見出し画像

STP分析のやり方をジャンプルーキーの事例で解説

STP分析とは「セグメンテーション」「ターゲット」「ポジショニング」の3つを通して、売るべき顧客を決め、差別化をするためのフレームワークです。当然、ターゲティングやポジショニングはビジネスを成功させるために必要不可欠な要素。真っ先に設定をしなくてはいけません。

しかし、作り方が分からずに困っている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は集英社のサービス「ジャンプルーキー」を例に挙げて、STP分析の作成方法をご紹介します。


画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

またお時間あるときに読んでくださいビズ♪
8
SWOT・PEST・3Cなどの人気のツールからビジネスモデルキャンバス・リーンキャンバス・ジョブ理論など19のフレームワークが使い放題。 ■ WEB上で無料で作成→ https://bizmake.jp/ ■ Media→ https://media.bizmake.jp/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。