見出し画像

【メンテナンス】 991 - 法定12ヶ月点検(+α)

納車からちょうど1年、6,000km(+12,000km)。

ディーラーからご案内があり、オイル交換インジケーターも点いたので12ヶ月点検のためにポルシェセンター横浜青葉さんに入庫。

消耗品:タイヤとブレーキ

ちょっとドキドキだったタイヤとPCCBは・・・

タイヤ残量:フロント 6.4mm / リア 5.8mm
ブレーキパッド残量:フロント 10.2mm / リア 10.4mm
ブレーキディスク摩耗量:フロント ±0.0mm / リア ±0.0mm

・・・なにこれぜんぜん減ってない。

ブレーキパッド残量は納車時から0.1mmずつしか減ってないし、ディスク摩耗量に至っては前回=納車時との差分が測定限界以下だったとのこと。タイヤの減りもとっても少ない。ポルシェは消耗品がたいへん、特にタイヤとブレーキには泣かされるよー、なんて言ってくれてたポルシェフリークの人たちが腹を立てそうなレベル。

そんなに気を遣ってたわけでもなくて、街なかをチョロチョロ走るより長距離と山坂道を楽しんでたというぐらいなんだけど、サービス担当氏もちょっと驚く有様。クルマに(も)優しいオオタさん、健在の模様。

タイヤは購入時に新品交換して頂いたんだけど、当時標準のPirelli P ZEROではなくポルシェ認定されたばっかりだったMichelin Pilot Sport 4S 。これも持ちの良さに貢献してるのかもしれない。とにかくミシュランはいつだって素晴らしい(というよりピレリがダメなのか)。

そしてなによりPCCB、新車購入だったらぜったい躊躇しそうな高額オプションだけど、前評判どおりのメンテ要らずっぷり。この調子だったらむしろ・・・元を取るとまではいかずともそこそこ行けちゃうお得な装備ということになりそうな予感。

画像1

足回り軽くなるしものすごくよく効いてコントローラブルだし何よりカッコいいし、スポクロ/スポエグと並べてポルシェオプション三種の神器とでも言っておきたい。ついててよかった。

エンジンオイル

もひとつ気になるエンジンオイル交換はというと、

Mobil 1 SN 0W-40:¥308(100ml単価) × 80 = ¥24,640-
CAP : ¥1,155-
FILTER : ¥7,150-

これも有名なエクスペリエンス(?)、交換容量なんと8リットル。これは昔の空冷でも今の水冷でもあんまり変わらないらしい。ポルシェのことだからこんなに重たいものをムダに積むわけもなく、ドライサンプだし(おまじない)、まあこんなもんなんでしょう。

それより、最近のクルマはエンジンオイル交換のインターバルがとても長くなってて以前乗ってたアウディA4なんかは3万kmとか4万kmとか無交換+たまに補充で大丈夫なんて言われてたけど、991は5,000-7,000kmでの交換推奨。オーナーが自分で手を入れる隙がほとんどできないクルマでもあるし、この短いインターバルは「細々とちょっかいをかける感じ」でなんだか嬉しい。いや、お値段的にそんなことも言ってられなくはあるけども。

ほか、なにも起こらず。

あとは水漏れオイル漏れなどもなく機関良好、というかぜんぶ良好。

最近のポルシェはとにかく壊れないと聞いていたけど、それにしてもこれだけの高性能・少量生産車なのにこんなに気を遣わずいつでも元気というのは本当にありがたい。

手がかかるほうが可愛いというのもよくわかるけど、いや若い頃はシトロエン(Xantia)だのフィアット(バルケッタ)だのに好んで乗っていたのでわかりすぎるぐらいわかるけど、この歳になるともう面倒なのはイヤだし、いつでも応えてくれる相棒でいてくれることは何より嬉しい。

ついでながら、屋根付き+カバー保存なのでお肌もピカピカ。コーティングはメンテすらも必要ないとのことで、10万円かからずの楽しい12ヶ月点検でございました。ということで、

画像2

無事帰宅。おやすみなさい・・・

・・・

・・・

・・・あっ。

画像3

待ち時間に、ちょっと試乗させていただきました。
992、満漢全席のCarrera 4S。そういえば四駆の911は初めて。

画像4

0-100km/h加速4秒切りのモンスター。加速性能だけならスーパーカーの領域に入り始めた992。そんなの必要か?とか言っていられるのは評論家のレビュー記事を読んでいるうちだけ。

いやあ、よかったです。めちゃくちゃ。

スムーズではない路面でフル加速しても全く乱れないのは四駆ならでは。いやはやビックリした。操る楽しみがあるのはRRのほうかもしれないけど、ロングドライブならこれは確実に威力を発揮しそう。これだったら日帰りで山形往復ぐらいしてもなんともないだろうなあ。

大迫力のフロント20インチ/リア21インチのホイール、もはや土管のような出で立ちだけど、これで乗り心地は素晴らしい。代車でお借りした日産マーチよりなんだか乗り心地いい。相変わらず助手席性能も高い。

気になるサウンドは、991.2よりちょっとだけおとなしく。スポエグは装備されてたけど、ウチのみたいな「バリバリバリ」といった荒々しさはだいぶ影を潜めて、こっちはジェントルで乾いたいい音。DPF(微粒子フィルター)が義務化されたし、まあこれはこれ。

あ、PCCBついてました。必須ですね。はい。

992はちょっとだけ大きく、重くなったけど、街なかを普通に走ってても交差点をゆっくり曲がるだけでも楽しい911は健在。これがアストンやフェラーリと違うところ。昔からのちゃんとした911だし、ちゃんと新しくなってる。あれこれなんだか落ち着いてしまってつまらない、なんておっしゃる方もいるらしいけど、やっぱりポルシェのやることに間違いはないな、と。

いいなあ。ウチの991もいいけど、992もいいなあ。

・・・と、そして改めて、ポルシェ最大の欠点・問題を再認識。

買い替えたくなるんじゃなくて、もう一台欲しくなるんだな。

画像5

納車依頼1年ぶりになってしまった担当セールス氏、そしてサービス担当氏とすっかり話し込んでしまったんだけど(お忙しいのスミマセン)、みなさん一様に

「お売りして本当に良かった」

って言って、思って下さっているのが何よりのポルシェ・エクスペリエンスだなあと、決意(ないしょ)も新たにお店を後にしたのでございました。

買って本当によかった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
公私織り交ぜての徒然コラムをノージャンルで書いてます|デザイン思考家|株式会社コンセント|常葉大学 非常勤講師(インフォメーションデザイン)|NPO法人 人間中心設計推進機構認定 人間中心設計専門家
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。