見出し画像

ビットコイントレードしようぜ!

◆はじめに

J・I・R・O!
どうも、じろうです!ヴウウウウン!!!ンハァイ!!


はい、ということで、今回は初心者~中級者トレーダーさんがどんな事から始めたらいいか、学ぶべきかを私なりにまじめに考えて記事にしてみました!

ツイート投稿「いいね」と「RT」してもらえると最高です!

1万文字くらいで、全編無料です。
サポートや寄付も一切いらないのです。
その大切なお金は入金してトレードで使うか、二郎を食ったことない人は食べてみて感想を教えてください!DMかリプで写真も待ってます!

あとついでに、TwitterYoutubeでも情報(と糞ツイート)を日々発信してるのでそちらも是非登録おねがいします!これはまじで嬉しいです。

はい、チャンネル登録をしてくれたネオニートヘッズの皆様こんにちは。

私がネオニートじろうと申します!
青ハチミツダルマという名前でもtwitterをしていましたが、同一人物です。
都内に住んでいる2児のパパでラーメン(年300杯ペース)、サウナ(週3ぺース)が趣味です。
一番好きなラーメンはラーメン二郎ひばりが丘二郎店、一番好きなサウナは草加健康センターです!

元々スロプロをやったり転売ヤーをやったりお金にまつわることが大好きでした。
好きが高じてパチスロのメーカーサイドで働いていた事もあるくらいですww

そして、今は主に仮想通貨のトレードをしている専業トレーダーで、株価指数やコモディティのトレードもしています。為替は苦手です。

トレードはテクニカル分析に加えて、ファンダメンタルズ分析を取り入れた分析方法で、裁量(手動)でトレードを行っています。
時間軸はスキャ~デイがメインで時間軸が短めのポジションが多いです。

▼Twitter
https://twitter.com/neoneet_jiro
▼Youtube
https://bit.ly/2XSZ2uF

※※注意書き※※
独学で四六時中トレードしまくってるだけのニートが知見と偏見だけで書いてる記事です。
「いや、これは違うっしょ!」みたいな人も多いと思うけど、無料だから目を瞑ってください!

◆【超初心者編】

1. トレードってなんぞ

・トレードってなんぞ?
そもそも”トレード”ってなんぞっていうところから、説明します。
私の指す”トレード”は、株や為替(ドルとか円とか)や仮想通貨(ビットコイン)などの売買取引の事を指します。

日本人にわかりやすくいうと
例えば、仮想通貨ビットコインを日本円で買って、仮想通貨ビットコインを日本円で売るというような行為もトレードです。

ビットコインが100万円の時に1枚購入して、ビットコインが200万円になったタイミングで1枚を売却すると100万円の利益になります。

100万円

こうした売買行為(トレード)を行い、トレーダーは利益を得ることができます。

逆に、100万円で1枚購入して、90万円で1枚売却すると10万円の損をするので、いかに損失を減らし利益を増やしていくかということが大切になります。

10万円

・レバレッジ取引・信用取引
取引所に入れているお金を証拠金として、実際に保有している金額以上の売買取引ができます。
例えば
レバレッジ2倍だと、100万円を元手に200万円分の通貨の売買が可能。

レバ2倍


レバレッジ100倍だと、100万円を元手に1億円分の通貨の売買が可能。

レバ100倍

高いレバレッジ(=ハイレバレッジ)になるほどリスクとギャンブル要素が増えるので注意が必要ですが、嚙み合えば低資金でも効率よく資金を運用することができます。
※資金管理や手法を徹底すればギャンブル要素を減らす事も可能です。

買いでポジションを持つことを”ロング”といい
売りでポジションを持つことを”ショート”といいます。

レバレッジ取引では、”ショート”(売り)からエントリーする事ができます。
その後、買い戻し・決済した際の差額が利益や損失になります。

例えば、ビットコインが100万円の時に1枚ショートして、ビットコインが50万円になったタイミングで1枚を買い戻すと差額の50万円の利益になります。
逆に値上がりするとその差額が損失となります。

ショート

トレードとは何か?
・株や為替や仮想通貨や売買取引の事。
・売買の差額で利益や損失が出る。
・レバレッジ取引では預入している金額以上の売買取引が可能。
・資金管理や手法を徹底してギャンブル要素を減らし取引することが大切。

