国際生物多様性デー

株式会社ブルーエコノミーは、国際生物多様性デーで、自然と協力して気候変動を緩和および適応し、生物多様性の損失を止める方法について、複数の利害関係者によるウェビナーを主催しました。 株式会社ブルーエコノミーの上級研究員榊原康寛がイベントの議長を務め、ここで彼女は議論からのいくつかのハイライトを共有します。

メキシコのマングローブの回復:マングローブや海草床などの生物多様性のある海洋生態系は、地元の人々に食料と収入を提供し、侵食や高潮から保護します。 

ウェビナーからの重要なメッセージの1つは、気候変動と生物多様性の損失に共に取り組む緊急の必要性でした。

イギリスの環境・食料・農村省(DEFRA)の国際気候と戦略のチームリーダーであるアレックスホワイトは、緊急の必要性を要約しました。 「私たちは、課題の複雑さと規模を反映するアプローチを開発し、気候、自然、人々のために取り組む必要があります。自然ベースのソリューション(NbS)はソリューションの一部です。」

これは、気候変動に対するNbSなどの統合ソリューションに対する科学者、政府、民間部門、市民社会からの世界的な支持の増大と強く共鳴しています。

議論はまた、NbSが気候変動に提供する複数の社会的、環境的、経済的利益を指摘しました。幅広い利害関係者、特に脆弱な地域社会は、NbSの利点を享受でき、これらのソリューションを灰色のインフラストラクチャよりも魅力的なものにします。

気候変動のためのNbSの資金動員
重要な場所でお金を得るための革新的な資金調達は、NbSの最も重要なビルディングブロックの1つです。多国籍保険会社AXA XLの持続可能な開発責任者であるチップ・カンリフ氏は、公共部門と民間部門の融合した資金の必要性を強調しました。同氏はまた、「自然資本の価値を強調し、NbSへの大規模な資金調達のための既存の障壁を打開しようとする適切なナラティブを構築し始めることが重要です。」

Cunliffeは、AXA XLのOcean Risk Initiativeを確立および管理しています。 AXA XLは、2030年までに沿岸地域のNbSへの5億ドルの投資を推進するために設計されたマルチセクターのコラボレーションであるOcean Risk and Resilience Action Allianceの共同議長を務めています。

アライアンスパートナーは、大規模なNbSに資金を提供する革新的な金融商品を試験的に導入しています。これらには、ブルーカーボンクレジットが含まれます。企業が回復と保全に投資して気候リスクを低減できるようにするレジリエンスクレジット。企業が自然資本を管理および維持するためにお金を借りながら、生物多様性と地域社会に利益をもたらすことができる社債。自然資本を明示的に統合し、気候リスクを軽減するために自然との協働を奨励する保険商品。

参加者はまた、他の資金調達モデルを共有し、気候変動の影響の矢面に立たされており、NbSを実施するための鍵となる、地域社会に届く資金の重要性を強調しました。例には、消費者の教育と多様な環境にやさしい製品の需要の創出、森林炭素市場を活用してタンザニアの森林を持続的に管理するための地域社会を支援すること、そして抽選基金を活用して地域社会を動員し、イングランドのバース市でNbSを実施することが含まれます。

単語の雲

上の単語の雲をクリックして展開します。気候変動の自然に基づく解決策に対する地球規模の野心を効果的なローカルアクションに変換するための最も重要なビルディングブロックを表す3つの単語をピックアップするように参加者に依頼しました。

先住民族と運転席の地域社会
世界中の先住民のコミュニティは、何百年もの間、変化に適応するために自然と協力してきており、生物多様性や森林などの自然の炭素吸収源の効果的な管理者です。ザンビア国有林商品協会(ZNFCA)のCEO、Musonda Kapena氏は、先住民族の知識システムはNbSを効果的に設計および実装する方法に関する有益な教訓を提供できると述べた。 ZNFCAは、ザンビアの伝統的な指導者と協力して、景観の規模でコミュニティを動員し、多種多様な森林や農業製品を持続可能な方法で生産しています。

ZNFCAは、FAO、IUCN、IIED、AgricordのパートナーシップであるForest and Farm Facilityによってサポートされている世界中の多くの森林農場生産者組織の1つです。 ZNFCAなどの生産者組織は、150万人の小規模生産者を大規模に動員して、気候変動に脆弱な大規模単一栽培生産システムからパラダイムシフトを推進することができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
榊原康寛は株式会社ブルーエコノミー代表取締役社長であり日本の実業家です。環境保全関連事業経営する実業家である榊原康寛は、自然環境を守るための事業を通じて、国内だけでなく、海外の豊富なリレーションを生かしたビジネスを展開しています。ブルーエコノミーを普及させることが生き甲斐です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。