見出し画像

マイルCS・スカーレットカラーで大穴狙いの方に贈ります!

【内容】
◆差しに向くコース
◆速い上がりが使える
◆ニホンピロウイナーの系統
◆桜花賞馬ジュエラー
◆阪神マイルはミスプロ
◆勝利の女神
◆最後に


◆差しに向くコース

先週のエリザベス女王杯は、緩みない流れになり、後ろから行った差し馬で決まりました。

阪神マイルはゴール前に急坂があり、京都マイルよりも差し馬に向くコースです。

マイルCSもレシステンシアが逃げ、同じような展開になると見て、追い込みのスカーレットカラーを大穴で狙うことにします。


◆速い上がりが使える

スカーレットカラーは、昨年の府中牝馬Sなど、後ろから行けば必ず速い上がりが使える馬です。

近走では、天皇賞(秋)やヴィクトリアマイルはスローペースで不発に終わりましたが、クイーンSや阪神牝馬Sでは馬券になっています。

今年のマイルCSは、レシステンシアが逃げてハイペースになることが必至なので、スカーレットカラーに展開が向くのではないでしょうか?

展開が向いても、それ以前に力が足りない公算が大きいですが…。

スカーレットカラーは、極端な前傾ラップの競馬をしたことがないので、未知数な部分に期待したいです。


◆ニホンピロウイナーの系統

スカーレットカラーの母にハビタットの血があります。

その系統のニホンピロウイナーは、昭和の時代ですがマイルCSを連覇しています。

ニホンピロウイナーの産駒は、ヤマニンゼファーやフラワーパークでスピードがあります。

何と言う名前だったか覚えていませんが、ニホンピロウイナーやサッカーボーイなどが出走する80年代のメダルゲームに夢中になったものです。

その後、ワールドダービーなどもよくやりました。


◆桜花賞馬ジュエラー

話を戻して、ヴィクトワールピサ産駒と言えば、桜花賞を勝ったジュエラーです。

この馬もスカーレットカラーと同様に追い込みでした。

ジュエラーはチューリップ賞2着、スカーレットカラーも阪神牝馬S2着などがあり、ヴィクトワールピサ産駒の阪神マイルはよさそうです。


◆阪神マイルはミスプロ

阪神マイルは、京都マイルよりもミスタープロスペクターの血を持つ馬がよく走ります。

スカーレットカラーは、ミスプロの4×4で、その血が強調されています。

出走予定馬の中では、ミスタープロスペクターの血を最も濃く持っています。


◆勝利の女神

今回は、1996年のマイルCSで2着だった、ショウリノメガミを取り上げてみます。

ショウリノメガミは、ミスタープロスペクター産駒です。

マイルCSでは、最後方から直線一気の追い込みで、ジェニュインの2着に食い込みました。

ミスタープロスペクター、追い込み、5歳牝馬(当時の表記は6歳)など、スカーレットカラーと似たものを感じずにはいられません。


◆最後に

今年はレシステンシアが逃げることが予想され、ハイペースになってスカーレットカラーには展開が向きそうです。

グランアレグリア、サリオス、インディチャンプ、アドマイヤマーズなど、メンバーが揃って大きな期待はできませんが、

スカーレットカラーには、勝利の女神になってほしいものです。


★過去1年の阪神芝1600mの重賞競走の血統傾向
http://blkeiba.com/distance/hanshin_1600.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
JRA・地方交流・南関東競馬の重賞を予想します。 80年代のメダルゲームで競馬好きになりました。 血統のホームページを運営しています ⇒ http://blkeiba.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。