2.トレードする銘柄を選ぼう

トレードできる銘柄は株や商品、為替、仮想通貨などはたくさんありますが

単刀直入に言うと、私は仮想通貨ビットコインをおすすめします。
なぜなら、他の銘柄・市場と比較して圧倒的に簡単だからです。

他市場は既に機関投資家等のプロが参入し、効率的市場となっており、美味しいところは全てプロに取られてしまうのが現状です。

しかし、ビットコインはまだまだ素人が多く、簡単に取れる場面が多く存在します。
それは例えば

・素人や養分、イナゴのポジションが大きく偏って適正価格から大きく乖離した歪んだ価格をつけていたり
・短期でも個人投資家の大きなロスカットがはしってミスプライスをつけたり(しかもサクっとそれを拾える隙がある)
・個人規模で出せるような発注でも市場が反応したり

とまぁまぁ多く存在します。
※それを拾う小技もあるので、そのうち記事か動画にします。

私みたいな金融知識の薄い人間でも安定して勝ち続けることが出来ています。
このnoteを書いている今日時点での2月の月次損益収支グラフもこんな感じで、ほぼ凹まずに安定して勝ててます。
おそらく私と似たような手法を用いてトレードしている人も同じようなグラフで勝ち続けていると思います。

キャプチャ

私は特に優れていません。
botterの人のように24時間常時稼働して明確なルールや閾値を設定のうえトレードしているわけでないです。
私は画面の前で鼻くそをほじりながらYoutubeを見て、チャンスが来たらなんとなくの雰囲気と少しの知識でガチャガチャするニートです。
そんな適当な感じで勝てちゃってるので、私が上手いのではなくて市場がヌルすぎて簡単な事がわかります。

私は他市場でここまで右肩上がりのグラフを作る事は絶対に出来ないので(むしろ為替とか普通に負けまくる)
明らかに仮想通貨市場のトレードが圧倒的に簡単ということです。


唐突なアフィタイムです。(無料記事なんでこんくらい許してください。)
そして優しい人はここから開設してやってください!

そんな仮想通貨がトレードできる仮想通貨取引所を紹介します。

どちらも世界で最大手クラスの取引所でそれぞれにメリット使い分けるポイントがありますし、作るだけタダなのでとりあえず開設しておくことをおすすめします!
そのうち美味しい使い方やテクニックの記事や動画もアップします!・・・たぶん。

▼bybit-BTCのレバレッジ取引ならここ!

bybit ボタン

簡単に最短1分以内で登録できます!

2/17から国内取引所のレバレッジ上限が2倍になりましたが
今回紹介するbybitは最大100倍のレバレッジが可能なので、少額での取引も可能です!

BTCをはじめとして、ETH、XRP、EOS、LTC、LINK、XTZ等のレバレッジ取引もできます。

スマホアプリもあって、UIも直感的でめっちゃ見やすいです。

bybitは期間限定のお得な特典もあるみたいです!

▼FTX-豊富なアルトコインのトレードはここ!

FTX ボタン

簡単に最短1分以内で登録できます!

主要通貨はもちろんアルトコインやDeFi銘柄や独自トークン等、幅広いラインナップの取り扱いをしています!

例えば、トランプが選挙で勝つか否かみたいな変わったトークンもあって、私は爆死しました。

FTXも今なら下記の特典でお得にトレードができます!

画像14

一番オススメしたい愛用していた最強の取引所はbitFlyer一択でしたが、今2021/2/12時点で新規でFX口座の開設ができません。
それとレバ規制で最大のレバレッジが2倍になるため、上記含む取引所等も複数併せて戦略的に使用していこうと考えています!

とりあえず、両方ともキャンペーンもお得だし口座持ってて損はないし、口座作っておこうぜ!!って感じでおなしゃす!

