見出し画像

1からLeague of Legendsを始めよう【知識編その2】

こんにちは、BqRuvです。
記事を開いて頂きありがとうございます。
この記事では、キャラクターの「スキル」と「役割」について話していこうと思います。
では、目次です。

目次
1.チャンピオンの基本を知る
   1-1.チャンピオンのスキルを把握する方法
2.チャンピオンのクラス
   2-1.アサシン - (Assassin)
   2-2.サポート - (Support)
   2-3.タンク - (Tank)
   2-4.ファイター - (Fighter)
   2-5.マークスマン - (Marksman)
   2-6.メイジ - (Mage)

1.チャンピオンの基本を知る

LOLではキャラクターのことを「チャンピオン(Champion)」と呼びます。
まずはチャンピオンの特性である「スキル(Skill)」から覚えていきましょう。

全てのチャンピオンは
常に発動する固有のスキルが1つ
発動するキーが設定されているスキルが4つ
の計5つのスキルを使って戦います。
チャンピオンの顔の右側にある、小さい正方形のアイコンが固有スキル
左下にキーバインド、右上に数字が書いてある正方形のアイコンが設定されているスキルです。
特に初期設定がRキーのスキルを「Ultimate skill」
通称、ウルトと呼びます。

名前から分かる通り非常に強力なスキルが多いです。

LOLでは、「自分が使っているチャンピオンのスキル」と「相手が使っているチャンピオンのスキル」を把握しておくことが非常に大切です。
カードゲームや対戦型ゲームで相手のデッキやキャラクターを知らない状態で戦うか、知っている状態で戦うか、違いは明らかです。

では、どのようにチャンピオンのスキルを確認するのかみていきましょう。

1-1.チャンピオンのスキルを確認する方法

自分が購入しているチャンピオンのスキルを確認する方法は簡単です。AI戦やノーマルなどで実際にそのチャンピオンを選択し、使用してみる。これが一番です。今ではプラクティスツールという便利な機能も存在するので1戦やるのが面倒くさいという人でも簡単にスキルを確認することが出来ます。

購入していないチャンピオンのスキルを把握する代表的な方法として

1.LOLの日本語wikiを読む
2.チャンピオンスポットライトを見る
3.プロのプレイを観る

の3つがあります。それぞれの方法について詳しく見ていきましょう。

①LOLの日本語wikiを読む

を利用してスキルを確認する方法です。
情報量が非常に多いサイトでゲームの始め方から初心者ガイド、その週使用できる無料チャンピオン一覧や小ネタまで載せられています。

もちろんも存在し、全てのスキルを文章で確認できます。動画に比べて直感的な理解は難しいですが各スキルの詳細を知ることが出来るというメリットがあります。

②チャンピオンスポットライトを見る

というチャンピオンの概要を紹介している動画が制作されているのでそれらを視聴して確認する方法です。
日本語でそれぞれのスキルの解説がされており、少しゲーム画面とは視点が異なりますが実際のプレイを見ることが出来ます。
コンパクトにまとめられているので分かり易く直感的な理解に最適です。

欠点として日本語のチャンピオンスポットライトは全てのチャンピオンに対応していない点が挙げられます。(英語版は全てのチャンピオンに対応しています)

③プロのプレイを観る

Twitchなどの生放送やYoutubeのアーカイブを利用しプロのプレイを観て確認する方法です。
実際の試合を観戦することになるので、どのようにカメラを動かしているかやスキルを狙っているか、コンボの撃ち方なども含めて確認することが出来ます。一番実践的です。
ある程度スキルについて把握していないと何のスキルをいつ使っているのか確認しづらい場合があります。

2.チャンピオンのロール

全てのチャンピオンにはロール(またはタグ)という、そのチャンピオンは何が得意なのかを大まかに分類する指標が設定されています。
どのチャンピオンを使おうか、と悩んだ時の選択基準にしてみると良いと思います。

文字だらけでわかりにくいですが、ここからの内容が説明しているのは
・ロールのチャンピオンが得意なこと
・レーン戦や集団戦で意識するべきこと

です。
読むのがめんどくさい人は太字だけ追えば概要は掴めるようになっています。

2-1.アサシン - (Assassin)

アサシンはその名の通り、『暗殺者』として孤立している敵を瞬時に倒したり、奇襲を仕掛けることが得意な(チャンピオン達の)ロールです。
チャンピオンの特徴として、優れた移動スキルを活かしてマップ全体を縦横無尽に駆け回ったり、敵一人に対し一瞬で大ダメージを与えることが出来ます。敵の火力を暗殺し、集団戦の勝利に貢献していくことが仕事です。
しかし、非常に脆く自身も倒されやすいため、奇襲するタイミングが重要になります。

