 私たち人間は、互いにほとんど違いのない顔という身体パーツ上に、顔表情や顔色という手段を介して、意思や意図、感情や健康状態といった実に複雑かつ多彩なメッセージを込めてやり取りをし、その後のふるまいや態度、行動に機敏に反映させる不思議な能力を有する動物である。不思議というよりこれは、犬の嗅覚や鳥類の視力同様に驚異の能力なのだ。

 そうして考えてみると、マスク着用が半ば義務化常態化し、会話も極力控えるような生活が日常となっている今のコロナ禍の社会において、言葉のやり取りが減る事に加え相手の表情をうまく読み取れないことで感じるストレスとは、案外私たち人間の根源的な欲求不満なのであろう。
 とりわけ幼児・児童の健康な情動の発達や対人コミュニケーション力などに悪影響が及ぶのではないかとの懸念は十分傾聴に値するかもしれない。なにしろ、先に述べた私たちヒトの驚異的能力発揮のベースともなる顔や顔色の大半が覆い隠されてしまっているのだから。
 

 ところで、そんなマスク着用が常態化するなかでの一対一のカウンセリングがはたしてうまくいくのだろうか、という懸念を当初抱いていた私だったが、カウンセリングを重ねているうちに少し考えを変えるようになった。なぜなら、相談者がマスク着用によって無理に顔表情を作らなくて済むと無意識に思う分、かえって眼には自然な自分の内から沁みだしてくるなにものか、切実な真実が映りこむようにも感じられるからだ。
 顔表情全体は豊かな情報を込められるが、そこにはある種のノイズ(真実とは別の構えや守り)もまた混じりやすい。そういった意味で顔表情がほぼ眼にだけ集中されることは、カウンセリングという特殊な場においては逆に良い方向へ働く場合もあるのかもしれない。

 そして、眼に注意を向けるその効果なのかどうかはっきりとはしないのだが、最近、「この人の眼はどこかで見たことのある眼だ」という既視感情を覚えることがしばしばある。当事者の性別や年齢、体験や症状などに共通するものも見当たらないことも多い。たとえば過食性障害に悩むある二十代女性の眼は、不安障害と抑うつ症状から度々職場を転々と変えざるを得ない50代男性の眼とどこか似ているとある日思い当たった、などというように。
 全くの個人的主観にすぎないのかもしれない。だがたとえばトラウマ体験の記憶は、とてもしばしばいつまでもリアルで生々しいものだ。その映像は本人の眼にありありと映ってきたはずである。心が負った深い傷の痛みのメッセージは、止まらない出血のように無意識に眼からみだすものかもしれない。人の身体機能は加齢とともに衰えていく。眼もまた同じだろう。けれども眼が発する心のメッセージだけは年齢も衰えも、そして過去もない。

 その眼は半分閉じられ、瞳は昏(くら)く、とても美しかった。多くの苦悩を見てきた老人の眼。だが、彼女自身はとても若い。

エイドリアン・マッキンティ『サイレンズ・イン・ザ・ストリート』早川書房 2018年

 ゴッホは眼のなかに人の魂を見た。
 人柄や性格、心身の状態は「顔に出る」とよく言われる。だが、最もよく出るのは「眼」だと思う。表情は創ることはできるし取り繕うこともできるが、眼はそうはいかない。眼はどこか真実を語りたがるのだ。

き雲』 (関連記事)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
C²-Wave 六本木けやき坂
メンタルケアとカウンセリング専門相談室C²-Wave六本木けやき坂のアカウントです。仕事現場や日常出会う人々の発する言葉にどう向き合っていくか日々模索しています。https://www.c2-wave.net/ ブログ:https://c2waveblog.exblog.jp/