女オタクオブザデッド

15

ネタはないが厚い小説本を出したい

 同人誌を出したい! いいよねー!

 とにかく厚い小説本で殴りかかりたい! あるよねー!

 わたしはそういうとき短編集を出していました。

 「ネタはない」と仰っているのにたくさんネタ出しが必要な短編集をお勧めするのは本末転倒というふうにも見えますが、長編小説一本で殴りかかるためには、長編小説向きのネタを出さなくてはなりません。つまりネタの没が出ます。

 その点短編集、もしくは設定共通の短編

もっとみる

キャラに嫉妬しています

 すいません、笑ってる場合ではないシリアスなご相談だと思うんですが正直めっちゃおもしろかったです。

 キャラクターの人生のありようとご自身の人生のありようを重ねてらっしゃるのではないかと思うのですがいかがでしょうか。その上で、「キャラクターは愛される、わたしは(願っているほどには)愛されない」ということではないかと推察いたしました。

 キャラクターにひどいことをする二次創作、してもいいと思いま

もっとみる

やる気を出す方法

 わたくしが工程管理課と呼んでいる工程管理のプロがいらっしゃいましてここのところ業務が滞っている件に関して相談に乗ってもらったので今度遅めのお中元を贈らねばならないと思っているんですけど、

「やる気が出ない」というのは「工程管理ができていない」という状態です。

 タスクリストを作りましょう。

 ものすごく細かいことから全部ピックアップしてください。

 その上で工数を数え、絶対に切れない工程

もっとみる

アンソロジーの作り方

 二次創作同人創作同人問わず、女性向け二次創作では複数の人を集めて作るアンソロジーというものが需要・供給・政治的な側面を含んで重要な存在であり、出るとドヤ顔ができます。

 今日はアンソロジーの作り方を考えてみましょう。思いつく限り書きましたが抜けがあったら申し訳ないです。

1、お金を稼いでくる

 昨今は印刷費が安いですが、それにしたって5万くらいをスタートとするといろいろ安心です(主催の遠征

もっとみる

話題沸騰! Wordで作る同人誌の表紙2

 昨日何の気なしに作ったら、マジで好評だったので、「マジで!? みんなこんなめんどくさいことしてないでペイントソフト入れなよ! まあそんなにみんなが気になるんならわたしは小銭が稼げるからいいんだけど」とか言いながら調子に乗って第二弾を作りました。

 今日は表を使って市松模様っぽいことをしましょうね。

完成図です。

 なおこのあいだから作例に使っている無為坂百貨店オブザデッドというのはお店のほ

もっとみる

Wordで作る同人誌の表紙

 Wordでも同人誌の表紙が作れるよ!

 でもWordで作るくらいなら画像加工ソフトを使えるようになった方がいいよ! メディパンペイントがお勧めだそうです!(わたしは使ったことがないんですが使いやすいって落描堂さんに書いてあった)

 まあでも今表紙が要るんだよ! 新しいソフトを覚える暇がない! というむきはおありだと思いますのでちょっとだけWordで作る表紙講座をやります。こういうとき有料にし

もっとみる

小説サークルサークルカット作例

今上げるものだろうかという気もするんですがふと思いついたので……まあいついかなるときでもサークルカットを作ってる人はいるわけだから……

 サークルカットに必要なのは

・第一にカップリング(あるいは頒布物や作品傾向)、マイナージャンルならジャンル表記も

・サイトアドレスやpixivIDが書いてあるとイベント後の誘導に繋がりやすい

 探してたんですけど意外と新しいデータが見つからなかった。これ

もっとみる

感想の書き方

 感想はいるのいらないの欲しいの欲しくないのうるっせーーーーーーーーーーわ本人の動向を探ってから個別対応しろ! と思っている勢なのですが思っている勢すぎて文章を褒めますという身もふたもない商売をやっていますのでご利用ください。「誰からのどんな感想でも本当にいいのか!? 金すら払うのか!? 本当にそれでいいんなら俺のところに来い!!」みたいなテンションではじめたのですが、マイナージャンルすぎるので感

もっとみる

同人誌作成という撮影修行の歴史

 どのバイト先とは言いませんが昔のバイト先が潰れまして……。

 これがそのバイト先の楽しい思い出です。

 そしてこれがこないだ撮った写真。

 構図としては似たようなもんだと思うんですが、

 カメラのレベルはそりゃ違います、上の写真は2010年に撮った古いiPhone3GS(当時にしても古かった3GS!)で撮った写真で、こっちは型落ちとはいえ2013年のそこそこスペックのいいコンパクトデジタ

もっとみる

あなたの読者が実在する

インターネットをはじめてすぐ、そして創作活動をはじめてすぐ陥って、それきり陥りっぱなしになる人がすごくたくさんいる現象ですが、作品を公開したとたん、あるいはTwitterのツイートひとつでもなんでも、公開したとたん「読者」は発生します。

「わたしの文章を・絵を・作品を、見ている人はいないから」という認識は誤りで、鍵をかけて友達しか見ていないアカウントに閉じこもってそれ以外の場所に一切の記名のアク

もっとみる