アサシンの主な「役割」
・孤立した敵に奇襲を仕掛ける
・集団戦で敵チームのダメージ元となるチャンピオンを倒す

2-2.サポート - (Support)

サポートは「HP回復スキル」や「行動阻害スキル」を用いて他の味方を支援する事を得意とするロールです。現在のLOLのスタイルの影響により、サポートは他と比べて獲得するゴールドが少なくなってしまうので、レベルや装備に依存することなく力を発揮できるチャンピオンが多いです。
視界の管理や味方の支援、戦闘の起点になったりとゲームの理解度が強く求められるロールのため、初心者にはあまりお勧めしません。

サポートの主な「役割」
・自身のスキルを用いて味方を支援する
・マップの視界を管理する

2-3.タンク - (Tank)

タンクは強力な行動阻害スキルで戦闘の口火を切る、相手のダメージを受け流し敵を妨害するといった事が得意なロールです。
全てのロールの中で最も硬くキルされにくいことや行動阻害スキルを持つチャンピオンが多いので少数戦や集団戦で最も輝きます。
味方を守ってあげたり、行動阻害スキルを当て、攻撃チャンスを作ることで、集団戦を勝利に導きます。

タンクの主な「役割」
・耐久力を活かしてチームの盾となり仲間を守る
・行動阻害スキルを敵に当てて攻撃チャンスを作る、相手を撤退させる

2-4.ファイター - (Fighter)

ファイターは前線を支えられる耐久力と攻撃力を兼ね備えたロールです。
1vs1の戦闘能力に長けており、近接攻撃がメインのチャンピオンが多いです。序盤から強い戦闘力を活かしてレーンの主導権を握り、有利を広げていく戦い方が主流になります。
集団戦では前線からプレッシャーをかけたり、横から相手の後衛陣に飛び込んでいったりと様々な動きが可能です、色々試してみましょう。

ファイターの主な「役割」
・レーンで主導権を握り、少数戦で有利な状況を作る
・集団戦で前線に立ち、相手にプレッシャーをかける
・横から相手の後衛陣に飛び込み、陣形を崩す

2-5.マークスマン - (Marksman)

マークスマンは遠距離からダメージを出すのが得意なロールで、集団戦における主な火力役を担っています。しかし、序盤の戦闘力が低く、アイテム依存度が高いので強くなるために多くのゴールドを稼ぐ必要があります。
そのため、サポートと行動を共にし、支援してもらいながらゴールドを稼ぐことが多いです。
集団戦では敵との距離を一定に保ちながら相手を攻撃し、正面から相手を崩していきます。味方が攻撃チャンスを作ってくれた時や相手の行動阻害スキルがタンクに当たったのを確認したら積極的に前に出て相手を攻撃しましょう。
集団戦を有利な状況で終えた後もマークスマンの仕事は終わりません。
タワーやネクサス、バロンやドラゴンを倒すのにマークスマンの存在は欠かせないのです。(バロンやドラゴンって?という話はまた別記事で)

マークスマンの「主な役割」
・集団戦に向けて、丁寧にゴールドを稼ぐ
・ダメージを出せるタイミングを見極め、火力を出す
・死なない

2-6.メイジ - (Mage)

メイジはスキルを使い魔法ダメージを与えることが得意なロールです。
単体に対し瞬間的な火力を出すことが得意なチャンピオン、継続範囲攻撃で敵全体に影響を及ぼすチャンピオン、遠距離攻撃で相手を消耗させるチャンピオンとメイジ内での分類も様々です。
キャラクターによっては行動阻害スキルを持っているので、味方が攻撃するチャンスを作ることも出来ます。
とはいえ、基本的にメイジのお仕事も「火力を出すこと」です。
お金を稼ぎ、装備を整え、火力を出す。
この順番が大切です。
「魔法ダメージ版マークスマン」といっても良いでしょう。

メイジの主な「役割」
・集団戦に向けて、丁寧にゴールドを稼ぐ
・ダメージを出せるタイミングを見極め、火力を出す
・行動阻害スキルを当て、味方が攻撃するチャンスを作る

まとめ

今回はチャンピオンの基本、「スキル」についてと「ロール」についての話になりました。
自分が使っているチャンピオンの「できること」と「役割」を知ることが上達の第1歩目になります。まずは、自分の好きなチャンピオンや嫌いなチャンピオンの「できること」、「役割」を調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

次回は「レーン」と「ロール」の関係性、ゴールドを稼ぐことの大切さについて話していく予定です。
ぜひ、コメントや質問、SNSでのシェアをよろしくお願いします。
それでは。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

通知が届くとニヤニヤしてしまうんですよ、ありがとうございます
3
塾講師している傍らでライター・編集業務。レポート記事やコンテンツ記事作成、プレゼンテーション資料の作成・データ分析・英語和訳など。ジャンルはゲーム・eスポーツ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。