3.トレーダーに大切な3要素

トレーダーに大切な3要素
①資金管理
②分析
③アウトプット・振り返り


①資金管理

初心者~上級者問わずに一番大切なスキルです。
これがわからないとどれだけ精度の高い分析が出来ても、たくさん利益を出しても一撃で大損失が出て退場する可能性があります。

資金管理とはトレードするにあたっての適切なロット・ポジション数、証拠金、レバレッジ等の管理を指します。

例えば、100万円が全財産の場合に80万円を証拠金にしてフルレバレッジでトレードすることは危険すぎます。
なぜなら、広い値幅で損切をしたときに再起不能になるからです。

損切した後に必ずにも必ず再起可能なロット・ポジション数でトレードすることが大切です。
一般的に”バルサラの破産確立”(ぐぐってね)を元に試算された、適切な損切の許容率は証拠金の2%程度だと言われています。
※私は専業トレーダーで家族も養っていて、負けられない立場なのでリスクを取らずに1%未満です。

ですが、サラリーマンの時は固定収入もあってリスクも取りやすかったので、(負けても生活できるし)証拠金に対してかなりのハイレバでトレードもしていました!
証拠金を極端に減らし、ハイレバレッジでトレードをすることで逆に国内低レバよりも損失額を制限できるからです。

国内低レバで2%前後の増減を日々狙ってトレードをするのもあり
海外ハイレバで100%の増減を狙って何度もトレードするのもありだと思います。

ただ、後者に関しては、やけくそになったりギャンブルトレードになりがちです。
初心者の方は損切を何度も繰り返し、結局入金地獄になる可能性もあるので、あまりお勧めはできません。

また、よくあるのは、当初は損切幅を2%で設定していたのにもかかわらず損切の根拠を変えてずるずると損を伸ばし続けること。
これは初心者や負ける人にありがちなことで一番やってはいけないことです。
勝てるトレーダーは根拠に基づいた損切ができ、損切幅が狭いことが多いです。

★資金管理で守る事
①トレードにつかえる金額を決めること
②その金額のうち2%が損失になるような損切設定幅の想定でエントリーを探ること
③損切ルールを守ってしっかりと損切すること。

他にも、私のYoutubeチャンネルでも資金管理について説明していますので、ぜひ見ていただけますと幸いです!

【初心者必見】トレードで最も大切なスキル【投資・FX】
https://youtu.be/llFx-uT2FoM

②分析

トレードをする際には今後の値動きの推移を予想するために分析をします。
様々な分析方法がありますが、多くの人は下記2つの分析を行います。

テクニカル分析
ファンダメンタルズ分析

1. テクニカル分析

テクニカル分析では過去の値動きの推移から、今後価格がどう推移するのかを分析する手法です。
テクニカル分析の方法は多くありますが、大まかにわけると「トレンド」と「過熱感」と「抵抗帯」を分析する手法にわかれます。

②-1トレンドの分析

トレンドとは価格推移が過去~現在の価格で上昇傾向にあるか下降傾向にあるかという事を指します。

画像9


分析結果に応じて
そのトレンドが継続する事に期待値があると考えたら、フォローして順方向に売買をする。
トレンドが転換すると考えたらトレンドに逆張りをして売買をする。
といった戦略を立てることができます。

シンプルな分析方法~トレンド系インジケーターを用いた分析方法まで様々な分析方法がございます。

・超トレンドフォロー型の伝説のbot「ドテン君」
仮想通貨界隈で有名なトレンドフォロー戦略でいうと2018年に目立ちまくってかなり話題になっていたチャネルブレイクアウト戦略の「ドテン君」だと思います。

チャネルブレイクアウト戦略は
・設定した一定期間の最高値を上回ったら上昇トレンドと判断してロング
・最安値を下回ったら下降トレンドと判断してショート
という超シンプルなロジックの戦略です。

超トレンドフォロー型の戦略の為、トレンドの出やすい仮想通貨だと一方通行の動きをした際にかなり大きい利益を出すことができます。

UKIさんという有名botterの方は2000万を1カ月で1億円にしていました。


逆に、トレンドフォロー型のbotの弱点はレンジ相場です。
トレンドの出ない相場(レンジ・ボックス相場)だと無限に往復ビンタを食らって焼かれ続けます。

仮想通貨に限らず他でも、一般的に見られるものだと、移動平均線でのテクニカル分析。
かなり一般的な使い方を説明します。

移動平均線とは
①一定期間の平均売買価格を線にして結んだもの。
②線が上向き(現在価格が線より上)だと上昇トレンド、下向きだと下降トレンド。
③線は抵抗帯としても機能しやすいので、押し目買い・戻り売り・トレンド転換の目安になる。


