3月8日。

3月8日。

この日は夫と付き合いはじめた日で、この日から丸10年たつ。

10年かぁ。
このnoteをはじめた当初は、「とりあえず何か書かなければ!」と無理やり始めた。
けれど、慣れてきて、肩の力が抜けたら、「伝えたい!!」なんていう強い想いは消えてきた。

だから、日々頭に流れる文章をそのまま書いたり、面白かったことを書いたりしてるけれど、日常生活で一番過ごす時間が多いのは家族なので、家族の話が増える。
だからなんとなく夫の話が多い。
夫、めちゃ面白い人だから。笑
でも普段無口で、見た目も「ヤクザの鉄砲玉」と言われるような人相の悪さ(笑)なので、
彼が面白いと気づく人は少ない。
こんな面白いのに、もったいないわ〜。笑
まぁ、どーでもいいけど。笑


で、本題。そう、10年。10年か〜〜。
長いのか短いのか分からないね。

私たち、というか私の強制的な提案からはじまったのだが。(笑)
年に一度、互いの誕生日に手紙を書くということをしている。
夫は無口なもんで、好きだとか愛してるとか絶対言わない。
だが、私は言われたい。乙女だから♪(爆笑)
だから年に一度でいいから!口で言わなくていいから!書いて!!!とお願いした。
なんだかんだ続いており、今年の誕生日で8通目の手紙をもらった。
その時いつも夫はこう書く。「年に一度手紙を書くと色々振り返れるし、感謝も持てるし、気持ちが整理されていいね」と。毎年のように書かれてる。笑

手紙を書くという行為は、私の「好きだといえー!」からはじまっただけなのだが、意外とよい相乗効果が生まれているようだ。
常にしゃべってる私は、手紙を書くこと=気持ちの整理。なんてことはないのだが。(笑)
私の手紙の場合は、いつものダラダラ長い取り留めのない話が、濃縮されて端的に伝えられているだろうから、時間の短縮としていいかもしれない。(笑)

結婚してからは8年なので、8年分の手紙がある。
読み返してみた。結構面白かった。
普通に何気なく10年を過ごしたけれど、信頼関係が深まってる気がした。
はじめは、やっぱりお互いに対しても物事の見方は表面的だったし(今振り返って読むと、だけど)、子供が生まれた時、独立しようとした時は、自立と不安の間にいたし、喧嘩もするし、言い合いもするし、それでも「楽しく過ごす」ために互いに努力しようとしてきたなぁ、と。

良いときもあれば、悪いときもある。

それは夫でなくても、誰であってもそうだ。関係性においても、そこに違いはない。
だからこそ、年に1回の手紙であっても、積み重ねることはもしかしたら未来への大きな信頼に続くのかもしれない。
そしてたまに振り返られる手紙が残っているのは、もしかしたらすごい大きな心の財産かもしれないな。

10年を何気なくぼーっと振り返ってみて、やっと少し夫婦らしさが出てきたような気がする。
言いたいことをちゃんとお互いに言える。
お互いの言いたいことにちゃんと聞く耳を持てる。
相手を一方的に決めつけない、否定しない。
どうすればよりよくなれるか一緒に考えられる。
・・・スタートは、私と夫のバランスが悪すぎた(私が強いw)けれど、最近はいいかんじでバランスが取れてきた気がしてる。(昔は言い返すなんてしなかった夫が、最近はかなり言い返してくるから、・・・くそぉ腕上げたな!笑 って思う。笑)

でもまだ芽が出た程度だなぁ、と思うけれど。笑
この根っこがどこまで伸びて、この芽がどんな木になるのか花が咲くのか。
枯れることなく、成長できたらいいなぁ。

まだまだこれからが楽しみだなぁ〜。
こんな私に付き合ってくれて、いつもありがと〜。(笑)


年に一度でも手紙書くの、案外おすすめっす♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

大吉🤩
7
編集者・ライター/森あそびのまなび場共同代表/女神の寺子屋主催/主に、書く仕事をしています。noteでは楽しいことをきままに書いてます(^^)

この記事が入っているマガジン

夫とこどもの話。
夫とこどもの話。
  • 16本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。