見出し画像

お店のオープンから約1週間

京都にお店をオープンして1週間が経ちました。

色々と見えてきた部分が多いので所感をまとめておきます。


1.ご来店に関して
知り合いの方や、作家さまの友人などが多く
その他はお隣のSTAND「C」さんのお客さんが多く来られました!
立ち止まる割合は書籍 : 作品 = 8 : 2で、本屋のイメージが強い印象。(もともと本屋をしたいと公言してたのもありますが…)

正面のドーナツ屋から流れてくるというよりはSTAND「C」さんからのお客様が殆どです。

2.商品に関して
・作家さまの作品
私がなかなか説明できない事もあり、あまり実売には繋がっていません。コンセプトや制作方法、人柄などをしっかり伝えられるように勉強します。
名刺やカタログは、持って帰られる事が多い印象。

・本屋オーナーさまの作品
全体的ZINEが人気。
本屋オーナーさまの本と私の蔵書の区別がつきにくいので改善が必要だと実感しました。
本の説明は難しいですが、
靴箱に入っていて〜、文学部出身で〜、実際にBARをしていて〜など人柄を話すと受けが良いので、どんな人が選書してるのかを伝えるのがキモなのかもしれません。

面白かったのが、本をオススメした人のほとんどが購入してくれたことです。
普段本を読まない人が購入してくれたり、手に取らないような本を満足して購入しれくれるのは新鮮でとても嬉しいものですね。


来られる方はみなさん凄く面白がってくれていて、これからのポテンシャルを感じる1週間でした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぼくもスキです!
16
クリエイターの創作環境を整える場所 "But not for me"店主 / 不定休/ 京都 / Bookstylistとして個人に向けて選書を行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。