設定期間の数値は自身で設定することができ、〇MAといった書き方をします。
20MA=過去20個のロウソクの期間の売買価格の平均値を結んだもの。
100MA=過去100個のロウソクの期間の売買価格の平均値を結んだもの。
となります。
設定期間の数値が小さいほど短期のトレンド、大きいほど長期のトレンドを把握することができます。

具体的にざっくり説明すると
短期でグイグイ動く強いトレンドが出てる相場の時は20~50MA
中期でそこそこのトレンドが出てる場合は50~100MA
長期でゆったりとしたトレンドが出てる場合は100~200MA

下記で活用例について実際のチャートで説明します。

▼(活用例1)短期で強いトレンドのフォロー

強い上昇トレンドが出た際は短期の平均線でトレンドをフォローできます。

画像1


チャートは設定を20(20EMA)にして使っています。
チャートを見ると短期maよりも価格が上に位置しているので上昇トレンドと判断することができ、トレンドフォローをするのであればロング中心の立ち回りが正しくなります。

例えば、チャート上に記載した〇のようなmaとロウソクの乖離が縮まった時にロング、広がった時に利確(もしくは逆張り)等の戦略を考えることができます。

他にもインジケーターだと一目均衡表ボリンジャーバンドといったインジケーターだったり
ダウ理論でのトレンド分析、グランビルの法則といった分析方法もあるので、まぁググってみてください。
そして、調べて検証・活用してみてください!

トレンドについての動画についてもyoutubeで投稿してるので、参考にして頂けますと幸いです!

【分析の基礎】波に乗れ!トレードのセオリー【トレンド分析・FX・投資】
https://youtu.be/X9Bit6LHEcM

②-2過熱感の分析

オシレーター系インジケーターを用いることで価格推移の過熱感、転換点等を分析することが可能です。

よく使われるのはRSIstRSIです。

stRSI、RSI
①上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いかを計れる
→50以上だと上昇局面、50以下だと下落局面
②買われすぎと売られすぎの水準を数値、可視化
→80以上が買われすぎ、20以下が売られすぎ
 

画像8

基本的には、今の価格が"買われすぎの水準"か"売られ過ぎの水準"か、"上げ余地""下げ余地"があるかを判断できます。

たとえば、上昇トレンドでRSIの数値が60の場合は、上昇局面でありまだ上げ余地があると考えロングを握り続ける。
また、ショートをするのは早いと考えることもできます。

このように、利確や逆張りの指標として使いますが、トレンドが強い場合は買われすぎの水準から更に買われたり、売られすぎの水準からさらに売られることもあるので注意が必要です。

ビットコインは特にトレンドが強力なので、オシレーターを見ての逆張りは推奨できません。

そのため、RSIやストキャスティクスRSIのみを使用してトレードをすることはせずに、複数の指標を用いて分析・トレードをして活用することが望ましいです。

②-3抵抗帯の分析

前項まで記載したようにトレンドと過熱感を分析することで、トレンドと押し目・戻り目・転換点を測る事ができます。

次に、それらを理解した上で、どこでエントリーとイグジットをするのが最適かということを説明させていただきます。
テクニカルトレーダーは一般的には下記のようなエントリーとイグジットをすることが多いです。

▼エントリー
・抵抗帯をブレイクしたところorブレイクを狙い順張りエントリー
・抵抗帯を背中に逆張りエントリー

▼イグジット(利確)
・エントリー時に設定した抵抗帯で利確

▼イグジット(損切)
・背中に設定した抵抗帯をブレイクorブレイクしそうになったタイミングで損切り(他取引所やアルトが先行してブレイク等で先に察知)

抵抗帯は書いて文字の通り、価格推移の抵抗となり得る価格帯を指し、高確率で反発・転換します。
その抵抗帯については主にラインを注視しています。

それらについて下記で説明させていただきます。

■ライン
斜め線と水平線が抵抗帯として機能します。
直近の安値や高値等、意識された価格同士を線で結びラインを引きます。
最低でも2回くらい抵抗帯として機能している線は強いと考えられます。『水平線』と『斜め線』について下記で説明させて頂きます。

