見出し画像

BtoB用のSTP分析のやり方をご紹介【事例で解説】

STP分析は、売るべき顧客を決めるとともに、他社との差別化をするためのフレームワークです。セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の頭文字をとって作られました。

非常にポピュラーなビジネスツールであり、経営を安定させるために役立ちます。以前、カップ焼きそばのペヤングでSTP分析の作り方を解説しました。

今回はBtoBのビジネスを進めている方に向けて、STP分析のやり方と注意点をご紹介します。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またお時間あるときに読んでくださいビズ♪
2
SWOT・PEST・3Cなどの人気のツールからビジネスモデルキャンバス・リーンキャンバス・ジョブ理論など19のフレームワークが使い放題。 ■ WEB上で無料で作成→ https://bizmake.jp/ ■ Media→ https://media.bizmake.jp/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。