ブッダかずひさ

ライトワーカー、音楽家。 全人類ブッダ化計画の指導者。 世界を変えるために活動している。 https://buddhakazuhisa.com

ブッダかずひさ

ライトワーカー、音楽家。 全人類ブッダ化計画の指導者。 世界を変えるために活動している。 https://buddhakazuhisa.com

    マガジン

    • あるブッダの自叙伝

      ブッダかずひさの日常を叙事詩的に書き綴る日記。

    ウィジェット

    • ブッダかずひさ - 音楽
    • ブッダかずひさ - 愛する人よ
    • ブッダかずひさ - 通り雨の空
    • ブッダかずひさ - 光の歌

    最近の記事

    lock

    【開封動画】カメラ買ったよ!

    この動画はマガジンを購入した人だけが視聴できます

    スキ
    1
      • マガジンリニューアルします!

        ※試聴版です。オリジナル版(04:59)はマガジン購入すると視聴できます。

        スキ
        1
        • 音楽は瞑想だ

           「音楽」と一口に言っても、いろんな捉え方や関わり方がある。僕にとって、音楽とは瞑想だ。まずは、その結論に至った、僕と音楽との関わりについて話す必要があるだろう。   僕は音楽を創る人だ。16歳の頃から、音楽を創っている。音楽を創るというのは、簡単なことではない。なぜなら、誰でもできるから。誰でもできることほど、難しいものはない。  例えば、ピアノを直感的にガンガン叩いて音を出して、それをテープに録音すれば、それは立派なあなたの作品である。しかし、ほとんどの人はそうは認識

          スキ
          6
          • 人生には波がある

             いい時もあれば、悪い時もある。それが人生だ。ずっといいなんて、死んでるのと同じ。ずっと悪いのも死んでるのと同じ。波があるからこそ、私たちは、そこから様々なことを学ぶことができる。

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • あるブッダの自叙伝
            ブッダかずひさ
            ¥1,000 / 月

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            本物の縄文時代

             本物の縄文時代なんて、誰も見たことない。見たことないなりに、現代人の想像力で、あれこれ想像し、それぞれの仮説を出している。であるが故にそれらは偽りなのである。

            スキ
            4

            終わる世界と始まる世界

             今日は村の産土様の祭りだった。集落の産土神社は地図に載っていない場所にある。私が今住んでいる村には2ヶ所の産土神社があり、1ヶ所は山の麓に、もう1ヶ所は山奥にある。

            スキ
            4

            修行は遅れている

             人は時に、残酷な真実であっても受けれなければならない。くだらないプライドでそれを覆い隠しても、冷厳な現実からは逃れられない。

            スキ
            3

            インスピレーションは常にうつろう

             インスピレーションは儚い。インスピレーションは常にうつろい、一つのところにはとどまらない。だからこそ、記録に残しておく必要がある。

            スキ
            1

            旅の終わり

             旅は終わった。最初の日に、この旅の理由について考えていた。その答えが出たようだ。この旅で私が学んだこと、それは一言では言い尽くせない。しかし、確かに、あらゆる面で成長できた。

            スキ
            5

            めぐりが悪い日の過ごし方

             宇宙にはリズムがある。そして、そのリズムは一定ではない。音楽において、起承転結があるように、宇宙のリズムにも起承転結がある。  ずっと鳴りっぱなしの音楽はただのノイズであるように、人の調子もずっと一定だと、それは生きているということにはならない。心電図で言うと、一定のシグナルは死を意味する。

            スキ
            3

            抜群のご利益

             「抜群や!」本尊のご利益を堂々と信者に語る師匠の姿を思い出した。迷いの霧が晴れた時、私は自分の仕事に誇りを持つようになった。

            スキ
            2

            今、鳥取に来ている理由は何だろうか…

             あらゆる物事には理由がある。ある物事の理由を探るのに、表面的な言葉に意識を奪われていては、本質を見失う。私は今、鳥取に来ている。その理由を表面的な言葉で言い表した瞬間に、たちまちに真実は潰えてしまうだろう。

            スキ
            3

            叙事詩

             私は普段、説法を行なっているが、そこでは普遍的なロジックで真実を伝えるように心がけていて、極めてパーソナルな内容は伏せている。しかしながら、極めてパーソナルな内容にこそ、学びはあるものだ。なぜなら、それは神話だからだ。

            スキ
            2

            プロローグ

             地球の時間軸は早く、そしてゆっくりだ。私は自然と戯れながら、瞑想修行に励んでいる。如来となって、はや5年。如来といえど、修行は尽きない。極楽浄土で瞑想を続ける阿弥陀如来のように、全宇宙が悟りを開くまでは、私は涅槃へと旅立てない。それは悟りを開いた者の宿命であるとも言える。

            スキ
            4

            自分のアイデアを育てるには

             アイデアというものは、使わないと育ちません。どういうことかというと、頭の中に保存されているだけだと、エネルギーとして弱いままだということです。  素敵なアイデアにめぐり会えたなら、すぐにそのアイデアを使いましょう。アイデアを実現するために、すぐに行動に移すも良し、人に話すだけでもアイデアは育ちます。  多くの人が、アイデアを温存したがります。自分のアイデアが素晴らしいものだと過信しています。いつかここぞという時に使うために、誰にも教えずに、心の中の引き出しに、そっとしま

            スキ
            4

            神様修行記3:全てが修行

             今、神様から修行を受けている。神様からの修行は一切無駄がない。日常生活のあらゆる場面が修行のための道場と化す。本来、修行というのはそういうものなのだ。  「今は修行中」「今は修行中ではない」と時間を切り分けるのは、本当の修行ではない。人は生まれてから死ぬまで、全てが修行なのである。ただ、修行の密度が人によって異なる。「今は修行中」というのは、ある意味で、日常の平均的な修行の密度に対して、より密度の濃い時間を設けているにすぎない。  例えば、狭義の瞑想がそれである。ここで

            スキ
            2