見出し画像

さつまいも土鍋ごはん

さつまいものカタチを残したいので、崩れにくく甘みの多い、細めの鳴門金時を使うのがポイントです。切って炊くだけの超カンタン。ボリュームアップごはんです。土鍋以外でも、炊飯器でも作れます。

【材料】
さつまいも(鳴門金時) 細めのもの2本
米(白米) 2.5合
もち米 0.5合
塩 小さじ1/2
だし昆布 5センチ角1枚
黒ごま 少々

【作り方】
①ごはんは、白米2.5合、もち米0.5合を洗ったら、ザルで水切り20分。

②さつまいもは、皮つきのまま1.5センチ角に切り、水にさらしておく。

③土鍋に、米と水580ccと塩を入れて混ぜてから、だし昆布とさつまいもをのせて20分浸漬させて、火にかける。

④沸騰して蒸気が勢いよく出て、約1分待ってから火を弱め、10分弱火で加熱し、火を止める。

⑤10分蒸らしてから、全体を混ぜ、黒ごまをふって完成。

⑥炊飯器の場合は、3合の米のラインの1~2ミリ上まで水を入れ、③と同様に20分浸漬させてから普通炊飯モードで炊く。

作り方の動画はこちら

https://youtu.be/stKLYplUsP4

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!