老紳士の記録、あるいは覚めない夢の話

 私の名前はオンギョウキ。老紳士と名乗った方が皆さんには馴染みがあるだろうか。

 飼い主であるイトウ氏の『文鳥生活』という本で私のことを知った読者も多いだろう。僭越ではあるがここでは私の人生を振り返りたい。

 私は青森県で生まれた。そして初夏の頃に五羽のきょうだい達と一緒にこの東京へ連れられ、イトウ家に引き取られた。勿論その時の記憶は無いが、それが私の初めての旅だ。

この続きをみるには

この続き: 6,979文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
収録作品「老紳士の記録、あるいは覚めない夢の話」「文吉の恋」「大奥―十姉妹のおんなたち」「文鳥香」「手乗りの地平〜荒ぶる文鳥の日々」

小説集「老紳士の記録、あるいは覚めない夢の話」のnote版です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文鳥堂

サポートありがとうございます。文鳥たちのエサ代になります。

3
文鳥って最高ですよね