見出し画像

かき氷と写真。タイムリミットは10秒。

かき氷の寿命は短い。
食べごろは到着後すぐ。

なぜって?
時間の経過とともに溶けてしまうから。豪勢なトッピングの場合、アイスや果物の重さに耐えられず、沈んでしまうこともある。

できることなら美しいまま、氷の食感を損なわずに召し上がりたい。

ゆえに撮影時間は短くなる。

わたしのタイムリミットは10秒。

カメラの設定は事前に。
絞り値、シャッタースピード、ISOは待ち時間に決めておいた。面倒なときはオート設定に頼ることも。


到着後、心の中でカウントダウンが始まる。

10_____________
 位置を調整

9______________
 カメラを手に取り

8______________
 照準を合わせる

7______________
 真横から撮影

6______________
 斜め上からもう1枚

5______________
 仕上げに真上から

4______________
 ついでに寄りで撮っておこう

3______________
 カメラを置いて

2______________
 手を拭く

1______________
 スープンを手に取り

いただきます。

動作を含めた10秒間。
スムーズにことが運べば4枚も撮れる。

だけどもし、思い描いた写真を撮れず、時間がかかってしまいそうだったら…。

潔く諦めることにしている。

目的を見誤ってはいけない。かき氷を撮りにきたのではなく食べにきたんだ。写真撮影に夢中になり、美味しさが損なわれてしまっては本末転倒もいいところ。

人によって「10秒は長い」と感じるかもしれないが、かき氷を食べるのと同じくらい撮るのが好きなので、10秒間だけ許してほしい。

撮影時間は人それぞれ。
だけど短いに越したことはないと思う。

目の前に運ばれてきたら、サッと写真を撮って食べよう。

友達のかき氷を待たなくても大丈夫。2つ並べて撮りたい気持ちも分かるけどね。

できるだけ早く食べた方が、かき氷も喜んでいると思うよ。実際に話したことはないから勘だけどさ。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

文・写真:わたし
イラスト:MihoMiyata

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

氷曜日のエッセイは毎週水曜日に更新予定

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

人のお金でかき氷を食べたい。

90
大好き、かき氷。 名古屋を拠点に年間100杯以上食べています。 日々の記録は「名古屋かき氷めぐり」に掲載。→ https://kakigoori.nagoya
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。