見出し画像

曲作りに関するQ&A

Instagramでいただいた【曲作りに関する質問・悩み】への回答編です。質問を送ってくれた皆さんありがとうございます!

回答自体は個別に返信したので、
このnoteではとくに多かった内容5つを書きました。

✔もくじ
①やり方を知りたいです
②どこから始めますか?
理論は必要ですか?
④手癖を避ける方法はありますか?
⑤アイデアが出なかったり、煮詰まったりしたときはどうしますか?

======================


①曲作りのやり方を知りたいです

▼超ザックリ説明した3ステップがこちら

1.ギターを使って、フレーズやメロディを生み出す
2.Tux Guitarに打ち込む
3.曲としてまとまったら楽器を使いDAW(Cubase)でデモを作成

曲の土台は、1と2を行き来することで完成します。
3の段階では、実際にプレイする際のニュアンス(スライドやミュートなど)を調整します。


②曲作りはどこから始めますか?
(リフ、メロディ、コード、ブレイクダウンなど。)

✅イントロから作ります。
イントロ=「"手前のパート"からの影響がないパート」なので、その純粋なエネルギーを大事にしています。

ただし、
・特定のパートだけ突然思いつく
・他の作りかけ曲との合体
といった例外はもちろんあります。

とはいえ、基本はイントロから。
もしイントロに工夫したくなったら、Drift Apartのようにリードギターを足すか、MaverickやIoliteのように、一部をエフェクト化させる方面に進みます。

自分にとって、「作曲=ストーリー性のあるRPG」
イントロはそれこそ冒険の始まり。

「(曲の)エンディングはどうなるんだろう?」
とゲーム感覚で楽しみながら進めています。作り始めた時点では、結末がどうなるか自分でも分からない。このワクワク感が曲に反映されて、バリエーションが生まれる。

イントロは続くパートのことだけ考えれば良いので、気持ち的にも楽です。

ちなみに、SBTWお得意のメロディアスツインリードは、大体の場合コード進行に合わせて即興で作ります。メロディが単体でパッと思いつくことはあまりないです。


③曲を作るために、理論は必要ですか?

✅あった方が、使える時間は増えます。

ゲームでいう「試してもバッドエンドにしかならないルート」が先に見えるので、無駄なゲームオーバーを減らせます。選択肢を絞り込める。

▼具体例:ツインギターフレーズを作るとき
「どの音ならキレイにハモれるか」の候補を絞れます。メタルコアなら基本3度ハモりなので、1~2択に。しかし理論なく手探りでフレットごと1音ずつ試すとなると、膨大な時間がかかってしまいます。

ただし、表現したい音楽が生み出せて満足できるのであれば、「理論を学ぶこと」は"目的"にしなくても良いと思います。

※音楽理論・音楽用語はミュージシャン間で「共通言語」として機能するので、その意味では当然分かっていた方が便利です。


④手癖で同じようなフレーズや展開になってしまうのを、避ける方法はありますか?

✅新しい手癖を増やす。
手癖は個性と紙一重のラインなので、やたら悪者扱いしなくても大丈夫です。

好きなバンドのサウンドを思い浮かべてみてください。
「〇〇といえば、このギターリフでしょ」
「そうそう、このメロディの感じ」
といった"味"がありますよね。
あれがまさに「個性と紙一重」の例です。

その前提の上で、
「カテゴリーを絞って手癖を増やす」のがオススメです。

ギターなら
・アルペジオの手癖
・タッピングの手癖
・リフの手癖
など、細分化してとらえていくこと。
そうすると、「どこに手癖がないか」が分かります。

あとは「手癖のレベルを上げる」方法もあります。
・タッピングならボスハンドにしてみる
・リフで挟む開放の刻みを複雑にする
・アルペジオで重ねる音程を増やす
などなど。

ちなみに、
手癖Aを使いたくないときの手癖B
手癖Bを使いたくないときの手癖C
手癖Cを使いたくないときの手癖D
~と、どこまで行けるかやると自分の【引き出しの数と種類】が分かるので面白いです。



⑤アイデアが出なかったり、煮詰まったりしたときはどうしますか?

✅決まった時間で切り上げます。
アイデアが出ても出なくても、まずは習慣化することをオススメします。

▼詳しくは、こちらの記事をご覧ください

習慣化した上で煮詰まるようであれば、リフレッシュに全力をかけます。出かける、映画見る、本読む、新しい音楽聴く、などなど。

あとは、感情をトリガリングする。
悔しさ、憤り、苦しみ、悲しみといった種々の感情の中で、もっとも創作意欲(アイデア)がわいてくる感情を知る。

そうすれば、その特定の感情を起こすことで、
自ずとアイデアが降ってくるようになります。

感情が揺れずに生まれたものが、
他の人の感情を揺らせるのか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というわけで、今回はここまで。
新しい視点や考え方の参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

▼無料コラムが20本ほど読めます https://note.mu/bitokubass/m/mba7555194c5f

センスばつぐん!
15
ミュージシャン/Sailing Before The Windのベーシスト。音作りや曲作りに関するコラムが読めます。バンドのPVやライブ映像はこちら➞https://www.youtube.com/c/SailingBeforeThewind