見出し画像

vol.4 ブルースタジオと「しごと」を、編む

blue studio

「編む、ブルースタジオ」とは
「編む、ブルースタジオ」は、毎回一つのテーマに沿って、住まいのタイプやジャンルを超えて事例・サービスを再編集し、お届けします。いつもの分類とは少し異なる目線から、“役に立つ”だけではない、“大切”なモノ・コト・時間を見つけ出すnoteマガジンです。

「はじめに:編む、ブルースタジオ」より

Prologue:暮らしを豊かにする「しごと」


しごとはいつから始まりますか?
しごとはどこから始まりますか?

時間や働く場所が決まっていても、
しごとのスイッチが入るタイミングは人それぞれです。
あるいは、
スイッチのオンオフがはっきりしていない、という人もいるかもしれません。


ところで、「しごと」と読んで、どんな漢字を思い浮かべましたか?

「仕事」と読んだり、「私事」と読んだり、
あるいはもっと違う読み方をすることもできます。
どこにいても、何をしていても、
それら全てが“自分の暮らし”ならば、
「仕事」「私事」とはっきり閉め切らず、その境界を開いてみると、
自分も会社ももっと風通しがよくなるかもしれない。

ブルースタジオの考える「しごと」について、
その舞台となる、スタッフの働く「しごと」場を、今回はご紹介したいと思います。

window:ブルースタジオの「しごと」場

window 1 :地域と育む、8LDK

ブルースタジオは1998年に広告やVI・CIに関わるグラフィックデザイン会社として設立しました。
2000年に空間プロデュースに関わる建築デザイン部門の設立にともない中野区東中野に移転し、
その後の20年を大島ビル第二別館で過ごしてきました。

仕事の広がりにあわせてオフィスも広がり、
一棟ビルをリノベーションした5階建ての事務所を「8LDKオフィス」として特集したことがあります。

ブルースタジオを知るタブロイド誌「tales」no.6(2015年)より(記事はこちら

業務を行う事務所でもありながら、
お客様との会議室/ショールームでもありながら、
自分達も楽しめるための場所でもある。
その要素は、ブルースタジオのミッションにも、現在のオフィスにも通じるものがあるのかもしれません。

たとえば一見お店のようにもみえる、まちに開かれたオフィスの1階。
お客様を、スタッフを、オフィスと東中野の地域をつなぐ場所です。

オフィスの1階。8LDKの図では、むかって左がDINING,KITCHEN 、右がLIVINGにあたります。

たとえばスタッフが企画から練り上げて手作りで行う忘年会
「ブルースタジオらしい忘年会」は何だろう?を、その年に入社したスタッフが考えながら空間もプログラムも作り上げます。

写真は2017年の忘年会のもの。よく見ると建築士事務所の登録票が掲げられていますが、お店がオープンしたと勘違いした地域の方が入ってきたこともあったそうです。

一人ひとりの強みを活かせる「しごと」の場所が、あちらこちらにありました。

window 2 :新たな地での、つみかさねと変化

東中野の大島ビルの建て替えを機に、2021年に築地へと移転したブルースタジオ。
コロナの時代の中で働き方も変化するなか、かつてブルースタジオが手がけた物件が時を経て、新たな「しごと」場になりました。

オフィスの中ではワークスペースと会議室を見渡し、
窓の外では築地場外市場とレインボーブリッジを見渡す、ワンフロアになった築地オフィス

20年過ごした東中野から築地へ、
「しごと」場をまちへと広げる、そんな取り組みをいくつか行ってきました。

たとえば築地のお土産を探してプレゼンするまち歩き。
昼食時や通勤時に通る築地を、新しい景色として見直し、伝える時間になりました。

年末に行ったまち歩きの様子。各班の個性が光るお土産は、スタッフブログでも紹介されています。
(忘年会に関する記事が掲載された2021年12月のスタッフブログはこちら

たとえば築地のお気に入りのお店を紹介する築地マップ。
自分のなかのお気に入りを深めながら、分かち合う場所を作りました。

「しごと」場をまちへ広げる取り組みについては、日々インスタグラムでも発信しています。

window 3 :それぞれの場所から紡ぐ、未来の暮らしの物語

ブルースタジオのオフィスは東京だけではなく、福岡にもあります。
その土地に根ざしたスタッフによる、よりいっそう地域に密着した企画を組み立てています。

“SOUQ”ならではの空間を目指した植物や照明がある、
清川ロータリープレイスの中庭を望む一角にある、福岡オフィス「SOUQ」


どこでも同じように働けることも大切ですが、
この場所だから届けられる「しごと」についても、改めてご紹介できればと思います。

またブルースタジオはオフィスだけではなく、「暮らしの研究所」があります。
暮らしにまつわるお悩み相談ができたり、
暮らしがちょっぴりワクワクする品を買うことができたり、
オフィスをこえた「しごと」場は広がります。


Epilogue:ひろがる「しごと」、その先へ

「編む、ブルースタジオ」のvol.4〜vol.6は、
「しごと」特集としてお届けします。

少し遅めの自己紹介となりましたが、まずは自分たちの「しごと」場をお届けしました。
vol.5からは、手がけた「しごと」場を紹介します。お楽しみに。

今回紹介した事例はこちら

・ブルースタジオ 東京オフィス(本社)
 〒104-0045
 東京都中央区築地4丁目5-9 築地安田第2ビル4F
 web:https://www.bluestudio.jp
 instagram:https://www.instagram.com/bluestudio_jaran/

・福岡オフィス「SOUQ」
 〒810-0005
 福岡県福岡市中央区清川2丁目4-29 新高砂マンション 1F
 清川ロータリープレイス 107
 物件紹介ページ:https://www.bluestudio.jp/rentsale/rs011229.html
 instagram:https://www.instagram.com/bluestudio_souq/

・日々の暮らしがちょっぴりワクワクする、まちのポケット
 暮らしの研究所「pūka(プーカ)」

 〒215-0034
 神奈川県川崎市麻生区南黒川4 ネスティングパーク黒川
 instagram:https://www.instagram.com/puka_npk/


この記事が参加している募集

私の仕事

blue studio
自分らしい暮らしをかなえる個人邸リノベーションから、事業用建物の再生、街のブランディングまで、ブルースタジオではひとつひとつの「物語」にそった住まい・暮らしのデザインをしています。 https://www.bluestudio.jp