見出し画像

夏季休暇 day1 さあ、夏が来た

今日から二週間ほど夏季休暇に入る。せっかくなので、メモに残すことにする。この期間で答えを出したい事項は、以下の二点。

① 時間を投資する対象を定める
② 具体的な目標を定める


・時間を投資する対象は、好奇心が死なず拡大するベクトルであること、そして根本的な欲求である責任が拡大すること。この二点を常にベストに満たし続けることが自分にとっては大事

・無駄や回り道は後から振り返ると、良かったこととして記憶されるけど、そういう遠回りを自分から選択する必要はないという思いが強くなっている。無駄や余白を好んだ一年前の自分との変化を感じる。

・好奇心を向けるべき対象はなにか。これは学習欲が強い自分には大きなテーマ。今の答えとしては、人間を開発する、ということ。要素に分解できない、人間という全体性を、如何にそのまま捉えることができるか。その上で、能力開発をあらゆる手段を駆使して行うことができるか。このイシューに対して、言語化したりアイデアを膨らませる時間にしたい。これが1つ目。

・この好奇心、という言葉。対社会に目を向けると、好奇心格差が広がっている。体験格差、情報格差の時代から、好奇心格差の時代になっている。この流れは止めることができず、これからも大きくなっていくはず。書くと長くなるけど、この好奇心格差への大きな打ち手について、プランをまとめることが2つ目。

・上記を踏まえた際に、日々なにを考え、何に触れ、何のアジェンダに対して誰と何をするか。二十代もあと3年弱になってきた今、一周バットを振れること期間に、何を成すか、何にコミットメントするか。腹落ちして、削ぎ落として、決めるべきタイミングに来ている。ここの具体的な人生計画について整理すること。これも今の自分にとって大事なこと。

・これまで目標というものが好きではなく、時々にベストだと思う選択をしてきた。そういう人生だった。おかげで迷走したし悩んだけど、今やっと腹落ちして人生の目標を作れそうな雰囲気が出てきている。まあ、これも走りながら変わっていくとは思うけど、何より腹落ちして日々の行動を語れることが何よりも大切で、そういう自分でありたい。それはふつうにやれると思うから、社会に交渉力を持てるレベルまでやりきる、という決意を新たにする。そういう時間にしよう。

・仕事とは少し離れるけど、肉体の限界に挑戦したい。これまでそこそこ運動はしてきたけど、一般人レベル。ここも腹を決めて1つの対象をゆっくり極めていきたい。最近、トレイルが楽しく走ることが好きになってきたので、当面はここを突き詰めようと思う。休暇中は外暑いけど、一日5キロは最低走る。一歩一歩。

と。まあ歩きながら、今の思いを吐き出してみた。あまり考えずに文字に出してみるのもいい。感情と思考の整理は日々日々必要だなあ。

ボルネオ、という自然の宝庫で、静かに考えよう。何か浮かんでくる気がする。夏が来た。嬉しい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。