見出し画像

「2人は親戚のお兄ちゃんみたい(笑)」 dripインターン生 清水祐佳さん|Work with drip

日々いっしょに働くインターン生に、dripで働くことについて正直に話してもらうインタビュー企画「Work with drip」

画像1

初回となる今回は、2018年11月頃に入社してくれた立教大学の3年生、清水祐佳さんに話を聞いてみました。

ーーしみちゃんっていつからうちで働いてるっけ?

清水「11月の中旬くらいからなので、ちょうど6ヶ月くらいですね。もう半年も働いてるんだ、3ヶ月くらいの感覚でした(笑)」

drip「しみちゃんのdripへの溶け込み方、尋常じゃないよね(笑) おれらはてっきり1年くらい経ってると思ってたよ。」

ーーdripで働こうと思ってくれたきっかけってなんだったの?

画像2

清水「もともと大学のゼミで企業のケース分析をしてたんですけど、当時の研究題材がYahoo!JAPANで。そのときに偶然dripの存在を知り2人ともYahoo!JAPANから独立したって書いてあったので、あんなに待遇の良い会社を辞めて自分たちで会社を立ち上げたという点に興味を持っていました。」

drip「珍しいパターンだね!じゃあ2人のブログとかも読んだことなかったの?」

清水「はい、当時はほとんどブログも知りませんでした。そこからインターンを募集していることを知り、応募してみたのがきっかけです。」

ーー実際dripで半年働いてみて、どう?

清水「めちゃめちゃ楽しいです!」

drip「それは良かった!具体的にどんなところが楽しい?」

清水「え、まじめに答えてもいいですか?(笑)」

drip「もちろん!たまには真面目だよ俺らも(笑)」

画像3

清水「私は経営学部なんですけど、授業で習うことは概念だったり専門用語だったり、座学的なことがほとんどなんです。でもdripでは学校で学んだことを実践を通して見れるのがすごく楽しい。自分たちのやりたいことをどう事業に落とし込んでいくのかとか、実際のお金の流れが見えるのも新鮮です。」

ーーしみちゃんは具体的にどんなことをやってるの?

清水「まずはテキスト・写真・動画など各種コンテンツ制作のアシスタント業務です。他にはプレスリリースを自分で作成したり、最近ではSNS運用を全面的に任せてもらってやっています。」

ーーSNS運用って具体的にどんな業務?

画像4

清水「毎週外部のSNSコンサルの方と打ち合わせに参加してKPIを設けて、それを達成しつつ会社を多くの人に知ってもらえるようにツイートを組んだりしています。」

drip「SNS運用はほんと助かってる!最近はリモート勤務でもSNS運用をやってもらってて、それもすごくありがたいです。」

画像5

清水「SNSは数値ですぐに結果が返ってくることや、ツイートで紹介した企業やブロガーさんからリプライが返ってきて感謝してもらえるのもすごく嬉しくて。めちゃめちゃ楽しみながらやってます!」

ーー入社前と後でdripのイメージが変わったことってある?

画像6

清水「入る前はもっとアルバイト的な形で定型業務があると思ってたんですけど、思った以上にいろんなことを任せてもらえることですね。SNS運用をまるっと任せてもらえたり、企業さんとの打ち合わせにも同席させてもらえるのも勉強になります。」

drip「しみちゃんには結構いろんなことお願いしているよね。販売した商品の発送業務とか、この間はライブコマースに出てもらったりとか!」

清水「あれは最初びっくりしましたけど、楽しかったです!」

ーーもし友達にdripで働くことを勧めるとしたら、どう勧める?

画像7

清水「学部柄になっちゃうんですけど、こんなに近くでビジネスが回っているのを見れることはほとんどないよ!って勧めます。もちろん全部がうまくいく訳じゃないけど、そういうのも含めてビジネスのリアルを経験できる環境はほんとうになかなか無いと思います。」

drip「確かに、現実は上手くいかないこともたくさんあるもんね(笑)」

清水「企画から営業、納品まで、ビジネスの流れをただ見れるだけじゃなくて、自分も実際にそこに携わらせてもらえるのが嬉しいです。」

ーーdripの2人って、しみちゃんから見てどういう印象?

清水「うーん、親戚のお兄ちゃんみたいな感じですね!(笑)」

(一同笑い)

drip「絶対ビジネスマンとして見られてないと思ったよ(笑)」

ーー最後にdripにここは改善して欲しいってところはある?

清水「うーーーん、考えたんですけどほんとうにないですね。こんなに自由に働ける環境ってほとんどないから。やることが毎回変わって覚えることも多いですけど、シフトも融通が効くし、おやつを食べながら働けるのも良いです」

画像8

※タピオカミルクティーにハマっているdrip一同

drip「最近は3時になると『おやつタイムにしませんか?』って提案してくるもんね(笑)」

清水「あ、強いて言うならパソコンがMacじゃないと業務で使うツールが対応してなくて困るところですね。Windowsのパソコンを使ってる私をいつも白い目で見てくるから(笑)」

(一同笑い)

drip「そこは改善する予定はないから、しみちゃんも早くMac買おう!(笑)今日はありがとうね!」

dripで一緒に働くインターンを募集しています

dripでは一緒に働くインターンを常に募集しています。

自分たちが見たいもの、欲しいものを自分たちで作る。なにかが「好き」と言う気持ちが人一倍強いあなたのご応募、お待ちしています。

インターンの応募概要はこちら:[長期インターン]ドリップで一緒に働く仲間を募集しています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このnoteが良いなと思っていただけましたら、アカウントのフォローをぜひよろしくお願いします!

圧倒的感謝!
12
「今の時代にぼくらが本当に欲しいもの」をコンセプトに、ものづくりを行うdripの運営するnote。 “キャッシュレス時代の理想の財布” PRESSo / “最小の小銭入れ” CHIP / ”引き出しをなくすハンガー” onegerなど、時代に即した新しい雑貨小物を開発しています。