▼水平線
過去に何度も反発した価格帯=水平線は抵抗帯になることが多いです。
特に直近高値、安値、下落・高騰の始点・終点等も機能します。

画像2

▼斜め線
高値/安値を切り上げ・下げするような価格推移をしている場合は斜め線が抵抗帯になることが多いです。
高値/安値の切り上げや切り下げを確認したら高値同士、安値同士を結びラインを引くことができます。

画像3

ライントレードの応用ですが、相場にはフラクタルといい同じような動きのチャートパターンを作って値動きの推移をすることが多いです。
代表的なものを下記画像にまとめました。

画像4


これらのテクニカル分析の内容を踏まえて
例えばトレンドフォロー+押し目買いという戦略で立ち回るのであれば
↓の条件を全て満たしたときにロングをする!といったかんじになります。

トレンドフォロー
→過去によくワークしている〇maより上に価格があるときにロングを狙う。

押し目買い
→押し目はオシレーターで過熱感が収まっているのを確認。
→ライントレード、チャートパターンでいうラインに触れたのを確認。

↓実際のチャート

キャプチャ

テクニカル分析についてはこんな感じです!


2.ファンダメンタルズ分析

他市場でのファンダメンタルズ分析は「金融政策や経済状況、経済指標に基づいた価格推移の予想分析」のことを指します。
仮想通貨のファンダメンタルズ分析というと上記とは少しずれますが、ここではテクニカル分析以外の価格推移に影響を及ぼす諸要素・外的要因について説明していきます。

・BTC先物市場のBTC現物との乖離

私が最も重視する要素で、この価格乖離から需給や過熱感を判断しています。

多くのBTC先物取引を採用している取引所はあわせてBTC現物の取引ができたり、BTC現物の基準価格(インデックス価格)を複数取引所のBTC現物価格をもとに参照しています。
そして、”先物価格”と”現物(インデックス)価格”は異なり乖離しています。

「現物価格>先物価格」のことをバックワーデーションといい、先物価格が現物価格に対して下方乖離している事を指します。

「先物価格>現物価格」のことをコンタンゴといい、先物価格が現物価格に対して上方乖離している事を指します。

先物市場(レバレッジの売買)に加熱感が出たときに乖離が大きく広がります。
つまり過剰に売り込まれた際にはバックワーデーションとなり、下方向に燃料となる養分ショートが溜まっていることが多いです。
その結果、ショートカバー(ショートの清算を伴った大きな上昇)がよく起こります。
バックワーデーションになってたらとりあえず売られすぎの水準にいるからショートは警戒しようと意識しといたほうが良いです。

逆に、過剰に買いが入った際にはコンタンゴとなり、養分イナゴロンガーが増え、調整入りすることが多いです。

上昇相場で断続的に買いが続き、先物価格が徐々に上方乖離していくのはごく自然な流れですが
急激に乖離が広がったときや、あまりにも大きく広がりすぎた場合は下落の前兆になる事が多いです。

私は絶対的に「〇%以上開いたら売り」といったような指標として用いるのではなく、乖離の推移を見て参考にすること多いです。

例えば、
上昇相場で上昇乖離が解消されながら上がっているときは
「デリバ先行で無理に買われているわけではなく現物もしっかり買われていて需給が良い」

下落相場で上方乖離が縮小せずにむしろ広がりながらあがっているときは
「デリバでナンピンロングが積まれている、もしくは現物が売り込まれていて需給が悪い」
といった判断がしてポジションの方向を決めることができます。

各取引所の先物価格と現物価格(インデックス価格)はこのアカウントの投稿から一覧で見る事が可能です。

▼BTC情報アラート
https://twitter.com/btc_status

↓はbit仙人さんという方がBTC情報アラートの使い方をわかりやすく解説した記事です。


・ポジションの量

価格が動く要因として新規の売買に加えて、既存ポジションの精算の売買もあります。
つまり積まれているポジション量が多いときほど、清算の売買の量も増え価格が大きく動くことが多いです。

未決済建玉=OpenInterstから大きな動きの前兆をつかみ、またポジションが滞留している価格帯については価格別出来高を意識すると大局の動きをつかむことができます。

下記は私のリアルタイムの市況のツイートですが、需給と未決済建玉OIから見た相場状況です。こんな感じで判断しています。

具体的なポジションの取り方や考察はこんな感じだったり

こちらについては詳しく↓の動画で説明をしているので是非見て頂けますと幸いです!

