NFTプロジェクトの資金はどういった使い方をしていくんですか?

BUSON

NFTプロジェクトの資金はどういった使い方をしていくんですか?

ホワイトペーパーに明記しておりませんでしたそういったご質問をいただいたので、こちらに記していきます

明記しておりませんでしたが、これまでは主にマーケティングと制作活動費として使用してきました。

渋谷スクリーンジャック


台湾展開


ポップアップ  



上記はCryptoBabyAnimalsの初期の頃のマーケティングで取り組んできたことです。

ここからNFTプロジェクトの戦略を変えCryptoBabyAnimalsを999点のコレクションとするために手書きで制作する時期に突入しました。

4月に999点完成→NFTプロジェクトにフルコミットすることを決意し12月リリースするしきぶちゃんShikibuWorldの制作に取り掛かる→7月に7割ほど準備が整ったため、NFTコミュニティーであるキャラDAOを立ち上げました。

ここからマーケティングを再開し、キャラDAOは1ヶ月間で4,000名以上の方が参加しました。

今後はキャラDAO発展のために資金を使用していきます。(キャラDAOの発展=CryptoBabyAnimalsの発展にもつながるため) この部分については改めて考え追記していきまし。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
BUSON
NFTアーティスト/イラストレーター/ 漫画ブロガー/会社経営/SNS総フォロワー数100万人/YouTube13万人チャンネル登録 Twitter https://twitter.com/BUSON2025