見出し画像

斜めの日(byラーメンズ)

相変わらず社会を斜めから見る生活で、だいたいラッシュが終わったころに電車に乗り、お昼はラッシュの前にささっと済ませ、帰りのラッシュのはじまる直前に電車に急いで乗って、ギリギリ座って帰る。

平日のうちの数日はなかなかのオフィス街に居るのだけれども、相変わらず昼時はきっかり12時から混むし、相変わらず電車は8時台と18時~19時台は満員である。お昼をちょっと早めにとってもいいようにしたら、もっと遅めにとってもいいようにしたら、急いでお弁当を買ったりする必要もなく、ゆっくり食事をして一息ついてから店を出られるのに。ゆったり座れるグリーン車だって、会社の経費では出ない。

今日は体調的に人混みや人の声、パソコンの打つ音、街の騒音、そういうものに敏感な日で、いろんなものをラッシュから外した。昼時に文房具屋によって、耳栓を買ってきた。そういうことができる職場なので、私にも続いている。

ちょっと遅くきてもいいようにしたり、ちょっと早く帰ってもいいようにする職場がもっと増えたら、あんなに悲しい思いをして電車に乗らなくても済むのに、たくさんの企業がそうできないのは、なんでだろう。そういえば、『斜めの日』っていう舞台が、ラーメンズの作品に、あったっけ。月に1日ぐらい、そういう日が、あってもいい。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

Спасибо Вам большое:)♡!!! ありがとうございます:)♡!!!

ありがとうございます:)♡!!!
3
ミールロシア語研究所在籍2010−2013/ 2020.10ミール形式のロシア語のレッスンはじめました(入門基礎レベル) /ライター/翻訳(露&英→日)/調査/ロシア語とロシア語圏をめぐるエッセイ・旧ソ連圏観光・日本の観光/ mirumir5531☆gmail.com (☆=@)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。