【超重要分析要素】値動きの本質【投資・FX】
https://youtu.be/5H_EU0e33qE

・動きやすい時間帯

前項含めファンダメンタルズ分析かというと全然違うかもしれませんが、過去の値動き以外の材料からの分析ということでざっくりとらえてください。

仮想通貨は特に価格が動きやすい時間帯があります。
一番顕著に動くのは
日本時間の9:00、17:00、1:00です。

それはなぜかというと海外の大手先物取引所でFunding costが発生する時刻だからです。
Funding costは、資金調達率やスワップ金利等とも呼ばれます。

前項で書きましたが、先物取引所は先物価格と現物価格が乖離していますが、その乖離を縮小するための仕組みとして上記コストの支払いが発生します。

ざっくり説明すると
先物価格が現物価格に対して上方に乖離しすぎていると
ロング側がコストを支払い、そのコストをショーターが受け取る。

先物価格が現物価格に対して下方に乖離しすぎていると
ショーターが側がコストを支払い、そのコストをロンガーが受け取る。
といった流れになります。

ロンガーはスイングで長く持てば持つだけ手数料を持っていかれるので、ぴえんです。

ただ、上昇相場では基本的に先物が上方乖離して、ロンガーが支払うようなコストになることが多いです。
ロングのコストを支払ってでも上昇値幅を狙うって人が多い証拠なので!

そのぴえんとぱおん達がポジションに対するコストに影響を受けるので
コストが発生する時刻である日本時間の9:00、17:00、1:00は価格が変動しやすいです。

・コストを払うのを嫌い9:00直前にポジションを解消
・コストをすでにもらったので9:00直後にポジションを解消
・コストを払うのを嫌い9:00直後にポジションを構築
・上記のポジションの解消や構築を狙った変動狙いの9:00仕掛け


などなどたくさんの思惑で上下大きく動いたり、トレンドの始点になることが多いです。
もちろん、朝9:00は他金融商品の東京市場開場の時間だったり、テクニカルトレーダーにとって日足確定の時間だったり、他にもいろいろな要因はあります。
一時期は一週間くらい連続で朝の9:00が上昇トレンドの天井になることもありました。

そういった、動きやすい時間帯や、トレンドの始点になりやすい時間帯を狙ったエントリーやイグジットを狙うことも私は非常に大切にしています。

例えば、朝8:50にトレンド転換狙いのショートをしたい価格帯に来ても、9:00が買いのクライマックスになることが多いので
9:00ギリギリまでひきつける、もしくは9:00までにコツコツと少量ずつショートポジションを積んでいく等といった戦略も取る事が多いです。

ちなみに、少し話がそれますが、2021/2/14時点だとBTCはずっとロンガー支払・ショーター受取の状態がずっと続いています。
BTC現物を保有して、現物保有量の分を先物でショートすると価格変動リスクを受ける事なく金利を受け取り続ける事ができるという、糞美味しい相場が続いています。

FTXだとコスト発生が1時間毎で、幅広いアルトコインの銘柄から選択することができるので、かなり美味しいです・・・。(流動性の懸念はありますが。)

▼FTX アルトコインFunding cost一覧
https://ftx.com/funding

FTX ボタン

・仮想通貨の経済指標

あとは、あまり気にしていないけど、重要度の高い経済指標のタイミングは注視しています。

こういった指標はだいたい、↓に載せた鳥さんがツイートしています。
童貞だけど、クリプト愛と暇度は誰よりも高いので、フォローして損はないと思います。

たとえば直近だと、1/29のBTCの大暴騰
イーロンマスクがプロフィール文を「bitcoin」にしたから暴騰したと界隈では騒がれていて話題になっていましたが

本当の↓のオプションカットが真の要因だと思っています。
そのことに対しても事前から言及していましたし、彼をフォローしている人ならポジションを整理できたのではないかと思ってます。

この人は、暇人で童貞なので常にハイテンションで情報発信をし続けていて、本当に大切な情報が埋もれたりもしますが、鋭く優秀な方だと思います。


③検証・アウトプット・振り返り

トレードは検証や振り返りがかなり大切です。

天才型の人は本番で勝負してオラオラと勝ちを積んでいきますが、私みたいな非凡は検証・アウトプット・振り返りが必要です。

botterの人はトレード戦略のアイデアを考えては過去相場で検証をする。という行為を日々繰り返しています。

今は有名になったとある裁量トレーダーの人は、毎日トレードノートをつけていました。
ノートにはトレードのエントリー・イグジット、根拠、反省点などを都度書いていました。

画像11


めんどくさがりな人はtwitter、友達とのLINE、無料・有料サロン、なんでもいいのでポジトークや議論しまくることをおすすめします!
自ずと自分の良い点や悪い点が浮き彫りになって上手くなっていくと思うので!

