ぶれるめん
【ショートストーリー】イラスト+BGMに、2人の作家がそれぞれ異なる物語を書く!? 3⃣ファンタジー
見出し画像

【ショートストーリー】イラスト+BGMに、2人の作家がそれぞれ異なる物語を書く!? 3⃣ファンタジー

ぶれるめん


【イラストに物語つけてみた!】(第一弾)のラストは『ファンタジー』をテーマに、
【しょう】
【OHAGI】

の2名が物語をつけた作品。

ファンタジーという題材ですが、抽象的なイラストが多く、難しかったと思います。
二人の作家がどのように物語をつくったのか、楽しんでください!!

それでは、まずは一作目
【しょう】による「エンドロール」です。

エンドロール


【画像①】

タイトル「エンドロール」


【画像②】

すべてが、過去になる。
剥がれ落ちてく意識の中で
それだけが確かだった。


【画像③】

doomsday Clock

世界の終わりを告げるその時計は
残り1秒を示していた


【画像④】

この世界を救えるのはあなただけ
何もなくなった世界を救う意味は
ただ、貴方のその一言がくれた。


【画像⑤】

キミの為なら・・・。
そんな月並みな言葉が、頭をよぎる。

私は、この世界を救うという、
“夜明けを告げる鳥”を探す旅に出た。

私たちの旅路は風来と呼ばれ、
ある者は羨み、ある者は疎んだ。
だが私は、貴方がいればそれでいいとさえ思っていた。

誰も、世界の終わりに気づいていない。
貴方と、私。
二人だけが、この事実を知っていた。

未知の巨大生物もなければ、隕石の衝突もない。
路傍に咲いた花が、ただひっそりと枯れていくように
世界というやつは
ただひっそり静かに終わっていくものだ。

そんな世界をただひっそり
救うはずだった。


【画像⑥】

あの時。聖女を焼いたのは嫉妬の炎だった。
世界を救いたかった聖女は
貴方は
救うはずだった世界によって奪われてしまった。

私は、世界を呪った。


【画像⑦】

運命とは、かくも残酷で、そして皮肉なものだ。
私は、世界を呪った旅路の先で、
夜明けを告げる鳥に出会った。

私の手の中には、空と、
世界そのものがおさめられていた


【画像⑧】

私は、それを空へと解き放った。

彼女は水面に尾をつけて飛び立つ
私の目に映る彼女の姿は
まるで、貴方のようだった。


【画像⑨】

世界は、私の手を離れた。
もうすぐ、終わってしまう。


【画像⑩】

ただ一つ、願いが叶うのならば。

どうか どうか どうか

この終わりが


【画像⑪】

何かの始まりに、なりますように

おわり


続いて二作目
【OHAGI】による「僕の物語」

僕の物語


【画像①】

本を読むのが好きだ。
物語はいつだって僕を違う世界へつれていってくれる。

タイトル「僕の物語」


【画像②】

本を読み始めた僕は、もはや僕ではない。
僕を織り成すすべてのモノが僕から離れ、吸い込まれていく。


【画像③】

鳥に姿を変えた〝意識のカケラたち〟はいっせいに旅立つ。
まだ見ぬ景色を求めて・・・

この感覚、本を読まないあいつらには分からないだろうな。


【画像④】

どこまでも続く、未知なる冒険への道。
先に何が待ち受けるのか、誰も知らない。
それでもひたすら前へ、前へ・・・


【画像⑤】

ここは自由だ。誰にも何にも縛られない。
僕は気の向くままに空を舞う。
歌を奏でたり、虫をついばんだり。

僕を見るなり、目の色を変えて追いかけて来る者もいた。
必死な様子がおかしくて、少しからかってみたりもした。
どうやら僕を捕まえると、幸せになれるらしい。
誰がそんなことを言ったのか、ただ〝青い鳥〟というだけなのに。

そもそも、幸せとは何だろう。
青い鳥が本当に幸せをもたらすのなら、一度手に入れば永遠に幸せは続くのだろうか。

いや・・・
命あるものには終わりがある。
永遠の幸せなんてあり得ない。


【画像⑥】

何かがおかしい、ものすごく暑い。
空間が歪んで見える。
物語に異変が起きたようだ。
とにかく、外の世界へ戻ったほうがよさそうだ。

ダメだ、外への扉が消えてしまった!


【画像⑦】

僕はずぶぬれになりながら出口を求めた。
一体何が起こっているのか。
ここを出なければ・・・


【画像⑧】

外への道は完全に閉ざされた。
僕はこの物語の中に取り残されてしまった。

〝外の僕〟に何かあったのかもしれない。
二度とあちらの世界には戻れない・・・


【画像⑨】

不思議なことに、悲しいとかさみしいとか、そういう感情はなかった。


【画像⑩】

意識だけの存在になった僕に、終わりはない。

この物語の住人として、永遠に旅をする。


【画像⑪】

僕の物語は、これから始まる・・・

おわり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「Go ahead, make my day.」
ぶれるめん
映画、舞台、小説、ゲーム、アニメなど 各業界で活動する作家・脚本家で構成されたチーム【ぶれるめん】です。 チームライティングならではの企画や作品を生み出していきたいと思っています。 応援よろしくお願いします!