見出し画像

創業初期から「カナリー」を導入。反響家賃単価の向上、ムダな業務の削減を実現!(株式会社チアエステート様)

カナリー通信 | 不動産会社さま向け

社名の「チア」は「応援」の意味があるように、お部屋探しを全力で応援することで、応援した方に喜んでもらえる会社を目指し、2021年8月に創業。
その後、2021年10月より弊社ポータル「カナリー」へ掲載をいただいている、株式会社チアエステート様にお話を伺いました。

*カナリーへの掲載をご検討中の不動産会社さまはこちらをご覧ください!

お話を伺った担当者様

■ 岡本 聖人様 株式会社チアエステート 代表取締役
某大手不動産会社にて18年間、賃貸事業の営業を担当。
2021年8月に株式会社チアエステートを設立。

岡本さま、どうぞよろしくお願いいたします!


「カナリー」を知ったきっかけと導入の決め手

カナリー:まず初めに、「カナリー」を知ってから導入いただくまでの経緯を教えてください。

岡本:きっかけは、会社にいただいたお電話でした。当時は起業したばかりで、利用していたポータルサイトはSUUMOのみだったので、「とりあえず話だけ」という気持ちでWeb商談に参加しました。
実際に話を聞いてみると、非常に興味をそそられるプレゼン内容でした。営業の網田さんのスキルでしょうか?(笑)

正直、効果検証をしてみないとまだ分からない点も多いと思っていましたが、ご提案いただいたキャンペーン内容が背中を押してくれて、思い切ってトライアル導入をスタートしました。

その後、当社でも反響~成約までの分析を行っていくなかで、カスタマーサクセスチームのサポート体制にびっくり!こちら側が欲しいデータ等の意見を汲み取っていただき、日々ご連絡をいただいていました。
今後も一定の効果が見込めると判断できたので、本導入を決めました。

他ポータルサイトと違った特徴

カナリー:弊社営業チームにお褒めの言葉をいただき、ありがとうございます!実際に導入してから、他のポータルと比べてどんなところが特徴だとお感じになりましたか?

岡本:開業間もないので、過去データとの比較はできませんが、大きく2つの特徴があると感じました。

まず、反響の特徴です。アプリ経由での集客だからか、基本的には20代の若いお客様が多いですね。でも、30~40代の方からの反響はまったく無いというわけではありませんでした。

低家賃層を求める反響ばかりでなく、新築や1LDKに対しての反応が多い印象です。また、カップルでの同棲やご結婚からの同居といった需要も高く、家賃の単価は他ポータルより高い傾向にあります。

そして、実際に来店・内見されるお客様の特徴です。お客様の中には、内見の待ち合わせ時間に遅刻したり、ドタキャンされたりするようなことが一定数あると思います。当社の場合、カナリー反響のお客様ではそれが全くない。契約時も、書類郵送の不備や返送遅れといったトラブルがなく、ムダな業務に時間が取られず、営業時間の確保にもつながりました。カナリー反響のお客様は皆さますごく良い方でした。

カナリーユーザーに向けて意識していることとは

カナリー:当社としても「反響の質」改善・向上にまさに取り組んでいるところですので、そのようなお声をいただき、光栄です。現在は繁忙期(当時2022年3月)かと思いますが、実際の営業活動において、御社ではどんなことを大切にされていらっしゃいますか?

岡本:「お客様のスケジュールを逆算した提案」を心がけています。
あくまでも、急かして申込を頂くのではなく、入居希望日を定めて、お客様はどのタイミングで何をしなければならないのか ということをしっかりとご説明しています。
それをご理解いただくことが顧客満足度につながると考え、日々営業を行っております。

カナリー:なるほど。以前導入事例としてお話いただいた他社様も、お客様と向き合い、背中を押すことを大事にしていると仰っていました!

岡本:はい、カナリーからのお客様はなおさら大事かもしれませんね。
また、若い方を中心に様々なシーンでWEB会議やオンライン授業が行われているからでしょうか?お客様の方がオンライン内見に慣れていて、積極的な印象があります。コロナの影響もあってか、ご来店よりも現地待ち合わせでの内見が多いです。
こういったお客様のニーズを取り入れていくことも大切だと思います。

今後の「カナリー」への期待

カナリー:最後に、今後カナリーに期待することを教えてください。

岡本:もちろん、今後も認知度を拡大させて、さらなる反響数UPをお願いしたいです!また、成約率の向上につながる仕掛けを作っていただくことを期待しています。
共存共栄できるビジネスパートナーとして、今後も引き続きよろしくお願いします。

チアエステート 岡本様、お忙しいところお時間いただきましてありがとうございました!
弊社のカスタマーサクセスチームは、今まさに「データ」を活用したご提案ができるよう尽力しております。今後ともお力添えできるよう、全力でサポートさせていただきます!

BluAge・カナリーとは

株式会社BluAge(ブルーエイジ)は、不動産情報アプリ「カナリー」を主軸に不動産業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組むスタートアップ企業です。

メインの事業は不動産情報アプリ「カナリー」。アプリに特化した急成長ポータルとして、全国47都道府県に展開しております。
ご掲載にご興味のある不動産会社さまはぜひコチラをご覧ください🙌

また、不動産会社さま向けデジタル化無料コンサルティングも実施中です。
宅建業法改正による電子契約解禁をはじめ、今後も業界のDXが進む中で「何から始めればよいかわからない」「何を選べばいい?」「表計算を脱却したい」…など、いろいろなお声を頂いております。

各社さまによって解決法はさまざまですので、是非一度御社のオペレーションをお伺いできましたら幸いです👀
同じく、コチラのWEBサイトより無料コンサル希望の旨、お申し付けください。

この記事もお読みいただきまして、ありがとうございました!
今後ともご覧いただけましたら幸いです🙏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
カナリー通信 | 不動産会社さま向け
不動産情報アプリ「カナリー」を主軸に不動産DXに取り組むBluAge(ブルーエイジ) のnote。業界ニュースや、仲介業務のお役立ち情報を発信。物件掲載・不動産DXならお気軽にお問い合わせください!▼ https://canary-app.jp/realestatebiz