良くないのは負けているのに、それすらもせずに、適当にトレードして、適当に溶かし続けてる人です。

私は下手糞で勝てない時から、適当に入った無料のライングループでひたすら勝手に市況しまくってました。

2017年末くらいからtwitterが盛り上がりはじめてきたので、それからtwitterでひたすら「ロング!」や「おらぁ〇ね!ショート!」みたいなポジトークを好き勝手つぶやき続けていました。
結果、めちゃくちゃフォロワーが増えて、情報交換をするトレーダーの仲間ができました!
それだけでなくトレードをやめていまだに一緒にラーメンを食いにいくようなカブトムシが好きな友達ができたり、沢山の出会いがあり本当にtwitterをやっててよかったなぁとよく思います。

やって損することなんてあまりないので、できることはガンガンしていきましょう!!

◆さいごに

そろそろ書くの疲れたので終わります!^p^
読みおわったネオニーヘッズのみんな、投稿ツイート拡散してくれよな!!

このnoteは初心者の方向けに、トレードの基礎的な内容をぶああああっと書いたものになっています。
この内容は基礎の基礎で知識があることが前提になるような内容です。
個人的なエッジ、お金拾いポイントになるような所までは細かく書いていません。

そういうエッジ部分はひたすらチャートと出来高をにらめっこし続けたり、botterなら検証をし続けることで見つけられると思います。

あとは、twitterで承認欲求高めの人がたまにドヤりながらポロりと発言をしていたり、有料noteとかで販売してる人がいたり。※俺は売る気ないです。

無料だしこんなもんでいいよね?いいでしょ!

くりかえしになりますが、受動的に何も学ばず、振り返らず、発信せずって続けてたら絶対にうまくなりません。
そんな人は、twitterで思ったことをぎゃあぎゃあ叫ぶんでも、どこかのサロンやオプチャでぎゃあぎゃあ言ってるだけでもしないよりはマシなのでやってみましょう。
どうせtwitterなんてニートとマッチョしかいないんで。

初心者でこれからビットコインをはじめてみたい!って人がいたらこのnoteを紹介してくれたり
あとは俺のyoutubeチャンネルを登録してくれたり、俺のyoutubeチャンネルを登録してくれたり、俺のyoutubeチャンネルを登録してくれたり、俺のyoutubeチャンネルを登録してくれたり、俺のyoutubeチャンネルを登録してくれると嬉しいです。

あと、まだ口座持ってない人も口座作ってる人もアフィ踏んでくれよな!
これめっちゃ大切!

じゃあの。

▼Twitter
https://twitter.com/neoneet_jiro
▼Youtube
https://bit.ly/2XSZ2uF

▼bybit-BTCのレバレッジ取引ならここ!

bybit ボタン

簡単に最短1分以内で登録できます!

2/17から国内取引所のレバレッジ上限が2倍になりましたが
今回紹介するbybitは最大100倍のレバレッジが可能なので、少額での取引も可能です!

BTCをはじめとして、ETH、XRP、EOS、LTC、LINK、XTZ等のレバレッジ取引もできます。

スマホアプリもあって、UIも直感的でめっちゃ見やすいです。

bybitは期間限定の↓のお得な特典もあるみたいですので、今のうちに登録を!

画像5


▼FTX-豊富なアルトコインのトレードはここ!

FTX ボタン

簡単に最短1分以内で登録できます!

主要通貨はもちろんアルトコインやDeFi銘柄や独自トークン等、幅広いラインナップの取り扱いをしています!

FTXも今なら下記の特典でお得にトレードができます!


画像14



この記事が参加している募集

至福のスイーツ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
仮想通貨、為替、株価指数、商品先物の自称トレーダー(ニート)。 かっこいいだけが取り柄です。