新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ダイバーマインド】ダイビングってある意味スポーツ。基礎体力の重要性。

海を愛するダイバーのみなさん、こんにちは😊🙌
SNSIダイブガイドの中川あやのです。

今年のGWはどのように過ごしましたか?私はひたすらに記事を書いたり、デザインの仕事や勉強をする毎日でした。

さて、この記事は、コロナウイルス感染拡大の影響でなかなか行けない今だからこそ!大好きなダイビングのことをまとめた『note』シリーズです🙌今日で第8弾となりました🎉

本日は『ダイビングってある意味スポーツだから、ある程度の体力大事なんだよ』ってお話です。

ダイビングはスポーツというより、癒し系の娯楽の一つとして認識されていることが多いんですが、けっこうスポーツ要素たっぷりな娯楽だと思うんです。

どんなところがスポーツなのか、運動神経のいい悪いって関係してくるのかについて今回はまとめていきます。

どうしてダイビングがスポーツなのか

まず、どうしてダイビングがスポーツ要素たっぷりの娯楽と言えるのか?ダイビングのスポーツ要素と言ったら「泳ぐ」なんですが、水の中は無重力状態なんだからただ浮いてるだけでしょ?と思いがちです。

ノンノン。脚力めっちゃ大事。とくに潮の流れが速い海では脚力は命。30分くらいしっかり泳ぎ切れるほどの脚力と体力がなければ楽しみ切れない海が沢山あります。たくさんのお魚や大物と呼ばれる海の生き物が現れるスポットの多くが、スポーツ系ダイビングの海です。

ビーチからザブザブエントリーする「ビーチエントリー」の場合、癒し系スタイルのダイビングになることが多く、運動してるなって感じはしないです。一方、潮の流れが速い海から上がった後の脱力感というか、泳ぎ切った感は運動したなって感じです。

運動神経のいい悪いってやっぱり関係するの?

ここで気になるのが、ダイビングの上達には「運動神経の良し悪しは関係するのか」じゃないですか?

ダイビングの上達に運動神経の良し悪しは関係……すると思います!かといって、運動神経悪いからあきらめた方がいいってわけでは全くありません!

やはり、運動神経のいい人の方が、スキルの飲み込みは早いような印象です。ただ、ダイビングのスキルは繰り返し練習することでしっかり伸びます!むしろ、練習する機会が多い人の方が、安定したスキルを最終的に身につけている気すらします。

運動神経良い人と比べたら、確かに時間はかかるのかもしれない。けれども、それがダイビングをあきらめる口実には全くもってならないと思います。運動神経に自信がないからという理由でダイビングを諦めてる人がいるのなら、戻ってきて!そう全力で叫びたい(笑)

できるだけ体力を消耗しない泳ぎ方ってあるの?

できることなら、体力やエアーをあまり使うことなく約30~40分間泳ぎ切りたいものです。どんな風に泳いだら、体力やエアーの省エネスイムができるのでしょうか?省エネモードで泳ぎ切るには、いくつかポイントがあります。

①自分の足のサイズや脚力に合ったフィンを使う           

②パワーを逃がさない正確で綺麗なフィンワーク

③肺のトリミング

このポイントを改善することで、もう自分でもビックリするくらい泳ぎやすくなります。もう泳ぐのが楽しすぎて、お魚とかサメとかに会えなくてもいい、とにかく私を30分間泳がせてください!という気持ちにすらなります(笑)

こういったダイビングの+αスキルを私に全部教えてくれたのは、JDAダイビングスクールの中村周平さんです。

都内にお店があり、講習等は静岡県の西伊豆で行われます。どんな海でも楽しめるダイバーを目指したい、ライセンスの更新を検討したい、そんな思いがあるなら、是非お店に連絡してみてください。これまでのダイビングの考え方がガラッと変わるかもしれません!

もし私の友だちや家族がダイビングのライセンスを取りたいからいいお店を紹介してといわれたら、迷うことなくJDAさんを紹介します。大切な友達や家族にも、私の好きな海の世界を楽しんでほしいと全力で思います。だからこそ、海を楽しむ術を全力で教えてくれる人たちを紹介したい。

ダイバーは日頃から運動を生活の一部にするのを推奨します!

今回は、ダイビングはスポーツだと思う理由や、できるだけ省エネで楽に潜るためのポイントなどを紹介してみました。いかがでしたか?一つでも新しい知識を提供できる記事になっていたら嬉しいです。

今日も読んでくれてありがとうございました!みなさんが読んでくれるから第7弾まで書いてこれました。予定では第10弾まで書く予定です。よかったら引き続き読みに来てください。

TwitterとInstagramもやってます。海辺の生活や海のデザイナーの毎日を発信てるので、海が好きな方、癒されたい方、よかったらフォローしてください!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読者の皆さんからサポートいただいた分は、海のアーティスト活動費、海洋環境保全につながる活動費として使わせていただきます。大切な海を未来に繋げましょう!

スキ、が言えるあなたがスキ♥
23
Blue Ocean Artのデザイナー|OLYMPUSプロカメラマン|湘南辻堂在住の海をこよなく愛する日英のバイリンガル25歳。総合的なデザインサービスが得意💎海と遊び、学び、海を未来に繋げていきたい。公式HP👉https://www.blue-ocean-art.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。