TOEFL初受験終了!受けた感想とか反省とかいろいろ
見出し画像

TOEFL初受験終了!受けた感想とか反省とかいろいろ

はじめに

こんにちは~ソラです^^

今回は10月9日に初めて受けたTOEFLの感想や反省点などを備忘録として記録しておこうと思います!

今回はあまり勉強ができなかったり受験についての知識があまりなかったので、受ける前に知っておいたらよかったことなどまとめようと思います!

受けてみた感想

・長すぎる

まず受けてみて一番の感想は、とにかく「長い」ということです笑

実は私は本番を受けるまで一度も試験全体を通して問題を解いたことがなかったので、実質本番で初めて最後まで問題を解きました笑(なんでやらなかったんだって話ですよね)

なので、私のように長時間集中することが苦手な方は、少なくとも一回は本番と同じ時間から初めて試験全体を解いてみることをお勧めします。

・集中が途切れる

もう一つ私が試験を受けて思ったのは、周りの声で集中力が途切れやすいということです。

ご存じの方がほとんどかもしれませんが、TOEFLは会場についた人から順番に試験を受けることができます。

そのため、早めにつくと最後のライティングをしている間に周りの人が話し始めて集中できないということになります。

逆に、遅く会場につくとまだリスニングをしているのに周りが話し始めて全然集中できないということにもなります。

どちらの方がいいかはもちろん人にもよりますが、私は遅めの方がいいと思いました。

TOEFLは、初めにリーディングとリスニングを受け10分の休憩をはさんでからスピーキングとライティングがあるのですが、先に試験を始めた人がいると休憩中にほかの人のスピーキングの回答をこっそり聞くことができます。

そこで、運よく聞けたらスピーキングでどんな問題が出るかわかっちゃうんです。そのため、ちょっとスピーキングに自信がない方はそこでほかの人の回答を聞いて先に自分の回答を作っておく、というのも作戦の一つです。

反省

・もっと数をこなせばよかった

私は性格上直前にならないと本気を出さないタイプなので、正直本当に勉強をしていませんでした。リーディングとリスニングはまだしも、スピーキングとライティングはほぼ初見のような状態で受けることになりました。

なので、スピーキングの一問目は緊張のせいで大コケしました、、

TOEFLの問題はどれも数をこなしていけば問題形式にも慣れてきて点数も上がっていくものだと思うので、わからなくてもとりあえず問題をこなしていくといいと思います。はじめは単語を覚えるところから並行して、どんどん問題を解いていくのをおすすめします。

・時間を計って問題を解く

リーディングは時間を計って解く方は多いと思いますが、私はリスニングの練習をする時に回答時間を計っていませんでした。そのため、選択肢をじっくり読んでいたらいつの間にか時間がたっていて、最終問題の時は10秒も残っていませんでした。

なので、すべてのセクションにおいて毎回時間を計ってこれくらいか、と感覚をつかんでおくと、本番の時もあせらずに問題を解けると思います。

結果

実は、この記事はTOEFLを受けた日に書き始めたのですがあまりにも手が進まずもう試験結果が返ってきてしまいました笑

なので、ここに結果も載せておきますね。

トータルスコア:77
リーディング:22
リスニング:19
スピーキング:17
ライティング:19

正直こんなに取れると思っていなかったのでびっくりしました。あと三点で80点だったのでちょっと悔しいですが、大学のボーダーは越えられたので良かったです!

TOEFLの勉強法についてはいつか記事にしたいと思っているのでまっていてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。また次の記事で!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキ!!
海外進学する女子高生の話 insta: @ study__sky._