noteヘッダー

「ブランド人大学メディア学ゼミ」を開講します。


はじめに

2020年2月よりこのnoteにて新しい新機能が開始されることとなりました。それがこちらの「サークル」機能。誰でも簡単にコミュニティが創ることができるよってサービスです!


それに伴い『ブランド人大学メディア学ゼミ』という名のサークルを創ってみました。

このゼミでは「メディア」「人のブランド化」に関して興味がある人たちとクローズドで、議論したり学びをシェアしたり新しい気づきを得たりして楽しんで一緒に勉強できる場にしようと思っています。

そしてそれらを通して「これからのメディアやSNSとの付き合い方」「これからの世界の生き方」に対しての教養を一緒に身につけていければと思っています。


価格は「月額150円」で設定しました。



以下では僕が『このゼミを創ろうと思った背景』『このゼミでやろうとしている内容』を書き記しています。

もしこれを読んで頂いて「一緒に勉強したい!」と思って頂けた方がいたらぜひ一緒に"知"を深めましょう!!!


このゼミを創ろうと思った背景


1.「メディア」「人のブランド化」への興味

僕の現在情報と興味キーワードに対する想いです。

1月ヘッダー

❏同志社大学商学部4回生

❏同志社大学大学院社会学研究科メディア学専攻を目指し勉強中

❏夢:『ブランド人学』という学問を創ること

❏全メディア:http://linktr.ee/biki_biki_0113

例えば今この世界には「有名人、芸能人、インフルエンサー」という言葉があります。僕はこれらは全て『メディア』によって『ブランド化された人たちの概念的総称』なのではないかと思うのです。同じ"人"なのにどうして認知度や影響力と言われるモノが人によって異なるのか。そこに強く疑問を持ちました。

そしてその「人がブランド化される過程」や「ブランド化される人達が持っている条件」などを理論に落とし込むことはできないか。落とし込めた理論を体系化できれば『学問』と呼べる新しい概念が生み出せるのではないか。という生涯かけて挑んでみたい仮説ができました。

その為にはまず『メディア』をしっかりと学びたい。また『ブランド化されている人たち』の理由も深く探ってみたい。という想いが生まれたことがキッカケです。


2.学びの加速

何かに対して勉強をしていていつも思うのが「誰かと一緒にやること」の大切さなんですよね。一緒に競い合ったり、教え合ったりできる存在がいるのといないのとでは学びの加速度が全然違うなと。そういう想いでこのような「みんなと学べる場」が欲しいな!と思っていました。


3.「個性」を磨き合える場所の必要性

これは特に「人のブランド化」に関した話なのですが、もしこれから「影響力を持った人になって誰かに価値を提供したい!」という人たちがいた時に、その人たちをみんなで応援できるような場所やコミュニティがもっとあればなと思っていました。影響力を持った人になって誰かに価値を提供するためにはそれ相応のその人にしかない"個性"を磨く必要があると思っていて、それには自己研鑽だけでなく「他己分析」や「壁打ち」といった他者の存在が必要だと思っているからです。


このゼミでやろうとしている内容


1.「メディア」「ブランド人」ついて語る

僕自身「メディア」に対しての知識や「ブランド化されている人たち」に対する知識がまだまだ浅く乏しいので、自分や皆さんが気になるトピックや影響力のある人を取り上げて学びを深めたり議論したいです!


2.その他の知識や情報の気軽なアウトプットによる意見交換

メインテーマに限らず「こんな学びがあった!」「こんな気づきがあった!」という瞬間をシェアできる場にもしていきたいなと思っています。それだけで自分のアウトプットになるし、はたまた誰かのインプットにもなるのでまさにwinwinな場ができたらなと思っています!


3.みんなにとってハッピーなゼミを創りたい!

僕自身このような場を創るというのは初めてなので、より参加してくれた人たちがハッピーになってもらえるような「仕組み」や「仕掛け」を参加してくれた皆さんと一緒に考えて創っていければなと思っています!


以上がこのゼミをやろうと思った背景とやろうとしている内容です!

オンラインの活動場所としてはこの「サークルの掲示板」と「参加して頂いた人たち限定のslack」の2つをメインにしていければと思っています!


ここまで読んで頂きありがとうございます。

気軽に質問とかも受け付けているので何かあればご連絡ください~!



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
『ブランド人学』という学問を生み出すことが夢です。「メディア」「人のブランド化」がキーワード。ここでは特に『メディア』に特化した学びの場にしようと思います。