ブルーマンデーの対策法について本気で書く

あと何回ブルーマンデーに怯えなければならないのか。
例えば30歳にならば定年まで残り35年~40年程度でしょう。

1年で約50回のブルーマンデー
40年で2000回・・・まるで拷問ですね・・・

その2000回のブルーマンデーという刑期を終えて
待ち受けているのは、身体が動かなくなった自分です。

ぞっとしますよね。
後2000回ブルーマンデーの憂鬱をくらって
耐え抜いた先に幸福は待ってないのです。

この人生を幸せなものにするならば
本当に生きてて良かったと思えるために
このブルーマンデーは、どうになかしなければいけない。

もしこの2000回の憂鬱が無くなれば
もしこの2000回の憂鬱が半減されれば
本来待ち受けていた、あなたの未来よりは
きっと幸せでいられると思います。

だからこそ書かなければいけません。
サラリーマンを一人でも救うために。

ブルーマンデーの対策をしたライフスタイルをご覧ください。
ブルーマンデーの対策は前の金曜日から始まります。

【金曜日】ブルーマンデーまで残り-66:00:00
16:00①月曜日の仕事量を減らすために金曜日にできることはやる
18:00②月曜日の予定を退勤前に決めておく

【土曜日】ブルーマンデーまで残り-46:00:00
12:00③アクティブなことなど、全力で楽しむ
→気持ちよく月曜日を迎えるには充実感とストレス発さんが必要です

【日曜日(朝)】ブルーマンデーまで残り-26:00:00
8:00④日曜日は早めに起きる
→夜しっかり眠れて、次の日起きれるように

【日曜日(昼)】ブルーマンデーまで残り-22:00:00
12:00⑤洗濯物や掃除を早めに済ませ、疲れすぎない程度に自分の趣味や勉強を楽しむ
→明日に身体の疲れは残さないこと。特に自己を成長させられることをやると
週明けの充実度が上がりGOOD

【日曜日(夕)】ブルーマンデーまで残り-18:00:00
16:00⑥最低1時間、空・夕焼け・海・森等自然を楽しむ
→自然と触れることは鬱の抑制として非常に効果的という論文の結果が出てます。

【日曜日(夜)】ブルーマンデーまで残り-14:00:00
20:00
⑦このあたりから憂鬱が出てくるので、「自分が何に対して憂鬱に思っているか、全て書き出す」
→非常に重要です。自分が何に対して不安なのか明確にしないと、漠然とした不安が付きまとい、解決策が思い浮かばないため、憂鬱感と恐怖感に縛られることになります。
⑧書き出した、憂鬱なこと・不安なことの解決策を考え書き出す。
→不安なことの解決策を見つけることで、前に向かっている感が憂鬱な気持ちを抑えてくれます。

22:00
⑨家のことでやることは全て終わらせ、お笑い番組等楽しいものを見る

23:00
⑩15分程度瞑想する

23:30
⑪30分程度明日の仕事に取り組む

24:00
⑫終寝準備
→いつもより30分~1時間早く横になる。

【月曜日(朝)】ブルーマンデーまで残り-3:00:00
7:00
⑬いつもより30分早めに起床。「今日も良い一日だ!」「早く仕事行きたいな」と言って笑う。
⑭月曜日は自分ができる一番のおしゃれをする
⑮仕事のことを深く考えず、面白い動画など見ながらゆっくり準備する
⑯通勤中は音声読書などでビジネス書を聞き、自分を成長させる

10:00  ブルーマンデーまで残り-0:00:00
⑰出社 背筋を伸ばし、堂々と笑顔を作って出勤
明るくおはようございます!と挨拶をする。

⑱月曜日の仕事は頑張りすぎず、いつもの7割~8割程度の力で臨む


【月曜日(夜)】
⑲仕事終わり 好きなデザートや夜ご飯などご褒美を用意する。

⑳そしてブルーマンデーは攻略された。


最後にアドバイスです。
月曜日は「全力で・命がけで笑え!」

以上です。
月曜日が憂鬱で憂鬱で仕方ない方は
是非試してみてください!

ブルーマンデーはハッピーマンデーと変わることでしょう。


このアカウントでは知っておくと他の人に差を付けれる知識を
数分で読めるようにまとめて、ほぼ毎日発信しております。
気まぐれでも構いませんのでフォローお願いいたします!
必ずフォロー返します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

感謝します!フォローしてくれれば必ず返します!
24
ビジネス書を読む→上司を超えた知識を得る→上司より凄くなった気がする→最強 フォローは100%返します。 フォローバック貰えると嬉しいです。 「ビジネス書」や「お金や副業の知識について」発信するので興味ある人はフォローしてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。